チョコザップは男性でも大丈夫?【女性専用ジムではありません】

ちょこざっぷ男性

月会費が他社の半額以下で24時間365日に渡って使い放題なチョコザップが気になるけど、なんか女性メインな気もするし雰囲気的に男の自分は行かない方がいいのかな?メンズには不向き?

本記事ではジム歴10年の筆者が、チョコザップのコンセプトからその利用者層について解説してます。

確かに22年11月時点ですでに10万人を超える人が利用するチョコザップですが、筋トレマシンに加えセルフエステマシンなどもあるため、筋トレ特化なジムではなくやや美容よりなイメージがあったりもしますよね?

それゆえ男性より女性のためのジムな気がしたりも。ですが安心してください。もちろん男性も気軽に利用でき快適に筋トレできますので。

⇒ちょこざっぷ公式をみてみる

チョコザップは男性が行っても大丈夫?

結論として、チョコザップは以下ツイートからもわかるように多くの男性も利用しています↓

そもそも筋トレマシンに男性用や女性用などの違いはないですし、セルフエステなどは興味がなければ使わなければOKです。

(もちろんメンズもセルフエステもセルフ脱毛も使用可&女性専用のセルフエステルームがあり、男女別に指定されている店舗も存在)

ちょこざっぷ公式が以下のように男性に向けた内容を発信していることからも、特別に女性に特化したジムではありません↓

なので男性の利用者が極端に少なく落ち着かないなどの心配は不要。問題なく通えます。(ちなみに以下のように年齢層も幅広く対応してるのでジム内であなただけがウクなんてこともありません↓)

ちょこざっぷ男性

ですがちょこざっぷのマシンの種類と使い方で解説してるように、ちょこざっぷにダンベルなどは置かれていません。

ですから仮にバーベルでのベンチプレスやスクワットを行いたい場合は、ちょこざっぷよりエニタイムフィットネスなどを利用する必要があります。ちょこざっぷはあくまでマシンのみなので。

もちろん冒頭のツイートのように、ガチ勢でない限りひとまずちょこざっぷの設備の筋トレでもある程度は問題なく筋肉はつきますし体型は変わりますが。

細マッチョぐらいならなおさら。仮にダイエット目的での利用なら言うまでもなく設備的な問題はありません。

といったことから筋トレ習慣をつけ少しでもかっこいい体型になりたいなら、やはりこんなコスパの良いジムを使わない手はありません。

仮にやたらと女性ばかりの店舗で通いにくいと感じたら、周辺の他店舗を利用すれば問題ないですし。

そんなわけで男性なら誰しも憧れるシックスパックを手に入れるためにも、さっそくちょこざっぷを習慣化していきましょう。

以上チョコザップは男性でも大丈夫?【女性専用ジムではありません】でした。

※来月もそのお腹ですか?【おすすめジム3選】

  • BEYOND
    ⇒圧倒的信頼と実績を兼ね備えた最高品質のパーソナルジムゆえ、ダイエットからボディメイクまで失敗せず確かな効果を体感したいなら利用しない手はない。
  • エクササイズコーチ
    ⇒短時間の筋トレかつマシン特化ゆえ、圧倒的低価格を実現したパーソナルジム。無料体験もあるので気軽に痩せるにはもってこい。
  • ちょこざっぷ
    ⇒話題の24時間ジム。1ヶ月3278円で筋トレマシンとセルフエステやセルフ脱毛が利用できる圧倒的コスパ。
ちょこざっぷ
↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
FITNESS-FREAK