ブランチウォーレンのハムストリングトレーニング【短時間&高強度】

ブレンチウォーレン

筋肉万太郎
筋肉万太郎

ブランチウォーレンのハムストリングのトレーニングは?

プロのボディビルダーのハムストリングのトレーニングは?

というのが知りたいあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

そんなわけで、今まで様々な筋トレ動画をみてフォームなどを研究してきました。

 

✔そこで今回は、以下のブランチウォーレンの脚トレ動画を僕の視点で解説↓

 

ブランチウォーレンの野獣のごときトレーニングから、何かしらのテクニックを盗んでいきましょう!

 

では、詳しくみていきます。

 

スポンサーリンク

ブランチウォーレンのハムストリングトレーニング【短時間&高強度】

結論として、今回シェアするブランチウォーレンのハムストリングスのトレーニングは種目数は2種目とかなり少ないですが、強度は抜群に高いように感じます。

 

そんな実際のメニューは以下のとおり↓

①ライイングレッグカール

②シーテッドレッグカール

③スタンディングカーフレイズ

では順に解説していきます。

 

(ちなみにブランチウォーレンの軌跡については「ブランチウォーレンはまさに野獣「ハードコアすぎるそのトレーニングとは」」を参考にどうぞ)

 

ライイングレッグカール

ブランチウォーレン

・本番の前に1セットアップ

・12回から15回を2セット(2回のドロップセットを追加)

 

動画からは5回(ドロップ)→8回(ドロップ)→10回のような感じで約20レップぐらいな気がしますね。

 

カイ
カイ

動作に関しては、かなり腰をくの字にして可動域もマシンの半分あたりで行っているような印象。

 

これだとおそらくハムストリングスの外側の一部のみが使われやすいかと。

 

なのでハムストリングスを全体的に刺激したい場合は、腰はなるべく折らないようにしてお尻から振り上げるイメージで動作するのがおススメ。

 

マシンにガッツリ寝そべってしまうと、股関節から脚を後ろに振り上げる動作ができず、ハムストリングスの膝を曲げる動作のみ行うこととなり、ハムストリングス全体を刺激することは困難になります。

 

シーテッドレッグカール

ブランチウォーレン

・これまた1セットアップ

・12から15回を2セット(2回ドロップセット)

・テンポを重視

 

カイ
カイ

ボリュームは先ほどのカールと同じですね。こちらに関しては割と可動域をフルに使うような感じで動作している印象。

 

ブランチウォーレンいわく「上腕二頭筋のようなイメージでカール」してくるそう。

 

またこちらはライイングレッグカールと違い、お尻から振り上げるようなフォームでは可動しにくいので膝を曲げる動きをメインにするのが良いかと。

 

ハムストリングスの中でも膝よりが刺激されやすい形でOK。

 

(以下のツイートのようなテクニックも加えてみては↓)

 

スタンディングカーフレイズ

ブランチウォーレン

・12から15回を2セット(2回ドロップセット)

・ヘビーなウエイトでフルストレッチから収縮まできっちり行う

 

カイ
カイ

ブランチウォーレンは今まで特にカーフのトレーニングはしてなかったらしいですが「ほななんでデカいねん」て話ですよね笑。

 

まあカーフや前腕は遺伝的な要素が強く出るので、デカい人はトレーニングしてなくてもデカい場合がありますが。

 

動作に関しては、ブランチウォーレンは言うほどストレッチも収縮もさせていない印象。

 

またカーフも前腕もヘビーな重量でやると負荷がのりにくいので、僕は1セットあたり30レップほどで取り組んでいます。
重量を持つと関節に負荷がのりやすい感覚があるので、カーフなんてほぼ自重で昔からトレーニングしてます汗っ。

 

※参考:カーフや前腕の鍛え方について↓

【重要】ふくらはぎ(カーフ)の筋トレ効果を高める3つのポイント
ふくらはぎ(カーフ)の筋トレで効果的なやり方はどんなん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではカーフの構造に適したトレーニング方法を解説。ひとまずこれらを知っておけば何の問題もありません!
前腕の筋トレで意識しておきたい2つのこと【いくつかの動きが必要】
前腕を太くしたいけど効果的な筋トレ方法はどんな感じ?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では前腕の適切な筋トレのやり方を解説。前腕が太いと腕全体も大きく見えるのでデカクしておくべし!

 

というのが、ブランチウォーレンがおススメするハムストリングとカーフのメニューになります。

 

15分ほどで終わるのでぜひ試して、ハンパない刺激を感じてみてください。

 

※【宣伝】脚を太くしたいなら以下noteでその効果的なフォームを徹底解説してますので、良かったら参考にどうぞ↓

脚トレ指南書【張り出しと丸みのある脚の作り方】|カイ@筋トレ|note
21.2.23 追加内容:全体的に加筆修正 はじめに こんにちはカイです! (筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。) いきなりですが、こんな脚をしています笑。 今「こうはなりたくないなあ」と思った方は、そっとこのページを閉じてください。この先を読んでも何一つあなた...

 

以上ブランチウォーレンのハムストリングトレーニング解説【短時間&高強度】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました