【実体験】ちょこざっぷの口コミ評判はどう?【メリットデメリットをプロが解説】

チョコザップ口コミ

「今までちょこざっぷ(chocoZAP)ほど入会&継続のハードルが低いジムはあったでしょうか?」

  • なるべくお金をかけず痩せてキレイになりたい
  • めんどうな手続きなく好きな時にジムに行きたい
  • 人目を気にせず素人でも気軽にジム通いしてみたい

そんなあなたの要望にサクッと応えてくれるのが、高評価な口コミが多いことやCMでも話題のライザップが作ったコンビニジム「ちょこざっぷ(chocoZAP)」。

カイ
カイ

こんにちはカイです!筋トレ歴は10年ほどで今まで様々なジムに通ってきました。

今回はそんなジムを知り尽くした筆者が、話題のちょこざっぷを実際に利用してみた感想をシェア。他の体験者の口コミも交え、ちょこざっぷのメリットデメリットを徹底解説する形で。

(ちなみにちょいザップではないので注意)

あなたはちょこざっぷの価格やちょこざっぷでできることを知った上でも、なお利用せずにいられますか?

ちょこざっぷ全店舗を自由に時間制限ももちろんなく使い放題にも関わらず。

加えて、一般的な24時間ジムを1回のみ利用する場合は約1500円はかかるので、コンビニジムちょこざっぷなら月に2回ほど行くだけで元が取れる圧倒的コスパ。

⇒ちょこざっぷの入会金について詳しく

確かにボディビルダーのような筋肥大を目的とした筋トレ上級者(ムキムキのガチ勢)なら、ちょこざっぷの設備では物足りない場合もあります。

(そんな本格的な筋トレがしたい場合はFASTGYM24のような24時間ジムを利用するのが吉)

ですがあなたが筋トレ初心者や中級者で一般的なマッチョ体型を目指していたり、筋トレはもちろんダイエットや美容目的でのジムを検討しているなら活用しない手はありません。

口コミ良しなちょこざっぷで運動を日常に取り入れることで、健康的なダイエットでお腹を引き締め、体型の改善が可能になりますので。

本記事では、そんなちょこざっぷの悪い口コミも包み隠さず解説してます。筆者が実際に使ってみて感じた本音も含め。

ですからあなたは本記事を読むことで、不安要素を解消しより安心して「ちょいトレ」をスタートさせることができます。

(ちょこざっぷはジム内の無料体験や見学は行ってないので、公式サイトで確認できるジム内の写真と本記事で触れる筆者の感想と一般的な口コミを参考に入会を決めれば問題なし)

するとあなたの体型や姿勢の変化に、同僚や友人も尊敬のまなざしを送ってくること間違いなし。

逆に運動不足が続けば太りやすく痩せにくい不健康な体になる一方なので注意です。今よりお腹まわりが大きくなり、生活習慣病のような疾患を引き起こす原因になるとさすがにマズイですよね?

(※注:生活習慣病予防のための健康情報サイトによると、腹囲が大きくなってしまう最も重要な原因は過食と運動不足です)

\お腹が痩せたらまず何をしますか?/

ちょこざっぷの悪い口コミ評判【デメリット】

チョコザップ口コミ

抜群に使い勝手が良く人気なちょこざっぷですが、以下のようなデメリットな口コミ評判も全くのゼロではありません↓

  • あそこのちょこざっぷはたまーに清掃が行き届いてない時もある
  • ちょこざっぷはオープンロッカーゆえ貴重品とか防犯面が少し不安
  • シャワーやトイレがないちょこざっぷの店舗だとやや不便かなー
  • 時間帯によっては混んでることもあってもう少し伸び伸びやりたい

では上記デメリットな口コミについて、筆者の体感も交え解説していきます。

まれに汚い時間帯も?

