睡眠とダイエットの関係性【よく寝た方が痩せると言える3つの理由】

ダイエット睡眠

「よく寝ると痩せる」って聞いたことあるけど、あれはどういう意味なんやろか。

睡眠になんかダイエット効果がある的な感じかな?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、毎年5キロから10キロほどダイエットしています。

ゆえに睡眠がダイエットに与える影響は身を持って体感してきました。

そこで今回は、

そんな僕の経験も踏まえて「ダイエットと睡眠の関係性」について解説。

あなたが普段からダイエットに励んでいるのにあまりうまくいってない原因は、実は睡眠にあるかも!?

では詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

睡眠とダイエットの関係性【よく寝た方が痩せると言える3つの理由】

結論として、ダイエット成功にはできる限り毎日7時間ほどの規則正しい睡眠を確保することが必要になります。

もちろん人それぞれの生活スタイルがあるので、普段から睡眠時間が短くても特に疲れなどを感じないなら無理に増やす必要はありませんが。

とは言え普段から寝たいけど寝る時間があまり確保できないなどの場合は、工夫して睡眠時間を増やすことがダイエットには有効と思われます。

というのも、睡眠がダイエットに与える影響は主に以下の3つがありますので↓

✅体脂肪は睡眠時にも減りやすい

✅睡眠が食欲を左右する可能性がある

✅睡眠が心身のストレスを緩和

では順に解説していきます。

体脂肪は睡眠時にも減りやすい

カイ
カイ

体脂肪が減るタイミングとして「筋トレなどの運動中」「有酸素運動中」とイメージしてる場合が多いかと思います。

確かにそれらのタイミングでも体脂肪はエネルギーとして使われます。

ですが筋トレ(無酸素運動)はどちらかと言うと、体の中にグリコーゲンという形で蓄えられた糖質がエネルギー源のメインに。

対して有酸素運動など過度に息が上がらないような低負荷の運動では、体脂肪をメインに体の中のグリコーゲンとの両方がエネルギー源となるのが基本。

上記の違いからもイメージできるように、体脂肪は安静時に代謝(燃焼)される割合が高いです。

安静時とはいわば何もしてない状態。
そう、まさに睡眠時。

ダイエットとなると「運動しなきゃ」と思いがちですが、睡眠時の体脂肪の燃焼が意外と侮れないということです。

ただし睡眠時の脂肪燃焼を最大限に活かすには「空腹」で寝ることが条件です。ですから睡眠の2時間前までには1日の最後の食事を終えておきたいところ。

空腹でない状態つまり体の中に糖質がめぐっている状態だと、睡眠時に必要なエネルギーを体脂肪よりそちらの糖質が優先的に使われやすくなりますので。

睡眠が食欲を左右する可能性がある

人間は食事をすると血糖値が上がり、「レプチン」というホルモンが分泌されます。

そんな「レプチン」が満腹中枢を刺激し、食欲が収まることに。

対して「グレリン」というホルモンは、空腹中枢を刺激して食欲を増加されるように働きます。

カイ
カイ

これらのホルモンが睡眠とどう関係するのか?

睡眠が不足すると「レプチン」の分泌が減り、「グレリン」の分泌が活発になることが明らかにされています。

言い換えると、食欲がマシマシになることに。

食欲が増えようが鉄の意志で我慢できるなら問題ないですが、それにしてもダイエット中に無駄に食欲と戦いたくないですよね?

食欲と戦う機会が多いと少なからずストレスがたまり、いつしか限界が来て暴飲暴食につながる可能性もあります。

(⇒参考:ダイエット中のひどい食欲を抑える3つの方法【効率的に痩せるコツ】

そんなわけで、特にダイエット中は睡眠不足にならないように注意することが欠かせません。

睡眠が心身のストレスを緩和

睡眠時に筋肉など体の疲労が回復するのはよく言われること。

もちろんそのとおりです。

カイ
カイ

ですがことダイエットにおいては、睡眠による精神的なストレスの緩和が意外と重要だったり。

というのも、

睡眠が不足すると交感神経と副交感神経のバランスが崩れる場合があります。
(⇒参考:自律神経を整える3つの方法【なんかしんどいを解決するために必要なこと】

基本的に睡眠時は副交感神経が優位になることでリラックス状態を作れるはずですが、それがうまくいかないことに。

となると交感神経が優位になり、ストレスホルモンであるコルチゾールが分泌され筋肉の分解につながることが考えられます。

筋肉が分解されると、代謝も下がりダイエットにはもちろん悪影響。

また先ほどのホルモンと関係して「睡眠不足⇒代謝低下&食欲増加」となれば、もちろんダイエット継続は困難に。

【まとめ】質の高い睡眠を確保することはダイエット継続に必須

上記の内容が、睡眠とダイエットの関係になります。

適切な睡眠をとることで、

心身ともにストレスを緩和しつつ食欲や神経系をうまくコントロールできダイエットを継続しやすい環境作りが可能に。

カイ
カイ

とは言え、いくら質の高い睡眠時間を確保しようがカロリー収支がうまくいってないと基本的にダイエットは進みません。

ですからまずはカロリー計算をして毎日「摂取カロリー<消費カロリー」の状態を作るのが大前提となります。
(⇒参考:【サルでもわかる】ダイエット計画の立て方【簡単3ステップでOK】

その上で、睡眠時間を確保しその質を高めることでダイエットは一層に加速。

(寝る直前まで食事したり、スマホなどの電子機器に触れたりしないなどでも睡眠の質を高める)

そんなわけで、

ダイエットは以下ツイートにもあるようにその環境づくりが意外と重要ということを覚えておいてください↓

では、終わり😉

以上睡眠とダイエットの関係性【よく寝た方が痩せると言える3つの理由】でした。

コメント