チョコザップかエニタイムどっちに行くべき?【両者の違いはこんな感じ】

ちょこざっぷエニタイム

  • ジム行くならチョコザップとエニタイムどっちがおすすめ?
  • 今エニタイム民やけどコスパ的にチョコザップ民になるのはあり?
カイ
カイ

こんにちはカイです!筋トレ歴が10年ほどなのもありフィットネス業界に精通しています。

そんな中やはり最近はライザップが作ったコンビニジムで知られる「チョコザップ」の勢いを感じずにはいられません。チョコザップの口コミで解説してるようにすでに多くの方が利用中ですので。

今までは24時間ジムと言えばエニタイムフィットネスなどが定番でしたが、チョコザップのコスパを考慮するとこれからの定番は変わることも考えられます。

そこで今回はジム歴10年の筆者が「チョコザップとエニタイムの違いを比較しつつ、どっちの方が快適にあなたの目的を満たせるか」について解説。

以下の内容を踏まえておくと、イメージどおりの体型を獲得するに大きな一歩を踏み出せます。そろそろ引き締まったお腹まわりを見たいですよね?

⇒ちょこざっぷ公式をみてみる

チョコザップかエニタイムどっちに行くべき?

ちょこざっぷエニタイム

結論として、ゴリマッチョのように本格的に筋肉をつけたい場合は「エニタイムフィットネス」、ダイエット目的や細マッチョを目指すのであれば「チョコザップ」がそれぞれ適しています。

そう結論づける理由は主に以下2つ↓

  • フリーウエイトの有無
  • ジム内の雰囲気の違い

順にサクッとみていきます。

設備の違い

ちょこざっぷのマシンの種類で解説してるように、エニタイムにはバーベルやダンベルといったフリーウエイトがあるのに対し、チョコザップは11種の筋トレマシンのみとなってます。

ですから両者で行える筋トレ種目に差が出てきます。やはり本格的に筋肉をつけようと思うと、強い負荷が必要ゆえバーベルを用いてより重たいウエイトに挑戦していくことが必要。

なので「ゴリマッチョになりたい」「本格的に筋トレをがんばりたい」などの場合に、チョコザップの筋トレマシンのみのトレーニングでは物足りなさを感じるかもしれません。

その場合はエニタイム含め以下のようなジムを利用することが必要です↓

  • FASTGYM24
    ⇒エニタイムに似た設備の24時間ジム
  • ティップネス
    ⇒店舗によってはお風呂もある大型スポーツジム
とはいえマシンによる筋トレでも時間とともにウエイト(枚数)を増やしていけば、一定のレベルまでは問題なく筋肉はつくのでその点チョコザップも安心して筋トレはできます。
なのでひとまずチョコザップで様子を見てからエニタイムに移行するのもあり。

異なるジム内の雰囲気

加えて両者のジム内の雰囲気もやや異なります。

やはりエニタイムは多くの筋トレガチ勢も利用していることもあり、初ジムや筋トレ初心者だと店舗によってはその雰囲気に圧倒される可能性も。特にダンベルエリアなどでは。筋トレ慣れしてる方が多いと言いますか。

対してチョコザップは以下のように、そもそも筋トレ初心者や未経験者ウェルカムなジムとなってます↓

ちょこざっぷエニタイム

カイ
カイ

ですから「ガチ勢ばかりで怖い」なんて心配は一切不要。初めてのジムがチョコザップでも問題なく利用できます。(もちろん多くの男性も利用中)

といった違いとあなたがジムに行く目的を考慮すると、より安心してジムライフをスタートできます。

  • ちょこざっぷ
    ⇒運動習慣をつけたい、ダイエットしたい、筋トレもしてみたい
  • エニタイムFASTGYM24
    ⇒とことんマッチョになりたい、ダイエットよりボディメイクがしたい

以下ツイートからもわかるように、やはりチョコザップの利便性はハンパないですね↓

チョコザップはなぜ安いのか?怪しい?

ちょこざっぷエニタイム

上記に加え以下のような違いがチョコザップとエニタイムにはあります。

ちょこざっぷエニタイム
月会費3278円約8000円(店舗による)
入会方法WEBで簡単3分書類の記入&写真撮影
エステの有無×
トイレの有無ない店舗もある
駐車場の有無×店舗による
シャワーの有無×
スタッフの有無×
鍵付きロッカー×(オープンのみ)両方あり
ショップの有無一部あり×
といったように今までジムには当たり前だったシャワーやスタッフといった部分を省くことで、代わりに圧倒的コスパ良しな月会費を実現したのがチョコザップ。

ここで「ジムにシャワーがないのはちょっと。。」などと思うかもしれません。

ですがすでに触れたように、チョコザップは「1日5分のちょいトレ運動習慣」を推奨しており、よりジムが日常になり健康的な人々が増える未来を想定しています。ゆえに誰しもサッと通えるようにどんどん新店舗を展開中。

カイ
カイ

なのでシャワーがないのも、近所のチョコザップでサクッと筋トレしそのまま帰宅すれば問題ないという意図が考えられます。(服装自由&土足OKなのもあり)

ジムと言えエニタイムフィットネスのようにシャワーやスタッフ時間があれど特に利用しないのが実際のところではないでしょうか?それなら無くして代わりに会費が安い方がいいと思いませんか?

そんなわけで、より健康的かつポジティブなライフスタイルを送るきっかけにチョコザップを利用していきましょう。

⇒ちょこざっぷ公式をみてみる

以上チョコザップかエニタイムどっちに行くべき?【両者の違いはこんな感じ】でした。