ちょこざっぷは無人の24時間コンビニジムゆえ、時間帯によっては口コミにあるように清掃前のタイミングに出くわすこともなくはないと思われます。

ですがもちろん公式で言われてるように週に何度も清掃は入るので、以下の口コミのように過度なちょこざっぷの衛生面への心配は不要。

中はとてもきれいです。行く時間帯によるものか、ネットでよく見られる汚いとか、ゴミが溢れ出てる事は見たことがないです。 一通り筋トレのマシンは全部揃ってて、ガチ勢以外は概ね満足できると思います。 客層に関して、女性が6、7割で、男性も仕事帰りのサラリーマンか学生風の若者が多いイメージです。マッチョは見かけないので、初心者は変なプレッシャーも感じないのではないでしょうか。
(引用元:グーグルマップ

カイ
カイ

筆者は汚いタイミングに出くわしたことはないですし、以下の写真のようにジム内にはいくつもの除菌シートが設置されているので、やはり衛生面の過度な心配は不要ですかね↓

ちょこざっぷ口コミ

みなさんきちんと拭いて使用してましたよ。

初めて利用するジムやサービスこそデメリットに目が行きがちですが、そういった口コミはあくまでごくごく少数ゆえ基本的には安心して利用して問題ありません。

⇒ちょこざっぷ公式をみる

貴重品が不安

ちょこざっぷは以下のオープンロッカーのみなので、「貴重品が心配」という声もあります。

ちょこざっぷ口コミ
ですがもちろん館内は防犯カメラがきちんと完備されているので、貴重品の盗難も心配する必要はないと考えられます。

カイ
カイ

筆者もジム歴10年ですが、オープンロッカーで貴重品の盗難にあったなんて話は一度たりとも聞いたことがありません。

チョコザップ口コミ

ちょこざっぷ口コミ(画像引用元:ちょこざっぷ公式)

加えて、ちょこざっぷは他ジムと違いそこまで広くはないので、ジム内の様子は把握しやすく不審な人がいたらすぐに気づくことと思います。

なのでやはりオープンロッカーでも問題はありません。(かばんに貴重品を入れた状態でロッカーに置くならなおさら)

仮にそれでも貴重品や防犯面が心配な場合は、以下のようなポケット付きのおしゃれトレーニングウェアに貴重品だけ入れてトレーニングすればOK↓


⇒ウインドウブレーカー

シャワーがない

確かにちょこざっぷは全店舗シャワーの設置がありません。ですが基本的にはあなたは近所のちょこざっぷを利用するはずです。

となると以下の口コミレビューのように、手ぶらで行きちょこっと筋トレして帰宅すれば問題ありません↓

ちょこざっぷ公式が言うように「1日5分のちょいトレ運動習慣」を意識し、帰宅してからシャワーで汗を流せばOKです。

またトイレの有無は店舗によるので、事前にちょこざっぷ公式サイトから「店舗検索」で確認しておくとより安心してトレーニングできます。

ちょこざっぷ口コミ

⇒ちょこざっぷ公式をみる

たまに混んでいる

最後に混んでる問題。確かにちょこざっぷに限らずジムは混む時間帯もなくはないです。

カイ
カイ

ですが、ちょこざっぷはアプリで事前にジム内の混み具合を確認できるのもメリット。なので基本的には空いてる時間帯をチョイスすれば快適に利用できます。

ちょこざっぷ口コミ

すでに触れたように、ちょこざっぷは長時間トレーニングするガチ勢向けのジムではないのでなおさら。

またそんな混雑具合ですが、手動で解錠してジムをあとにする方もいるのでアプリで「混んでいる」と表示されていても、実際は空いているパターンもあります。

ちなみにちょこざっぷ公式では、混雑具合を以下のように定めています↓

かなり空いているジム内に~3人
空いているジム内に~6人
混んでいるジム内に~9人
かなり混んでいるジム内に10人~

加えてちょこざっぷは全店舗を自由に使えるので、混雑している店舗ではなく近場の空いてる他店舗を利用すれば気分転換にもなって快適に利用可。

(他店舗までの移動も有酸素運動と思えば苦にならないですし)

