筋肥大の3つのコツ【意外と見落としがちな所こそ重要なんです】

筋肥大コツ

筋肥大のコツが知りたい。どうすれば筋肉は今よりもっとつくん?それもできる限り短期間で。

なんて思ってませんか?

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

さっそくですが以前、以下のようなツイートをしました↓

そこで今回は、上記のツイートの反響が大きかったのもあり、そちらのツイートを深堀する形で「今から意識できる筋肥大のコツ」について解説。

僕自身が体づくりに10年ほど取り組んできた中で感じたことなので、今から実践しておくことで回り道せず最短で理想の体を作るきっかけになるはずです。

では、詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

筋肥大の3つのコツ【意外と見落としがちな所こそ重要なんです】

結論として、上記のツイートからもわかるように筋肥大のコツは大きく以下の3つとなります。

✅筋トレの量を調整する

✅栄養の補い方に変化を加える

✅炭水化物との付き合い方を変えてみる

では順に解説していきます。

筋トレの量を調整して筋肥大を加速

筋肥大が思うようにいかない時に、多くの人が取り組むことが「トレーニングのボリュームを増やす」こと。

確かに今までのトレーニングのボリュームが極端に少なかったなら、効果はあるかもしれません。
それならそれで問題なし。

ですが、そうでないなら少し考える必要があります。

筋肥大が進まない多くの原因は「不適切なフォームによる刺激不足」かなと。
(食事面を除いて)

フォームがいまいちだと、いくらトレーニングの量を増やしても狙った筋肉への刺激は増加しにくいです。
にも関わらずボリュームを増やしていては、関節への負担が多くケガにつながることも。

また、狙った筋肉への刺激は弱いのに筋トレ時間が長くなれば、無駄に多くのエネルギーを消費することから筋肉の分解にもつながりかねません。
(⇒参考:【ヤバい】カタボリックに注意【筋肉をデカクするために重要な7つのこと】

そういった意味で、筋肥大が進まない際にトレーニングのボリュームを増やすことばかり考える必要はあまりないかと思います。

その代わりに、軽いウエイトで良いので「動作の練習」を多めに取り入れると効果的な場合も。

こういったいわゆる「練習」をすることで、狙った筋肉をうまく刺激できるフォームの習得に貢献。
すると通常の筋トレをした際に自然と狙った筋肉を強く刺激でき筋肥大に直結。

(またそもそも筋肉の柔軟性が悪いと、狙った筋肉が働きにくいこともあるので以下の記事を参考にストレッチを取り入れるのも効果的です↓)

【8つ】筋トレ前のストレッチでこれだけは必須【効きが良くなる】
筋トレ前にした方が良いストレッチはどんなん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレ歴10年筆者が筋トレ前に必ず行うストレッチについて解説。たった10分で終えることがで効きやパフォーマンスが上がるので試さない手はないです。

加えて、トレーニングの量を減らす(調整する)方が良いもう一つの理由があります。
それはセット数を減らすことで、より1セットで力を出し切ろうとすること。

その結果として、筋肉への刺激が強くなり筋肥大のきっかけになります。

カイ
カイ

人間あと4セットもあったら、本気を出すのは最後の3.4セット目ぐらいです。

ですが残り2セットしかなければ本気を出さざるを得ないですよね?

そんなわけで普段5セットやっている種目は3セットとかにしてみるのも1つ有効と思われます。

※参考:基本の筋トレボリュームについては、以下の記事で解説してます。

筋トレはどれくらいの量が効果的か【3点を意識して決定】
筋トレの効果的な量(セット数やレップ数)がわからへんわあ。どれくらい筋トレすれば良いんや?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では効果的な筋トレの量の決め方について解説。ただセット数など量を増やせば良いわけでもない!?

栄養の補い方に変化を加えるのがコツ

冒頭のツイートにある「タンパク質の取り方」について。

タンパク質はもちろん筋肉の材料になるので欠かせない栄養素です。
(⇒参考:【基礎】筋トレするならタンパク質が多く必要なわけ【筋肥大に直結】

そんなタンパク質は言い換えるとアミノ酸の塊。

なので鶏肉には鶏肉にしかないアミノ酸の組み合わせ、牛肉には牛肉にしかないアミノ酸の組み合わせがあります。

ですが仮に毎日のように鶏肉ばかり食べていたらどうでしょう?

