短期間のダイエットがNGと言える3つの理由【痩せにくい体になるかも】

ダイエット短期間

短期間のダイエットしようと思ってるけど何か良い方法ない?「10日でマイナス3キロ!」みたいなやつで。

と思っているあなたへの記事になります。

 

ちょっと待ったあ!!!
そんなダイエットはやめておけい。

 

単に体重が減っただけで、実際は体脂肪なんてほとんど減ってないのが現実だ。
そう、筋肉が落ちメリハリのないやつれた体になるだけかもなんだ。

 

あっ、ついアツくなり挨拶するのを忘れてました笑。

 

こんにちはカイです!

 

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

そんなわけで、今まで何度もダイエットしてきました。
(初めてのダイエットは大失敗でしたが汗っ)

 

✔そこで今回は、「短期間のダイエットなんてやめておけ」といったテーマについて解説。
以下の内容を意識しておくと、より効果的かつ着実に体脂肪を落とすことができます!

 

では、詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク

短期間のダイエットがNGと言える3つの理由【痩せにくい体になるかも】

結論として、冒頭でもお伝えしたように基本的に1.2週間など短期的でのダイエットはおススメできません。
できれば最低でも1ヶ月や2ヶ月かけて、徐々にダイエットしていくのが理想的ではあります。

 

というのも短期間でダイエットしようと思うと、必然的に摂取カロリーをかなり低い状態でダイエットせざるをえないことに。

 

となると考えられることで最もな悪影響は「筋肉が分解される」ことです。

 

短期間のダイエットでは筋肉が犠牲に

筋肉というと、もちろん我々の体を自由に動かすために必要なもの。

 

そんな筋肉ですが体を動かすためということもあり、筋肉それ自体がカロリーを消費します。

 

✔言い換えると、筋肉が多ければ多いほど代謝は上がり、同じ運動をしても筋肉が多い人の方が少ない人より多くのカロリーを使います。

 

ですからよく雑誌やテレビでも「筋トレで代謝を上げよう」などと言われたり。
(⇒参考:ダイエットに筋トレが必要な3つの理由【痩せやすい体を作ろう!】

 

そもそもダイエットは摂取カロリーと消費カロリーのバランスによって成り立ちます。

 

カイ
カイ

1日の摂取カロリーが1日の消費カロリーよりも小さい状態を継続することが、ダイエット成功の必須条件。

 

ですから仮に筋肉量を維持できていたら消費カロリーもそれなりに維持でき、ダイエットは成功しやすかったりします。

 

ですが短期間のダイエットで、より多くの筋肉が落ちてしまってはどうでしょうか?

 

そうです、代謝は下がり消費カロリーは下がります。
これでは今までよりさらに摂取カロリーを下げざるをえません。食べる量が少ないダイエットはもちろんキツイですよね。

 

そんなわけで、ダイエットはあまり摂取カロリーを減らし過ぎないように始める方が結果としてはうまくいきます。

(極端に摂取カロリーを減らさず、筋肉が分解されるのをできる限り防ぐ)

 

※参考:そんな具体的な摂取カロリーの決め方は以下の記事で解説してます↓

メンテナンスカロリーの求め方と活用法【体づくりにおける重要な基準】
筋トレとかダイエットについて調べてると、メンテナンスカロリー?って目にするけど、あれってどう言う意味?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではメンテナンスカロリーの算出方法とその活用法について解説。これさえ理解しておくとあなたの理想の体をゲットできます。

 

ダイエットは体重が絶対ではない

上記のように、短期間のダイエットでは筋肉が大きく落ちている可能性が考えられます。

 

1キロの筋肉も1キロの体脂肪も、もちろんそれぞれ1キロ。(←当たり前ですよね笑)

 

カイ
カイ

ですが体重計に乗って1週間前に比べて3キロ減ってたとして、それが主に体脂肪による減少と言い切れますか?

 

もちろん精密な体脂肪計などを使わない限り正確には判断できませんが、短期間のダイエットではおそらくその3キロの内訳は主に「筋肉」と「水分」でしょう。

 

✔言い換えると、あまり体脂肪は落ちてなかったり。

 

というのも体脂肪は1キロあたり7200kcalほどで、3キロだと21600kcal。

 

仮にこのエネルギーを1週間で消費するとなると1日あたり約3000kcalものマイナスを作ることが必要に。
2000kcalを摂取しているなら5000kcalを消費する必要があります汗っ。

 

これは基本的には不可能です。
しかもそれを7日間。

 

ですから短期間のダイエットでは「1週間でマイナス3キロ」などと体重ばかり重視されますが、実際のとこ筋肉が落ち代謝が下がり痩せにくい体に近づいたと考える方が適切と思われます。

 

※参考:ダイエットは体脂肪率でもなく見た目を重視すべき理由について↓

【断言】減量は体脂肪率より見た目を重視すべき2つの理由【大会に向けて】
フィジークとかの大会に向けて減量してるけど、体脂肪率はどれくらいまで落とせばいいんやろ?見た目と体脂肪率が比例してないと感じることもあるけど...。という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では大会にでるなら体脂肪率はさほど重要ではないという話をしてます。

 

短期間のダイエットはリバウンドを招く

短期間でダイエットするとなると自然と食事への制限が強いがゆえ、そのダイエット期間を終えると暴飲暴食に走ることも。

 

ですが筋肉が落ち代謝が落ちているであろう体に大量のエネルギーが入れば、もちろん今まで以上に処理しきれず余ったエネルギーは体脂肪として蓄えられ、いわゆるリバウンドに至る可能性があります。
(⇒参考:リバウンドしないダイエットをするために知っておきたい6つのこと

 

ダイエットはあくまでその後の体型を維持することが目的ですので、これではあまり意味がありません。

 

カイ
カイ

そういった意味でも、やはり無理のない食習慣を身につけていくことがまず優先すべきポイントかと思います。

 

(以下ツイートのようなイメージで↓)

 

【まとめ】ダイエットは急がば回れで進めていくべし

上記の内容が、短期間のダイエットはおススメできない主な理由になります。

 

誰しも短期的な少しの無理ならできそうな気がしたりするのものです。

 

ですがダイエットにおいては、我慢すればするだけ体脂肪が落ちるなんてこともなかったり。
体は体脂肪を蓄えるように作られているので、あの手この手で体脂肪が減るのを阻止しようとします。

 

ですからある程度の摂取カロリーは保ちつつ体にダイエットしてることを悟られないようにするようなイメージで進めていく必要があります。

 

そんなわけで、ダイエットは急がば回れでいくのが吉!

 

では、終わり😉

 

※参考:ひとまず簡単に取り組めることから意識するのもあり↓

【簡単】ダイエットの基本ルール10選【今すぐ試して痩せよう】
ダイエットにルールはある?ひとまず取り組むべきダイエットルールは?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では簡単に取り組めるダイエットルールから解説。できることから始めましょ。

 

以上短期間のダイエットがNGと言える3つの理由【痩せにくい体になるかも】でした。

コメント