といってもちょこざっぷを利用する方々は初心者がメインゆえ、みなさん15分ぐらいでサクッと帰られるパターンが多いので、仮に混んでいてもすぐにやりたいトレーニングはできるので安心。

(他にもジム内が狭いと感じる方もまれにおられますが、混み具合は事前に知れる&設備自体は大きく変わらずなので問題なしです)

といったようにデメリットと言えばデメリットな口コミはあるものの、基本的には問題と捉えるレベルではありません。

やはり以下の口コミレビューからもわかるように、ちょこざっぷの「コスパの良さ」と「継続のしやすさ」は間違いありません↓

初めてのジム利用です。運動不足を何とかしたいけど宅トレは続かないしトレーニングマシンを置くスペースもない……でもちゃんとしたジムはハードルも料金も高い……という自分にとって、非常にありがたいサービスです。特に平日日中〜夕方ごろ(16時くらいまで)は快適で、そのあたりに時間を作れる方や自力で利用方法を調べられる方にはとてもオススメです。
(引用元:グーグルマップ

服装自由かつ土足OKなのもあり、仕事帰りにちょこっと利用する方も多くおられます↓

やはりこうしたちょこっとでも日常的にジムに通うことが、ダイエットやボディメイク成功には欠かせません。

ちょこざっぷ公式が掲げる「1日5分のちょいトレ」でも、コツコツと筋トレすることで確実に今までとは異なるボディラインの獲得に至ります。

必要なところには必要な筋肉がつき、お腹や太ももや背中の下の方など引き締めたい部分の体脂肪は落ちた、美しいボディラインの。

男性なら軽く割れた腹筋と男らしい腕回りを獲得。

そう、食事制限だけで痩せようとしたり、自宅でストレッチや自重トレーニングだけして痩せた気になるよりも何倍も効果的です。

そんなわけで、さっそくちょこざっぷをスタートさせていきましょう。

(※ちょこざっぷの設備面や衛生面にどうしても不安がある&継続できる自信がない場合は、以下の他ジムを活用すればOK↓)

  • ちょこざっぷ
    ⇒筋トレとセルフエステとセルフ脱毛が月額2980円(税込3278円)で利用できるコンビニジム
  • FASTGYM24
    ⇒ちょこざっぷと違いバーベルやダンベルも充実の24時間ジムゆえ、本格的に筋トレしたい方向け
  • エクササイズコーチ
    ⇒1回20分のパーソナルトレーニングと日々の食事サポートが月額9900円から利用できる格安パーソナルジム

ちょこざっぷはひどい?実際に体験した筆者の感想

ちょこざっぷ口コミ

上記のようなデメリットも踏まえた上で、実際にちょこざっぷも利用する筆者の感想をシェア。

結論として、ちょこざっぷはよほどの筋トレ上級者でない限り利用する価値ありです。ジム初心者やダイエット目的でのジム利用は言うまでもなく。

「ちょこざっぷひどい」なんて口コミもゼロではありませんが、月額2980円(税込3278円)で筋トレやセルフエステにセルフ脱毛が毎日できるなら個人的に全く不満には至りませんね。

なぜか?主な理由は以下のとおり↓

  • 今すぐスタートできる
    ⇒web入会で数分で始められる
  • ジム内の雰囲気が緩い
    ⇒ガチ勢がおらず伸び伸び通える
  • かなり良心的な月会費
    ⇒相場の半額以下の料金ゆえ安心

(※それぞれ詳しくは後述)

カイ
カイ

個人的に、とにかくストレスなくジム利用を始められるのがちょこざっぷの強みと感じました。

家でwebからポチポチするだけで数分で手続きは完了し、すぐにちょこざっぷに入ることができるので。通常のジムだと手続きが手間で、気持ちが冷めることもありますよね?