鶏肉にしかないアミノ酸の組み合わせばかりが体に入ってくることになります。
これだと、摂取するアミノ酸の組み合わせに偏りが出ることに。
(筋肉の材料に偏りが生まれる)

何十種類もあるアミノ酸の内のどれかが、他のアミノ酸に比べて少ないことにつながります。

これでは筋肉の合成を最大化することはできません。
(アミノ酸は必須アミノ酸が9種類、全て揃ってる場合にのみきちんと意味をなす)

カイ
カイ

そこで鶏肉や牛肉や魚と色々な食材からタンパク質を補うと、体の中に様々なアミノ酸が入ってくることに。

すると、より筋肥大に有利な環境を体内に作りだせると考えられます。

筋肥大には「バランスの良い食事をしよう」とよく聞きますが、こういった面からもその通りかと。
(ゆえに炭水化物も脂質も様々な食材から補うのが吉)

※参考:筋肥大のための食事の基本について↓

【保存版】筋トレは食事に効果を大きく左右される【重要度別5ステップ】
「筋トレ効果を高めるには食事が大事」って聞くけど、実際どういう感じの食事が良い?やっぱりプロテインとか飲んでささみとか食べるべき?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレにおける食事の優先順位を解説。まずはここだけ押さえとけば問題なし!

炭水化物との付き合い方を変えてみる

炭水化物と言うと、すぐに「太る」とイメージする場合があるかもしれません。

まずはその考え方を変える必要があります。

カイ
カイ

炭水化物は体を動かすエネルギーいわばガソリン。車でガソリンが少なくなればガス欠になるし、なくなれば車は動きませんよね?

同じようなことが体でも言えます。

炭水化物を極端に減らせば、体は消費するエネルギーを節約するように。
つまり省エネモードで働くように。ダイエット中に多いのがこのパターン。

エネルギーが少ない状態で筋トレしても全力でできなかったり、筋肉を合成する反応が起こりにくかったりします。

また、炭水化物を摂ると回り回って筋肉の合成を促すインスリンというホルモンが分泌。
(⇒参考:GI値とは血糖値の上がり具合を数値化したもの【とは言えGL値にも注目!?】

ゆえにこのホルモンの反応を使わない手はない。

そういった意味で、筋トレ民は特に炭水化物を恐れずとる必要があります。

中でも筋トレ前後はサプリメントなどで炭水化物(糖質)をしっかり補うのが吉。
(⇒参考:【最適】筋トレ中はCCDでエネルギーを補給【お腹のタプタプを防げる】

筋トレ後にプロテインだけだと筋肉へのタンパク質の取り込みが遅れる場合がありますので。また炭水化物を組み合わせることで筋肉の回復も促進されます。

(⇒参考:【効果抜群】筋トレ前後に意識したい3つのこと【これだけは欠かすな】

加えて、筋トレ前後は炭水化物をとっても筋肉や肝臓にエネルギーとして送られることが優先なので、体脂肪として蓄積されにくく太りにくいタイミング。

そんなわけで、以下で自身に必要な摂取カロリーを把握し、そのカロリーの半分は炭水化物で補うようにすると、筋肥大は進むでしょう↓

メンテナンスカロリーの求め方と活用法【体づくりにおける重要な基準】
筋トレとかダイエットについて調べてると、メンテナンスカロリー?って目にするけど、あれってどう言う意味?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではメンテナンスカロリーの算出方法とその活用法について解説。これさえ理解しておくとあなたの理想の体をゲットできます。

【まとめ】結局は基本的なところを見直すのが筋肥大のコツ

上記の内容が、長く筋トレしてきた僕が思う筋肥大のコツになります。

筋トレを始めるとどうしてもサプリメントや特殊な種目に目が行きがちですが、冒頭のツイートにもあるように、そういった特別でないことをいかに積み上げるかが体づくり。

(以下ツイートにもあるように↓)

そんなわけでサプリメントにばかりこだわったり、コンパウンド種目を理由なく控えたりする前にまずは土台になる部分を固めてみては。

きっとデカくなります。

では、終わり😉

※参考:普段の食事を見直すことが、体づくりにはかなりコスパ良し↓

【基本】筋肉弁当を作る際に意識したい3つのこと【質/量/組み合わせ】
筋トレはじめたから筋肉のためにこれからは弁当を持参しようと思うけど、どんな感じで作ればいいん?という疑問をも持つあなたへの記事になります。本記事では筋肉弁当を作る際に意識することを解説。記事内で解説してるポイントを押さえると確実に筋肉はつきます!

以上筋肥大の3つのコツ【意外と見落としがちな所こそ重要なんです】でした。

コメント