ダイエット中の罪悪感を解消する2つの方法【もう食べ過ぎに悩まない】

ダイエット罪悪感

ダイエット中に食欲に負けて昼は外食のパスタランチ(クリーム系)で夜には菓子パンとかも食べてしまった。

食べてる時は楽しいけど食後は決まって罪悪感が襲ってきて、もう色々とやめたくなる。。

そういったことを繰り返してると、最近はほんの少しお菓子をつまむことすらにも罪悪感を持ってしまう。

(ひどい時は吐きそうにも)

明日の体重計が怖い。。

なんて状況にあなたはおちいってませんか?

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、毎年5キロから10キロのダイエットをしています。

僕自身も今でこそ淡々とダイエットできるようになりましたが、もちろんはじめは大失敗しゾンビみたくお世辞にも笑えない日々を送っていたこともあります。

そこで今回は、そんな僕の経験も踏まえつつ「ダイエット中の罪悪感との適切な付き合い方」について解説。

以下の内容を意識すると、今までより気軽にダイエットに励むことができ心身ともに健全な状態を作ることができメンタルが安定してきます。

では、詳しくみていきましょう。

ダイエット中にお菓子などを食べることへの罪悪感をなくすための心得

結論として、ダイエット中に食べ過ぎて罪悪感を持つ場合の対処法は以下のとおり。

・ダイエット中に罪悪感を持つ原因を考える

・ダイエット中の罪悪感をリセットする手段を準備

では順に解説していきます。

罪悪感を持つ原因を考える

そもそもダイエットは本来の体の働きに反する行為。

人間の体は体脂肪という効率の良い形で、食べ物というエネルギーが入ってこなくなった時に備えて、エネルギーをためておくようにできています。

ですがダイエットでは、体脂肪つまり「緊急時のためのエネルギー源」をそぎ落としていく行為。

ですから体はそれを食欲の増加や体の機能の低下によって、我々に「エネルギーを取るよう」促してきます。

なので通常時より空腹感と出会う頻度が多くなることも。

ですが、その信号に従って欲に負けて余分に食べていてはいつまで経ってもダイエットは進みません。

ゆえにそんな食欲を我慢しようとするものの、耐えれず暴飲暴食に走り罪悪感を持つといったことに。

カイ
カイ

ここでおそらくあなたは「自分には根性がない」「自分はクソだ」「意志が弱い」などと自分自身を責めるかもしれません。

ですがそれをしても気分は落ちるだけで現状は何も解決しません。

それにあなたはそこまで真面目に必死にダイエットしてるからこそ罪悪感を持つわけで。

テキトーにダイエットと向き合ってたら、スイーツを食べることに罪悪感なんて持たないはずです。

ですからまずはあなた自身を責めるのはやめてください。

そこで罪悪感を持ったことは仕方ないとして、「なぜ食べ過ぎに至ったのか」に目を向けるのが吉。

するとたいていの場合は「~だけ食べるダイエット」や「炭水化物はほぼ取らない」みたいな極端なやり方をしていたりします。

以下ツイートにもあるようにそれでは誰も食欲に耐えれません↓

他にも、プライベートや仕事でのストレスから暴飲暴食に至るなら、以下ツイートにもあるようにそちらを改善する必要だってあります。

(仮に一人で抱え込んでしまう性格なら「テレビCMでも話題のココナラの電話占い」を活用するのもあり。人と話すことで自己理解を深めるとともに、心のつっかえが取れるきっかけにもなりますので。)

そういった意味で、罪悪感に至る原因をあなた自身に向けるのではなく、あなたがやってきた「ダイエット方法」や「日常生活」にあるとしそれらを改善していくのが吉。

加えて、ストレスにより自律神経が乱れると様々な体の不調を引き起こすことにもなるので注意です。

ですからまずは以下ツイートにもあるように、ひとまず総摂取カロリーさえ意識してその中でお菓子なども食べつつダイエットを進めていけばOK↓

別にお菓子を食べても、カロリーさえ調整できてたら痩せます。

※参考:僕も含め10万人を超える人が継続コースで食べてるヘルシーパン「ベースブレッド」を活用すれば、ダイエット中でもおいしいパンが食べれてストレスがグッと減ることも↓