(※決済はクレジットカードのみなので、手元にない場合は年会費が永年無料のEPOSカードを作っておけば問題なし)

それでいてジム内は派手な装飾も筋トレガチ勢も見受けられず、初心者が通いやすい雰囲気が抜群に整ってます。

いい意味でジム感がないと言いますか。これから運動習慣をつけたりダイエットをがんばる、初ジムな方でも恥ずかしさや敷居の高さなんて全く感じないでしょう。

また、筆者は平日の午前中にサッと利用しましたが、入館時は誰もおらず後にセルフエステのみを利用する女性と筋トレする女性が来られただけ。

⇒ちょこざっぷのエステ体験談はこちら

それはそれは快適に体を動かすことができました。もちろんマシンの順番を待つなんてこともなく。

そんなちょこざっぷですが、デメリットを挙げるとするなら「ジム内が無音」なところ。

通常ジムではヒップホップや流行りのBGMが流れてますが、ちょこざっぷでは音楽はかかってません。

なのでマシンの音がするぐらいで、かなり静か。(ランニングマシンを使う人がいないとさおさらシーンとしてます)

ですから個人的には筋トレのやる気を上げる意味でも、イヤホンで音楽を聴きながら行うのをおすすめします。


⇒エアポッズ 

ちょこざっぷの良い口コミ評判【メリット】

ちょこざっぷ口コミ

繰り返しますが、ちょこざっぷは細マッチョを目指したり美容やダイエット目的でジム通いを始めようと考えている筋トレ初心者(未経験者)な男女にぴったりのジム。

2023年1月ですでに会員数は10万人を超えるほどの人気っぷり。(もちろん男性でも快適に利用可)

というのもちょこざっぷには以下の特徴がありますので↓

  • 筋トレとセルフエステの両立
  • 筋トレガチ勢はおらず緩い雰囲気
  • 手続き全てちょこざっぷアプリで完結

では順に解説していきます。

セルフエステで綺麗に痩せる

ちょこざっぷ口コミ

カイ
カイ

ちょこざっぷはジムゆえもちろん筋トレマシンや有酸素運動マシンが利用できますが、なんとセルフエステマシンも自由に使うことができます。もちろん男女ともに。(店舗によってはセルフ脱毛マシンも)

そんなセルフエステマシンでは、「体脂肪の燃焼を促進」「セルライトの改善」「むくみ除去」などの効果が期待できます。

筋トレや有酸素運動をがんばることで消費カロリーが増えると、ダイエット効果やスタイルの向上が期待できますが、セルフエステでさらにその効果をサポートすることもできます。

通常ミスパリのようなエステサロンに行くと1回20000円ほどはしますが、ちょこざっぷではセルフなのもあり、一切の追加料金もなくジム会費の2980円(税込3278円)のみで利用可。

事前にちょこざっぷアプリで、「エステ等の予約」から使いたい日時を予約しておくだけでOK↓

ちょこざっぷ口コミ

それでいて以下の口コミからもわかるように好評です↓

そうして通常の筋トレで体の内から改善し(体脂肪の燃焼など)、セルフエステで体の外からケアしていくと、あなたが目指す姿にグッと近づきます。

あなたが憧れるあのモデルもアイドルも、普段からジムに通いエステにも定期的に行ってるからあのスタイル。

ちょこざっぷならそんな2つを一気に日常に取り入れることができます。するともちろんスタイルは改善されますよね。

痩せるだけでなく肌の調子まで良くなるならこんな嬉しいことはないですよね?

