コロナ太りを解消するために必要な4つのこと【生活習慣の改善】

コロナ太り解消

コロナの影響もあってなんか太ってもうたけど、どうしたら痩せれる?効果的なコロナ太り解消の方法が知りたい。

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

確かにコロナで家で過ごす時間が増えたがゆえ、太りやすい環境になってしまってるパターンは少なくありません。

 

✔そこで今回は、「コロナ太り解消のために今日からできること」について解説。
以下の内容を普段から意識しておくと、徐々にではあるもののコロナ以前の体型に戻っていくことでしょう。

 

では、詳しくみていていきます。

 

スポンサーリンク

コロナ太りを解消するために必要な4つのこと【生活習慣の改善】

結論として、コロナ太りを解消するには以下のことを意識してみるのが吉。

①ダイエットペースをイメージしてみる

②コロナと言えど自炊を心がけてコロナ太りを解消

③間食に注意してコロナ太りを解消

④自宅での筋トレを始めてみる

では順に解説していきます。

 

ダイエットペースをイメージしてみる

コロナ太りとは言え、10キロも太ったなんてことはないかと思います。
多くの場合は3キロほどと思われます。

 

✔体脂肪は1キロあたり7200kcalほど含みますので、仮に3キロの体脂肪がつけば21600kcalをコロナ以前に比べて蓄えたことになります。
(もちろん仮に3キロ増えても、水分いわゆるむくみも含まれるためそれが全て体脂肪とは限りませんが)

 

カイ
カイ

ですから3キロのコロナ太りを解消するのであれば、21600kcalを2ヶ月ほどかけて消費していくことが必要になります。

 

ダイエット成功のルールは「摂取カロリー<消費カロリー」の状態を積み上げていくこと。

 

ですから仮に21600kcalを60日で燃焼しようと思えば、1日あたり360kcalずつマイナスを積み上げていけばOK。
1500kcal摂取するなら1860kcalを消費していくイメージになります。

 

(以下ツイートにもあるように↓)

 

とは言え人によって代謝や生活強度(運動習慣の有無など)は異なるので、摂取カロリーは自身に合ったものを設定していくことが必要。

 

以下の記事でその簡単な算出法について解説してますので、そちらを参考に自身がダイエットできるであろう摂取カロリーを決定してみてください↓

メンテナンスカロリーの求め方と活用法【体づくりにおける重要な基準】
筋トレとかダイエットについて調べてると、メンテナンスカロリー?って目にするけど、あれってどう言う意味?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではメンテナンスカロリーの算出方法とその活用法について解説。これさえ理解しておくとあなたの理想の体をゲットできます。

 

コロナと言えど自炊を心がけてコロナ太りを解消

カイ
カイ

コロナ太りに至った主な原因を考えた時に「ウーバ―イーツなど出前を取ることが増えた」といったことがありませんか?

 

もちろん外出が制限されていると仕方ない面もあります。

 

ですがそれら出前やコンビニ飯など加工食品を食べるとなると、どうしても高カロリーなものになりがちです。
調理の過程で多くの脂が使われていたりと。

 

加えてそのメニューをポチる際に、わざわざカロリーや栄養バランスなんて見ないことがほとんどかと。

 

✔これでは知らず知らずのうちに、コロナ以前より摂取カロリーが過多になり太ることも避けられません。

 

ですからコロナ太りを解消するのであれば、自炊をして自身が日にどれくらいの摂取カロリーをとっているのかをざっくりでも良いので認識しておくことが必要。

 

そうすることで先ほど解説したように、カロリー収支を適切にマイナスにすることができダイエットが進むことになります。

 

間食に注意してコロナ太りを解消

カイ
カイ

コロナで自宅にいる時間が増えると、ついついお菓子などをつまむ回数が増えてませんか?

 

外出できないストレスなどもあり。

 

✔もちろん「間食=太る」なんてことはありません。
ダイエットはあくまで1日の総摂取カロリーの上下で、体脂肪が燃焼されるかどうかは決まるので。

 

ですが間食するものによっては、返ってダイエットを遅らせることも考えられます。

 

例えばおよそ300kcalのシュークリームを食べたとして、満腹感はありますか?

 

こういった総量は小さいにも関わらず高カロリ―な食品は満腹感や満足感は意外と低かったりします。
ゆえに2個も3個も欲したり。

 

対して同じ300kcalでも、オニギリとプロテインの組み合わせならそこそこ満腹感もあると思いませんか?

 

といったようにダイエットでは同じカロリーでも密度の低いものを食べることが成功の秘訣になります。
(⇒参考:ダイエットに良い食べ物とは?【結論:カロリー密度に注目しよう】

 

以下ツイートにもあるように、いっぱい食べれる方がストレスもなくダイエットを継続しやすいですよね。

 

自宅での筋トレを始めてみる

コロナで自宅にいる時間が増えると、それはそれはストレスに感じることもあるかと。
そこで試したいのが筋トレ。

 

筋トレをすればもちろん少なからずエネルギーを消費するので、ダイエットには有効。
(⇒参考:ダイエットに筋トレが必要な3つの理由【痩せやすい体を作ろう!】

 

カイ
カイ

ですがここではどちらかと言うと、健康的なメンタルを保つための意味合いが強いです。

 

というのも筋トレをすると、積極性を高めてくれるテストステロンや気分を高揚させてくれるセロトニンはじめ人体にとってポジティブな影響のあるホルモンの分泌が活発になります。
(⇒参考:筋トレがうつ病を治す!?【減少した神経伝達物質を正常な状態にする】

 

そういった意味で、自宅にいるとネガティブなイメージばかりしてしまう際に筋トレを始めてみるのが吉。

 

※参考:筋トレの始め方は以下の記事で解説してます↓

【ゼロから】自宅で筋トレするなら知っておきたい4つのステップ
自宅で筋トレ始めようと思うけど必要なものは?自宅で筋トレする時のメニューは?と自宅で筋トレしているorしたいあなたへの記事になります。本記事では自宅で筋トレを始めるあなたがやるべきことを解説。ひとまず器具がなくても大丈夫!

 

【まとめ】まずは食生活の改善からコロナ太りを解消

上記の内容が、コロナ太り解消に必要なことになります。

 

コロナが原因で太った場合は、あまり難しいことは考えずにまずはコロナ以前の食生活などに戻していけばOK。

 

コロナ期間が当たり前となりつつあるため、ウーバ―イーツなどが自然になってきてるかもですが、やはりダイエットを思うと出前などは適切とは呼べません。

 

✔我々の体は我々が普段から口にするものでできているがゆえ、自炊を中心にして自身が普段から食べているものを認識しておくことが必要。

 

そうして自身で量を調整し、3キロ程度なら自由にコントロールできる術を身につけておくと今後の人生でもうダイエットに悩むこともなくなるかと。

 

(そんなわけで、以下ツイートにもあるようなちょっとしたことからまずは意識してみては↓)

 

では、終わり😉

 

※参考:本記事をきっかけにパーソナルトレーニングでサクッと体型を変えるのもあり↓

パーソナルトレーニングの効果が気になるあなたへ【メリットデメリットを比較】
パーソナルトレーニングの効果は?パーソナルトレーニングのメリットデメリットは?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではパーソナルトレーニングの良し悪しを解説。あなたの体の悩みを解決するにはパーソナルトレーニングが手っ取り早い!

 

以上コロナ太りを解消するために必要な4つのこと【生活習慣の改善】でした。

コメント