【解放】ダイエット中の食べ過ぎに罪悪感を持つ際の2つの対処法

ダイエット罪悪感

ダイエット中に食欲に負け食べ過ぎて罪悪感を持ったり、ほんの少しお菓子をつまむことすらにも罪悪感を持ってしまう。

どうすればこの罪悪感は解消されるんやろうか。

明日の体重計が怖い…。

なんて思ってませんか?

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、毎年5キロから10キロのダイエットをしています。

僕自身も今でこそ淡々とダイエットできるようになりましたが、もちろんはじめは大失敗しゾンビみたくお世辞にも笑えない日々を送っていたこともあります。

そこで今回は、そんな僕の経験も踏まえつつ「ダイエット中の罪悪感との適切な付き合い方」について解説。

以下の内容を意識すると、今までより気軽にダイエットに励むことができ心身ともに健全な状態を築いていけるかと思います。

では、詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

ダイエット中の食べることへの罪悪感をなくすための2つの心得

結論として、ダイエット中に食べ過ぎて罪悪感を持つ場合の対処法は以下のとおり。

✅ダイエット中に罪悪感を持つ原因を考える

✅ダイエット中の罪悪感にぶつける物を準備

では順に解説していきます。

ダイエット中に罪悪感を持つ原因を考える

そもそもダイエットは本来の体の働きに反する行為。

人間の体は体脂肪という効率の良い形で、食べ物というエネルギーが入ってこなくなった時に備えて、エネルギーをためておくようにできています。

ですがダイエットでは、体脂肪つまり「緊急時のためのエネルギー源」をそぎ落としていく行為。

ですから体はそれを食欲の増加や体の機能の低下によって、我々に「エネルギーを取るよう」促してきます。なので通常時より空腹感と出会う頻度が多くなることも。

ですが、その信号に従って欲に負けて余分に食べていてはいつまで経ってもダイエットは進みません。

ゆえにそんな食欲を我慢しようとするものの、耐えれず暴飲暴食に走り罪悪感を持つといったことに。

カイ
カイ

ここでおそらくあなたは「自分には根性がない」「自分はクソだ」と自分自身を責めるかもしれません。

ですがそれをしても、気分は落ちるだけで現状は何も解決しません。

なので罪悪感を持ったことは仕方ないとして、「なぜ食べ過ぎに至ったのか」に目を向けるのが吉。

するとたいていの場合は「~だけ食べるダイエット」や「炭水化物はほぼ取らない」みたいな極端なやり方をしていたりします。

以下ツイートにもあるように、それでは誰も食欲に耐えれません↓

仮にプライベートや仕事でのストレスから暴飲暴食になるのなら、そちらを改善する必要だってあります。

そういった意味で、

罪悪感に至る原因をあなた自身に向けるのではなく、あなたがやってきた「ダイエット方法」や「日常生活」にあるとしそれらを改善していくのが吉。

加えて、ストレスにより自律神経が乱れると様々な体の不調を引き起こすことにもなるので注意です。

ですからまずは【サルでもわかる】ダイエット計画の立て方【簡単3ステップでOK】を参考に、極端なことはせず適切な王道のダイエット方法で進めていってください。

(補足:仮に食べ過ぎでなくても食自体に罪悪感を持つ場合も、ひとまず上記の記事を参考に摂取カロリーをきちんと意識してみてください。あなたがダイエットの際に食べるべきカロリーを把握しておけば、その範囲内のものはもちろん食べてOKなので、より安心して食べ物を口にすることができるはずです)

ダイエット中の罪悪感にぶつける物を準備

仮にダイエット中の食べ過ぎからの罪悪感に至ったとしても、

その罪悪感に真っ向からぶつけるモノを用意しておくと、あまりネガティブにならずに済みます。

例えば、

「筋トレ」や「次の日は空腹で寝る」「コンビニに寄らない」など、消費カロリーを上げたり摂取カロリーを抑える何かしらの工夫を心がけるようにします。

すると時間はかかれど罪悪感に至った際にあなた自身を責めることなく、少しずつ罪悪感との付き合い方を掴むことができるかと。
カイ
カイ

僕自身10代の頃からボディビルをしてるがゆえ、ジャンクフードなど体づくりにとって好ましくないものを食べる時は、長きに渡って少なくからず罪悪感を持ってました。

ですが最近は「食べても筋トレすればOK」といった姿勢を持つことを意識することで、

嗜好品を含む食事に対して以前よりもストレスを感じることがなくなり、心から楽しめるようになりました。

といったように「食べ過ぎ」と「運動」をセットにすれば、どちらも楽しめるようになるかと思います。
(⇒参考:なぜダイエットに筋トレが必要なのか?【綺麗に痩せるための3つのメリット】

仮に食べ過ぎるだけならあいにくダイエットはできないし、メンタルが晴れることも少ないのが現実。

ですから暴飲暴食に至らないダイエット方法を追求することも大事ですが、食べ過ぎた際の罪悪感にぶつける何かを用意しておくことも有効と考えられます。
(⇒参考:【体験】優光泉でファスティング【1週間で2キロ無理なく落ちた話】

※参考:いきなり筋トレが無理ならヨガで心身ともに整えるのもあり↓

【現会員の本音】LAVAに入会する前に絶対に知っておきたい6つのこと
ホットヨガのLAVAに入会しようと思うけど、どんな感じなんやろ?なんか不安やし実際にLAVAに入会した人の感想が聞きたい!というあなたへの記事になります。本記事では実際にLAVAに通う主婦へのインタビューをもとにLAVAのリアルを解説。入会前にこれだけはチェック!

【まとめ】ダイエット中はストレスを分析し共存することが重要

上記の内容が、ダイエット中に罪悪感を持つ場合の対処法になります。

ダイエットと言えど一生に続けるものである必要はないし、それはただの修行です。
(⇒参考:「もうダイエットなんてやめたい」と心身ともに疲弊しているあなたへ

そうではなくて以下ツイートのように、

3つぐらいの時期に分けダイエット自体も1つのイベントとして「ライフスタイルを豊かにするための手段の1つ」として位置づけするのが吉↓

そうすることで、自身の体型を改善しつつも食を楽しみながら進めていく方が、心身ともに健やかな状態を保てるかと思います。

加えて以下ツイートにもあるように、

物事が初めからうまくいくことはないので、ゆっくりでも着実に理想の体型に近づいていけばOK↓

そんなわけで、

自分自身を攻めるのではなくダイエット方法を見直すことに焦点を当てていくと、罪悪感も次第に薄れていくと思われます。

では、終わり😉

以上【解放】ダイエット中の食べ過ぎに罪悪感を持つ際の2つの対処法でした。

コメント