カイ
カイ

そうして今よりずっと綺麗になると、休日には今まで着れる服だったのが「着たい好きな服」に変わり、胸を張ってショッピングも楽しめます。

※補足:店舗によってはセルフ脱毛マシンの設置もあるので、エステに加え脱毛も行うことでより綺麗な肌を獲得できます。以下のようにその効果は期待できます↓

⇒ジムとエステどっちが痩せるのか詳しくはこちら

筋トレガチ勢はおらず緩い雰囲気

チョコザップ口コミ

一般的に、24時間ジムに筋トレ初心者の方が行くと、みな口を揃えて言うのが「ゴリゴリやムキムキばっかりで怖い」「何をしていいかわからない」といったフレーズ。

カイ
カイ

筆者もジム未経験の友人に24時間ジムを勧めると、ほぼ100%の確率で「体験に行ってみたけどあの感じは自分のレベルで行くところじゃない」といった感想をもらいます。

確かにエニタイムフィットネスやゴールドジムなどは、バーベルやダンベルといった設備が豊富なのもあり、いわゆるマッチョが好んで利用していたりします。

となるとややガチ気味な雰囲気に初心者は圧倒され、ジムに行く足取りが重くなり次第に通わなくなることも。

対してちょこざっぷはダンベルやバーベルは一切なく、筋トレマシンと有酸素運動マシンのみの設備になります。

⇒ちょこざっぷのマシンの種類と使い方はこちら

ですから冒頭でも触れたように、本格的にトレーニングしたいマッチョは、基本的に通うことはないと考えられます。

ほぼ初心者ばかりが利用していると思っておいてOK。なのであなたが初ジムでも気軽に利用&継続可。

あなたと同じレベルの男女が、あなたと同じような目的で利用してるのでより安心できます。

加えてマシンの使い方などは、ジムに入る際にも必要となるちょこざっぷアプリでわかりやすいYouTubeが見放題。もちろん無料で。

なのでそちらにそって進めていけば問題なく安心して筋トレすることが可能。

「やり方がわからないからとりあえず有酸素マシンするしか」「初心者だと思われて恥ずかしい」「人に筋トレしてる姿を見られて恥ずかしい」なんてこともありません。

そういった変なプレッシャーや心配は不要です。全くの素人でも気軽に利用できます。

(以下の口コミレビューからもわかるように↓)

そうしてまずは運動習慣からつけていけば、問題なくダイエットも可能に。以下の口コミのように、やはり軽くでも筋トレを取り入れる方がダイエットはうまくいきます↓

⇒ちょこざっぷ公式をみる

ちょこざっぷアプリでの管理

一般的にジムに通う場合、店舗に行って複数の会員情報や規約へのサインなどを求められます。

カイ
カイ

ですがそういった手間が一切なく、持ち物も不要で今から5分もあればスタートできるのがちょこざっぷ。

ちょこざっぷ公式から会員情報やクレジットカード情報を入力するだけで、たった数分で入会完了。プランも1つのみゆえなおさら。

(※クレジットカードを持ってない場合は、年会費が永年0円のEPOSカードを作っておけば問題なし)

するとちょこざっぷアプリ内でQRコードが発行されるので、そちらを店舗入口の横にかざすだけでジムに入ることができます。

ちょこざっぷ口コミ

(QRコードはその時々で自動で変わるためスクショはNG)

特別なにかすることは一切ありません。チェックアウトの際もそのまま退出するだけ。必要であれば、タオルや水分あたりは持参すればOK。

加えて土足OKなのでウェアの準備などの手間も一切なし。基本的にスマホさえあれば、問題なく利用できます。

(チェックアウト時はジム内側でQRコードをかざすor手動で解錠)

ゆえに以下の口コミレビューのように、本記事を読み終えたのち即日OKの圧倒的スピード感で利用可↓

またちょこざっぷアプリではジム利用の管理だけでなく、筋トレ方法やメニューはじめ様々なダイエットプログラムも無料で公開されています。

ですからアプリに沿って筋トレやダイエットを進めていけば、安心して着実にあなたの理想の体型を獲得できます。

普段はちょこざっぷに行き、行けないときはライザップライブや自宅でできるストレッチやトレーニングをすればOK。

すると今までと違いモチベーションを切らすことなく、ダイエットもボディメイクもできますよね?

⇒ちょこざっぷアプリの使い方について詳しく

口コミ良しなちょこざっぷはダイエットにも効果的:まとめ

上記の内容が、実際にちょこざっぷを利用した筆者の感想と一般的な口コミとジムの特徴になります。

カイ
カイ

やはりジムに入会し何かしらの強制力がないと、ダイエットやボディメイクはうまくいかないものです。

これからも根拠のない~食べるだけダイエットで痩せず心身ともに消耗しますか?

