ダイエット中に甘いものを食べる際の3つのポイント【量/質/タイミング】

スポンサーリンク

ダイエット甘いもの

ダイエットを成功させるにはやっぱり甘いものはNG?控えるべき?

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどでコンテストでの優勝経験あり。
※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉

 

そんなわけで毎年のように期間を設けてダイエットしています。

 

✔そこで今回はダイエット中に甘いものはNGなのかどうかについて解説!僕も初めてダイエットした頃はそう思ってましたが意外とそうでもなかったり😉

 

この記事を読むとダイエットに甘いものがオッケーかどうかだけでなく、ダイエットの本質も理解できるのであなたの今後のダイエットにきっと良い影響があります!

 

では詳しくみていきましょう。

 

ダイエット中に甘いものを食べる際の3つのポイント【量/質/タイミング】

結論としてダイエット中だからって甘いものがNGなわけではありません!

 

別に甘いものを食べようがダイエットの「基本」を押さえておけば問題なくダイエットは進みます。

 

✔というのもダイエットの根底は「摂取カロリー<消費カロリー」。

 

ですから甘いものを食べようが1日の摂取カロリーが決められた範囲に収まっていれば問題ありません。

 

※参考:カロリー計算の手順
【保存版】ダイエットのやり方【押さえておくべきたった2つのこと】

 

カイ
カイ

そんなわけでひとまず「ダイエット中=甘いものは厳禁」と決めつける必要はないかと思います。

 

そうやって甘いものをひとくくりで制限することでストレスがたまりダイエット継続が困難になっては本松転倒です。

 

ダイエット成功はあくまで継続した先にあるもの。継続できないと成功は見えてきません。

 

ですから少しでもダイエットを継続しやすい形にするためにちょっとした逃げ道を作っておくのも大事になります。

 

1日100kcalまでは甘いものを食べてもOKといったように。(←もちろんこのカロリーの範囲は人によって異なる)

 

(✔ダイエット継続のコツは以下の動画も参考にどうぞ↓初期の動画なので話が伝わりにくい部分もあるかもですが笑)

 

とは言えだからって甘いものを好き勝手に食べているともちろんダイエットは進まないのが現実。

 

そこでダイエット中に甘いものを食べるなら注意しておくことは以下のとおり。

✔量と種類に気をつける

✔ダイエット中であることを忘れない

✔摂取タイミングに気を使う

順に解説します。

 

量と種類に気をつける

冒頭でお伝えしたようにダイエットの絶対的ルールは「摂取カロリー<消費カロリー」。

 

ですから甘いものを食べ過ぎて「摂取カロリー>消費カロリー」になればもちろん体脂肪は減りません汗っ。

 

まあこれに関しては甘いものに限った話ではありませんが。

 

✔またダイエットのルールとして栄養バランスも重要になってきます。

 

仮に「摂取カロリー<消費カロリー」だからと言って、甘いものばかりつまり炭水化物ばかり食べていると筋肉の材料となるタンパク質が不足して筋肉が分解されやすくなることに。

 

筋肉が分解されると代謝が低下つまり消費カロリーが下がることにつながります。

 

そうなるとダイエットの絶対的ルール「摂取カロリー<消費カロリー」を作るのに今よりさらに摂取カロリーを減らさなければならなくなります汗っ。

 

カイ
カイ

そんなわけで食べる量を減らすのはもちろんキツイので、出来る限り筋肉を減らさず代謝は高く保ってダイエットするのが成功には欠かせません!

 

✔そういったことから甘いものを食べるにせよ基本的には和菓子の方が使い勝手は良いです。

 

というのも洋菓子はバターはじめ脂質が多く含まれてる場合がほとんどですので。これだと簡単にカロリー過多に陥りますよね。

 

その点、和菓子は炭水化物がメインで脂質がゼロのものが多くカロリーを調整しやすいです。

 

それに炭水化物と脂質の組み合わせは体脂肪として体に取り込まれやすいのでこれまた洋菓子は控えた方が良いですね。

 

(こちらに関しては以下のツイートも参考にどうぞ↓)

 

カイ
カイ

そんなわけで僕自身、よく和菓子を食べてダイエットしてた時は羊羹やどら焼き(たまにカステラ)を選んでました。

 

これらの和菓子は脂質がかなり低いのでおススメ!(カステラはやや卵の脂質が含まれる場合があるのでたまにです笑)

 

ダイエット中であることを忘れない

ダイエット中でも確かに甘いものは食べてもオッケー。

 

✔ですがあくまでダイエット中ということを忘れないようにしてくださいね!

 

砂糖などの甘いものは摂取すると幸福を感じるホルモンであるセロトニンなどが分泌。脳はこの快楽物質が癖になって甘いものに依存することがあります。

 

また砂糖などを食べると血糖値が急激に上がり急激に下がります。血糖値が急激に下がった所で体は「エネルギーが足りない」と勘違いしそれを食欲という信号で送ることにもつながります。

 

言い換えると甘いものを食べることで「もっともっと」となることが多い。(この食欲を抑えるのはキツイですよね汗っ)

 

ここでその体の表面上の合図に従って食べ続けてるともちろんダイエットは進みません。むしろ太ることさえ考えられます。

 

そんなわけで甘いものを食べても問題ない場合は、上記のように「量や種類に注意できるなら」の話であることを覚えておくのが良いかと思います。

 

 

(そこを意識できないなら以下ツイートのような工夫も必要↓)

 

摂取タイミングに気を使う

先ほど触れたように甘いものは血糖値が急激に上がりやすい。言い換えるとすぐに体のエネルギーとなりやすい。

 

カイ
カイ

そんなわけで筋トレなど運動の前後に甘いものを持ってくるのがおススメではあります。

 

こうすることで運動で甘いもののエネルギーはうまく使われ体脂肪として蓄えられるのを少しでも防ぐのです。

 

運動前にエネルギーをチャージして運動後に体の疲労を回復させるためにエネルギーを補うイメージ。

 

筋トレをしてるならむしろ筋トレ前後は炭水化物をとった方が筋肉の発達にもダイエット効率にもプラスに働きますよ!

 

※参考:ダイエットに筋トレが効果的なわけ
ダイエットに筋トレが必要な3つの理由【痩せやすい体を作ろう!】

ダイエットに筋トレが必要な3つの理由【痩せやすい体を作ろう!】
ダイエットに筋トレは必要?筋トレしなくてもダイエットは可能?といった疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレがダイエットにもたらすメリットを解説。食べる量が多いダイエットの方が良いと思いませんか?

 

といったようなポイントに注意すればダイエット中でも問題なく甘いものを食べることはできます!

 

ダイエットはあれやこれやと制限しがちですが、まずは食べるものの量や質を少しずつ変える所から始めてみても良いのでは?

 

極端に制限するとそれに対する反発も大きくなかなか継続が難しかったりするものです。

 

※参考:ダイエット中に嬉しい食材
ヘルシーな食べ物【ダイエットを継続するのにおススメな5つの食品】

ヘルシーな食べ物【ダイエットを継続するのにおススメな5つの食品】
ヘルシーな食べ物が知りたい!筋トレやダイエットに適した食べ物が知りたい!というあなたへの記事になります。本記事ではヘルシーな食べ物とその特徴を解説。美味しいものを食べてストレスなく体づくりを進めていきましょ。

 

では今日はここらで失礼しやす😉

 

以上ダイエット中に甘いものを食べる際の3つのポイント【量/質/タイミング】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました