大学に行きたくないあなたへ【6年もかけて卒業した僕が思う4つの事】

大学行きたくない

大学に行きたくないけどどうすれば良い?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

僕は現在webライターとして記事を執筆したり、当サイトを運営したりして生活しています。

 

カイ
カイ

つい1年前は大学生。それも1浪して大学に入り、大学で2留までしました笑。

 

もちろん、僕自身も大学に行きたくないと思いつつ籍は置いていたから卒業に6年もかかりました汗っ。

 

✔この記事を読むと、大学に行きたくない場合に少し考えてみるのがおすすめなことがわかるので現状の打破につながるかと思います!

 

では詳しくみていきましょう。

 

大学に行きたくないあなたへ【6年もかけて卒業した僕が思う4つの事】

結論として大学に行く行かないは正直どっちでも問題なし!通い続けるも途中でやめるもどっちもアリですね。

 

ではそもそも大学に行きたくない理由はなんなのか?

 

その主な理由と改善策は以下のとおり

✅大学の授業が面白くない←モノの見方を変える

✅大学に友達がいない←大学外で探そう

✅大学に行く意味がわからない←意味は見つけるもの

✅他にやりたいことがある←大学をやめる必要はあるのか?

順にサクッと解説していきます。

 

大学の授業が面白くない

まあこれは確かにそうですね汗っ。

 

日本の大学生って僕も含め勉強する分野に関しては「何となく」で決めるパターンが多いと思います。

 

弁護士に本気でなりたいからって法学部に進む人なんてめちゃめちゃ限られてるのが現実。

 

それもあって大学の授業がつまらなく感じるのはいわば通常かと。
なので授業が面白くないから大学に行きたくないのなら仕方ない笑。

 

カイ
カイ

なんですけどそう感じるのは、そもそも「大学の授業=面白くない」って色眼鏡で見ているからかもしれません。

 

「知らないことを知る」という行為は考え方によってはすごい面白みのあることだったりします。

 

例えば、タピオカが好きで新しいタピオカ屋や新しいトッピングを発見すればテンションは上がるし面白みも感じますよね。

 

確かにタピオカと違い、そもそもその学部のこと自体が好きでないかもですが、「知る」という行為に焦点を当ててみると意外と苦痛でなかったりするもんです。

 

大学に友達がいない

僕自身、大学で誰一人として友達といった類の人はいませんでした。いわゆるぼっち。
(6年も通ったのに笑)

 

というのも特に声をかけたいような感じの人がいなかったので。

 

ですがバイト先や街中で出会った方々とは仲良くなり、同世代から年上の方まで幅広く交流を持つことができました。

 

(僕はジムにも通っていたのでそこでの交流も多くありました。)

 

僕の中ではあくまで大学は知識を学ぶ場であって人とどうこうといったことを考えることすらなかったですね。

 

確かに友達がいないと大学が楽しくなく行きたくなくなるかもですが、友達が欲しいなら別に大学ではない所で作ればオッケー。

 

それに友達がいないからこそ全て自分の足で出席して、自分の頭で考えてレポートなどを提出しないといけなくなります。

 

これはこれで卒業のために大学に通わないといけない環境を作るには効果的かと。

 

※参考:ぼっちのうちにしておくと良い事
大学でぼっちがつらいあなたへ【6年間ぼっちだった僕が勧める3つのこと】

大学でぼっちがつらいあなたへ【6年間ぼっちだった僕が勧める3つのこと】
大学でぼっちでつらいけどどうすれば良いんや?と悩んでるあなたへの記事になります。本記事は大学6年間ぼっちだった筆者が思うぼっちのメリットを解説。今の環境をうまく利用するのが吉。

 

大学に行く意味がわからない

そもそも大学に行く意味がわからないパターン。

 

僕も入学して3日でそう思ってそこから2年間ほど行かなくなったので卒業にトータル6年かかりました笑。

 