また効果のないダイエットサプリを飲んで痩せずに後悔するとともに、数千円を無駄にしますか?

宅トレYouTubeを見るもののやる気が起きずサボり、そのまま好きなエンタメYouTuberをチェックしますか?

そう、自宅で筋トレしつつ正しい食事管理(ダイエット)するのは簡単ではありません。それができるなら、あなたは今この部分を読んでないはず。

かといって、確実に痩せるとも言えるライザップの費用は簡単に出せないものまた事実ですよね?

⇒ライザップより安いパーソナルジムについて詳しく

そんな時にちょこざっぷだと月にほんの2980円(税込3278円)で、筋トレとセルフエステにセルフ脱毛までもが利用可。それも手続きの手間も一切なく。

そうして運動で消費カロリーを上げ、食事も少しでもヘルシーなものへ切り替えていくと、当たり前のように痩せ体型は変わります。

そんなわけでサクッと入会しコスパ良く体型を変えていきましょう。

\今よりお腹回りが大きくなるのを阻止/

ちょこざっぷ(chocoZAP)のよくある質問

最後にちょこざっぷのよくある質問をまとめておきます。

ジム入会は日割り?

日割りなので、今日が月の途中であれいつ入会しても損しないようになってます。

即日入会はできる?

できます。ウェブから入会しそのままちょこざっぷを利用できます。入会後ちょこざっぷアプリをインストールし、表示されるQRコードを扉横にかざせばOK。

今から10分後に近所のちょこざっぷを利用することもできます。

タトゥーがあっても大丈夫?

ちょこざっぷはタトゥ―があっても問題なく入会できますが、ジム内での露出はNGとなってます。

時間制限はある?

ありません。24時間365日いつでも好きなときに利用できるのがちょこざっぷです。

(「1日5分のちょいトレ」が推奨されてますがもちろん5分以上でも無制限に利用可。日に2回トレーニングしてもOK)

見学や体験はできますか?

ちょこざっぷに無料見学や体験制度はありませんが、ちょこざっぷ公式に店舗一覧があるのでそちらでジム内の様子は確認できます。

また1日だけ体験するビジターのような制度もありません。

持ち物はなんですか?

ちょこざっぷはスマホに表示されるQRコードさえあれば利用できます。水やタオルなどあればいいですが、服装自由かつ土足OKなのでなくても問題ありません。

貴重品は大丈夫ですか?

冒頭で解説したように、ちょこざっぷはオープンロッカーですがジム内は監視カメラがきちんと機能しているのでセキュリティー面の心配は不要です。

(筆者もジム歴10年の中で盗難などの話は一度も聞いたことがありません)

家族で利用できますか?

できません。それぞれが入会する必要があります。入館の際に必要となるQRコードも時間によって変わるのでスクショもNGです。

プランは?

ちょこざっぷのプランは1つのみで、ジム内の設備を24時間365日いつでも利用できるプランしかありません。

ウォーターサーバーはありますか?

ありません。ですから水やスポーツドリンクなどは持参する方が無難です。(店舗によってはジム内に無人のショップがあるので、そちらで飲み物を購入することもできます)

⇒ちょこざっぷ公式をみる

以上【実体験】ちょこざっぷの口コミ評判はどう?【メリットデメリットをプロが解説】でした。

この記事を書いた人
カイ

筋トレ歴10年で、ボディビルやフィジークのコンテストでの優勝経験あり。ゆえに正しい筋トレ方法やダイエット方法を熟知。当サイトではそんな筆者が、適切な筋トレ方法やダイエット方法を解説してます。専門性を持ってすべての記事を執筆しています。(Twitterも覗いてみてください)

↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
【下部ボタンからシェア大歓迎】

当サイトは「リンクフリー」です。当サイトURLや記事URLをシェアする際の許可は必要ありません。今後よりおもしろい記事を執筆する参考にもなりますので、記事を読んだ感想をTwitterはじめSNSでシェアしてくださると嬉しいです!

ちょこざっぷ
↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
FITNESS-FREAK