ベースブレッドで太るは嘘【痩せる食べ方をダイエットのプロが解説】
「ベースブレッドがダイエットに効果的て耳にしたけど、その反面ベースブレッドは太るなんて噂も聞くけど実際どうなんやろ?」という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では完全栄養の主食であるベースブレッドのダイエット効果について徹底解説。

罪悪感をリセットする手段を準備

仮にダイエット中の食べ過ぎからの罪悪感に至ったとしても、その罪悪感に真っ向からぶつけるモノを用意しておくと、あまりネガティブにならずに済みます。

例えば、

・筋トレをする

・次の日は空腹で寝る

・今日だけはコンビニに寄らない

・朝ごはんはプロテインだけにする
(⇒参考:置き換えダイエットは効果ない?【痩せるための3つの注意点】

・半日や1日だけファスティングしてみる
(⇒参考:【体験談】優光泉のファスティング1週間やって2キロ落ちたやり方

など。

こうして消費カロリーを上げたり摂取カロリーを抑える何かしらの工夫を心がけるようにします。

すると時間はかかれど罪悪感に至った際にあなた自身を責めることなく、少しずつ罪悪感との付き合い方を掴むことができるように。
カイ
カイ

僕自身10代の頃からボディビルをしてるがゆえ、ジャンクフードなど体づくりにとって好ましくないものを食べる時は、長きに渡って少なくからず罪悪感を持ってました。

ですが最近は「食べても筋トレすればOK」といった姿勢を持つことを意識することで、嗜好品を含む食事に対して以前よりもストレスを感じることがなくなり心から楽しめるように。

といったように「食べ過ぎ」と「運動」をセットにすれば、食の楽しみを保ちつつもダイエットは可能になると考えられます。

仮に食べ過ぎるだけならあいにくダイエットはできないし、メンタルが晴れることも少ないのが現実。

ですから暴飲暴食に至らないダイエット方法を追求することも大事ですが、食べ過ぎた際の罪悪感にぶつける何かを用意しておくことも有効と考えられます。

※参考:以下の記事で詳しく解説してます、1回たった20分の圧倒的低価格パーソナルジムでサッと筋トレするのもあり↓

エクササイズコーチは痩せないなんて口コミも?【無料体験前にチェック】
エクササイズコーチはたった20分の筋トレで痩せるらしいけど本当なんやろか?(痩せないって口コミも見たりするけど)そんなエクササイズコーチのダイエット効果に期待しつつも、どこか信じ切れず無料体験の予約を迷ってる自分がいる...というあなたへの記事になります。

【まとめ】適切なダイエット方法で罪悪感を解消すべし

上記の内容が、ダイエット中に罪悪感を持つ場合の対処法になります。

ダイエットと言えど一生に続けるものである必要はないし、それはただの修行です。

そうではなくて以下ツイートのように、3つぐらいの時期に分けダイエット自体も1つのイベントとして「ライフスタイルを豊かにするための手段の1つ」として位置づけするのが吉↓

そうすることで、自身の体型を改善しつつも食を楽しみながら進めていく方が、心身ともに健やかな状態を保てるかと思います。

加えて以下ツイートにもあるように、物事が初めからうまくいくことはないので、ゆっくりでも着実に理想の体型に近づいていけばOK↓

カイ
カイ

そんなわけで、食べ過ぎてしまった自分自身を攻めるのではなくダイエット方法を見直すことに焦点を当てていくと、罪悪感も次第に薄れていくと思われます。

また仮に1人ではどうしても食べつつ痩せるようなダイエットができない場合はパーソナルジムを利用して心身ともに健康的に改善するのもあり。

そちらだとはじめからテストの答えをすべて教わるようなもので、確実に「食べつつ痩せるダイエット」に取り組むことができますので。

やはり合ってるかもわからないダイエットを1人で続けるのは困難。

ダイエットのプロであるトレーナーにきちんとやり方を教わりもう楽になりましょ。

※参考:そんなパーソナルトレーニングの良し悪しについて↓

パーソナルトレーニングはもったいない?効果ない?【必要性を徹底解説】
正解かもわからないダイエットや筋トレを行い、不安を持ちつつ続けてその効果を実感していますか?そんなあなたのネガティブをすべて解決してくれるのが「パーソナルトレーニング」。本記事ではそんなパーソナルトレーニングの効果について徹底解説。

では、終わり😉

以上ダイエット中の罪悪感を解消する2つの方法【もう食べ過ぎに悩まない】でした。