【朗報】ダイエットは意志が弱くても大丈夫【継続するコツは日々のご褒美】

ダイエット意志が弱い

あなたは意志が弱いからダイエットできないと思ってませんか?

ダイエット中にも関わらず、余計なモノを食べたあとに「ああ自分はなんて意志が弱いんだ」とガッカリしてませんか?

そんなあなたに朗報です。ダイエットしたいあなたに必要なのは「意志の強さ」ではなく、「毎日のご褒美」です。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は11年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※Twitterもやってます😉)

それゆえ今まで何度も何度もダイエットしてきました。そんな経験もあり、どうすればダイエット継続が楽になるのかも熟知。

そこで今回は、そんな僕が「ダイエット継続のコツ」について解説します。

結論として、以下ツイートにもあるようにダイエット継続には意志ではなく「日々のご褒美」を重視するのが吉。

ではそう言える理由をみていきましょう。

もう正しく痩せませんか?
もうやめにしませんか?ダイエットがうまくいかずガッカリするのも、流行りの効果のないダイエット方法に振り回されるのも。あなたが痩せないのは単に「基本の原理」に従ってダイエットしてないから。なのでそんな基本ルールを理解し習慣化すれば100%痩せます。ですがそこを押さえない限り今後も痩せないのもまた事実。そこで短期的にパーソナルジムを活用しそんな痩せ習慣を身につければ、もう今後の人生で体型に困ることはありません。

ダイエットは意志が弱くても大丈夫【継続するコツは日々のご褒美】

冒頭でも触れたように、ほとんどの方はダイエットできない原因は「自身の意志の弱さ」にあると考えます。

「なんで自分はこう我慢できないんだろう。。」といったように。

カイ
カイ

ですが実はそういった余分なものを食べてしまう原因は意志どうこうではなく、体の自然な反応によるものだったりもします。

というのも人間の食欲は以下2種類に分類できます↓

①恒常性食欲
⇒人体を正常に保つために食べる

②報酬系食欲
⇒快楽を得るために食べる

①はいわば普通の食欲ですが、ことダイエットにおいては②がやっかいに。

例えば、仕事で上司に怒られた日にプライベートでは友達と喧嘩したときをイメージしてみてください。それはそれはストレスを感じますよね?

カイ
カイ

となるとそんなストレスをいとも簡単に解消すべく、報酬系の食欲が働くことに。

そう、我々はコンビニスイーツを買いに行きジャンクフードをほおばり、早急に快楽を得ようとします。

そういった食品には、大量の砂糖や脂質が含まれ快楽ホルモンであるドーパミンの分泌を促しますので。

(そんな快楽を脳は覚えるため、糖質が過剰な食品や脂質が多く含まれる食品の中毒性はかなり懸念されています。ドラッグレベルと。)

ですからダイエットできない理由を自身の意志の弱さのせいにして、「自分は意志が弱いダメな人間だ」などと責めることはひとまずやめてください。

仕方ない面もありますので。

とはいえ「報酬系の食欲だから」と食欲に身を任せていては、もちろんダイエットは進みません。そこで冒頭のツイートのように、「日々のご褒美」を設けることが重要になってきます。

ダイエット中は意志に頼らず小さなご褒美をあてにする

「お菓子は2ヶ月先まで食べない」「ビールは10キロ痩せるまで我慢」と目標を立て実行できるなら誰も苦労しません。

(それができるならあなたは今この記事を読んでませんよね。)

ではどうすれば、意志が弱くともダイエットを継続できるのか?

そこで必要となるのが「毎日のご褒美」です。いわゆる嗜好品や余計なモノといってもいいでしょう。

ダイエットの根底はカロリー収支。ですからひとまず、摂取カロリーを抑え消費カロリー以下にさえしていれば痩せます。

なのでカロリー収支だけは押さえ、その中で余計なモノをあらかじめセットしておくと、ダイエットはスムーズに進みます。

・朝のあんぱん

・夜の缶ビール

・筋トレ前後の和菓子

(⇒ダイエット中のイライラ対策に便利な7つの食べ物【楽しく痩せる方法】

など、300kcal以下ほどで収まる程度の余分なものが毎日あるだけで、ダイエットの継続は一気に楽になるものです。

(余計なもののカロリーは自身のダイエット具合により調整。)

仮に毎日サラダチキンや糖質オフ麺に野菜ばっかり食べるみたいなダイエットでは、ストレスがたまり報酬系の食欲を誘発するきっかけにも。

カイ
カイ

ですから毎日「これを食べるためにがんばる!」と思えるモノを用意しておくのが吉。

意志が弱くとも誰でもダイエットはできる

上記が意志が弱くともダイエットを継続させるための秘訣になります。

ダイエットできる人は鋼の意志があるかと思いきや、意外とそんなことはありません。

ひとまずダイエットの基本的な理論を抑え、その中でストレスなく取り組めるよう工夫しているだけだったり。

僕も以下ツイートのように、小さな幸せを見いだすようにしてるから、太らず体脂肪率が低い状態を保ててます↓

仮に一切の嗜好品が禁じられたらダイエットは諦めます笑。他にも自炊にストレスを感じるときや同じようなダイエットメニューに飽きたときは、以下ヘルシー食品を食べたりも↓

筋肉食堂デリ
⇒年間26万人が利用するめちゃうまレストラン筋肉食堂の宅配バージョン
筋肉食堂デリの口コミはこちら

ダイエティシャン
⇒800万食も売れてるダイエットやボディメイク特化なヘルシーかつおいしい冷凍弁当
ダイエティシャンの口コミはこちら

カイ
カイ

そうして少しでもストレスを減らし、意志に頼らずともダイエットを継続しやすい習慣を作っていくのが吉。

そんなわけで、最後に本記事をまとめると以下のとおり↓

・食欲は意志の強さでどうにもならないときもある

・毎日なにかしらのご褒美(余分なもの)を決めておく

・ダイエット以外の日常のストレスもできる限り取り除く

以上【朗報】ダイエットは意志が弱くても大丈夫【継続するコツは日々のご褒美】でした。