ダイエットのモチベーションが上がらない男性へ【必要なことはこれだけ】

ダイエットモチベーション男

ダイエットして痩せてカッコいい男になりたいとは思うものの、いざヘルシーな食生活ってなるとモチベーションがなかなか上がらない。やっぱり好きなモノ食べたいし。どうすればダイエットのモチベーションが上がるのやら。。

なんて思っているあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで毎年ダイエットしてます。

そこで今回は、そんな僕の経験も踏まえて「ダイエットをするにあたってどのようにしてそのモチベーションを保っていくか」について解説。

以下の内容を意識しておくと、無駄に消耗せずダイエットを継続でき体型の変化を実感することに。

では、詳しくみていきましょう。

ダイエットをモチベーションに頼るのはやめよう

結論として、ダイエットをモチベーションに頼って行うとあまり効果的に継続できない可能性が出てくるかと思います。

というのも、ダイエットは基本的に人間の生理的な反応に反する行為になります。

ですから時に空腹に耐えることも必要。

もちろんモチベーションが高く「絶対に痩せてやる!」といった時は問題ありません。

多少の空腹にも我慢できるでしょう。

カイ
カイ

ですが仮に仕事で疲れて、プライベートでもついてなかった日はどうでしょうか?

きっと好きなものを好きなだけ食べて良い理由をいくつも探そうとし、結果そうしてしまうと思いませんか?

こういったように、モチベーションに頼りながらダイエットしようとすると、あまり体脂肪の燃焼が進まないことが考えられます。

ですから、こう言うと元も子もない感じがしますが、まずは「モチベーションを意識してダイエットしないこと」を意識するのが吉。

ダイエット中は日々やるべきことに集中

カイ
カイ

ダイエットするモチベーションを上げることに焦点を当てるより、まず「ダイエットの目標」を決めてしまいましょう。

「3ヶ月で5キロ落とす」「体脂肪率10%あたりまで減らす」「7月までに腹筋がはっきり見えるようにする」など。
(⇒参考:夏に向けて筋トレしても間に合わない!?【いつから何をすればいいのか】

具体的な数値を用いてゴールを決定してください。

そしてその目標を、起床時や就寝前に頭の中で思い返したり口に出したり紙に書いたりして意識をダイエットに向けていけばOK。

すると自然とその目標を達成するために必要な情報(ダイエット方法)を集め、少なからず前進していきます。

そして日々の摂取カロリーを計算したり、満足感や満腹感の高いあなたに合った炭水化物源を探したり、とにかく「実際の行動」に意識を向けていくのが吉。

そこにモチベーションを入れる必要はありません。

なにせあなたはすでに目標を決めているので、あとはそこに達するに必要なことを1つずつこなしていくだけですので。

僕自身も以下ツイートのように、特にダイエットのモチベーションがない年もありますが、「腹筋の割れたカッコいい体でいたい」という目標があるがゆえに、そのために必要なことを日々やってるだけです。

そこにモチベーションは必要ありません。ただやるだけ。

ですから、まずはあなたのダイエット成功に必要な行動の1つ目からさっそく取り掛かるのが吉。

※参考:最強のダイエット弁当「ダイエティシャン」なんかも活用すると、かなり快適にダイエットできます↓

ダイエティシャン(Dietician)の口コミが本当か買って検証
ダイエットやボディメイク成功に食事管理は欠かせない。でも自炊はめんどうかつ味気ないものを食べ続けるのはストレス。そんなあなたこそダイエティシャンを活用するのが吉。本記事ではダイエティシャンの口コミが本当か、実食しつつレポートしてみました。

ダイエットはまず量より質を意識してモチベーションを維持

とは言え、理想の体があまりに現実とかけ離れている場合もあるかと思います。

それゆえダイエット成功の想像もつかないと言いますか。

ですからその場合は、ダイエットつまり摂取カロリーよりも消費カロリーが大きくなる状態を作るよりも、まずは普段から食べているものの「質」を改善することから始めるのもあり。

具体的には、以下ツイートのような食材を意識して選択し食べたり。

これらの食材は栄養素が豊富かつカロリー密度が低いので、満腹感や満足感に貢献してくれます。

そうして徐々に普段の食事から加工品を減らしていけば、自然と血糖値も安定し空腹感も抑えられ、摂取カロリーを減らしていくことが可能に。

カイ
カイ

そうした食生活が身についてきてから、カロリー計算をして本格的にダイエットしていけば良いかとも思います。

言い換えると、以下ツイートのように常に自分自身の体型を好きでいられる範囲をキープすると言いますか。

これなら量(カロリー)を制限しすぎるがゆえ食欲やストレスでモチベーションを損なうなんてことは防止できます。

いきなりガチガチにカロリー制限するのではなく、徐々に質を変え最終的にカロリー制限を設けるのが吉。

※参考:サラリーマンのダイエット食事術について↓

サラリーマンがダイエットするには【忙しい社会人でも取り組める食事管理】
「社会人になってから太り始めてさすがにダイエットしないと」「スマートなサラリーマンはどんなダイエットしてるんやろか」「サラリーマンで忙しいけどダイエットするにはランチで何を食べれば良いのやら」なんて思ってるあなたへの記事になります。

【まとめ】過度なダイエットゆえ強いモチベーションが必要になる

上記の内容が、ダイエットする際の適切なモチベーションとの付き合い方になります。

結局のところ派手なダイエットゆえ、大きなモチベーション(気合い)が必要になると考えられます。

仮に1キロ2キロのダイエットなら、「できる!」と思えて特に腰も重くならないですよね?

そういった意味で、基本的には普段から口にする食材の「質」を見直しそれをベースにしておくことで、大きな体重増は防ぎつつ、夏に向けて数キロのダイエットで済むようにしておくのが吉。

それならモチベーションどうこうで悩まずにダイエットに励めますよね?

そんなわけで、まずは自身が普段から口にしているもののカロリーや栄養素つまりは「質」に意識を向けてみては。

とは言え、どうしてもモチベーションが保てずダイエットできない場合は「30分のパーソナルトレーニングでも効果あり?【短時間の真意】」も参考に、30分でも良いのでパーソナルジムを活用することが必要になります。

では、終わり😉

※参考:痩せてモテたいあなたは以下の記事もチェック↓

痩せてモテたい男性必見【30代からのダイエットに欠かせないこと】
独身。就職してからは仕事で忙しい日々をすごし健康に気を使う余裕などなく、食事はもっぱらスーパーの総菜やコンビニ弁当を食べる生活で体重は増加。ああ痩せたらモテるはずなのに。。本記事では痩せてモテたい男性向けに、男としての自信を獲得するためのダイエット手順を解説。

以上ダイエットのモチベーションが上がらない男性へ【必要なことはこれだけ】でした。