大学に何かしらの目標を持って入学したならこんなことにはならないのでしょうが、この記事を読んでるあなたは僕と一緒で特に目標なく入学したのでしょう。

 

カイ
カイ

ですが別に大学に限った話ではなく、その物事に意味を持たせるのは自分自身なんじゃないかなと思います。

 

突き詰めていけばなんで生きてるのかって話にもなりますし。

 

(✔生きる意味に関しては「【謎】生きる意味がわからない時の3つの対処法【僕もわかりません】」を参考にどうぞ)

 

僕は2年間、行かなかったのになんで行くようになったかと言うと「自分の中で中途半端が嫌だった」これだけです。

 

自分の頭で受験して、自分の足で大学に入ったくせに途中でやめるのは筋が通らないというか。

 

(そういった意味を持たせたと言いますか。)

 

それに大学に通う期間があったからその間で、いろんな人と出会いそこでの出来事があって僕は今こうして当サイトを運営していたりもします。

 

なので、大学に行く意味がわからないのは、大学に行く意味をそもそも探そうともしていないのでは?(意味なんてこじつけでオッケー。)

 

他にやりたいことがある

これはそのやりたいことを全力でやってください!
そのために大学が邪魔になるなら今すぐに退学届を出せば良いんです。

 

これも僕の経験談ですが、僕は10代から筋トレに夢中でフィットネス関係の職につこうと思ってました。

 

大学は経済学部だったのでいわばそこまで大学が僕にとって必要ではありません。

 

それもあって入学して3ヶ月後にはもはや辞めた方が良いのでは?と常に迷うことに。

 

ですがよくよく考えるとやりたいことのために大学をやめるほどのことなのか?と。

 

カイ
カイ

別にやりたいことって大学に通いながらでもたいていは可能だと思うんです。

 

それに限られた時間だからやりたいことに必死に取り組むなんてことも考えられます。
「時間がない」から出来ないって人は「時間があっても」出来ないかと。

 

そんなわけでやりたいことしつつ大学に通うのもアリ。

 

といったように大学に行きたくない理由はいろいろあると思います。

 

でも逆に大学に行くことのメリットに目を向けてみると「意外と悪くない」となるんじゃないですかね。

 

そんなわけで最後に僕が大学をやめないで良かったと思うことを紹介して終わりにします。

 

大学に行って良かったこと【目の前の選択は1つしか選べない】

結論として大学に行ってて良かったなと思うのはズバリ「人」ですね。

 

人生において目の前の選択って1つしか選べない。

 

朝ごはんにしても「食べる」と「食べない」があって、食べるを選択したら食べないはもちろん選択できないですよね。

 

なので仮に大学に行かない(やめる)選択をすれば僕が当時、出会った人達とはもちろん出会わなかったでしょう。
(大学生という立場ゆえ時間もあり、人と交流する時間もあった。)

 

でも仮に、大学をやめる方を選択したのなら、またその状況での「人」と出会うことにはなりますよね。

 

カイ
カイ

だからどっちでの出会いがベターとは言えないんですけど、少なくとも僕は大学に行ってた期間に出会った人達とは出会って良かったと思ってます!

 

そんなわけであなたが大学に行くことでしか出会わない人や、大学に行かない選択をしたことでしか出会わない人がいるのが現実。

 

そういった意味で大学に行くか行かないかはどっちでも良いとは思いますが、ただ時を過ごすのではなくその時々でしか経験できないことがあるという事実も頭の片隅にでも置いて、何かしら目的を持って日々を過ごすのがベター。

 

目的などが何も思いつかないならひとまず大学生のうちに筋トレを始めるのもアリ笑。

 

(✔筋トレの始め方は「【完全初心者向け】自宅で筋トレするなら知っておきたい4つのステップ」をチェック)

 

てなわけで、大学に行く行かないをあまりネガティブに考えないのが吉😉

 

以上大学に行きたくないあなたへ【6年もかけて卒業した僕が思う4つの事】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました