ドリアンイェーツはミスターオリンピア6連覇【元ギャングで少年院も経験】

ドリアンイェーツ

ドリアンイェーツってボディビルダーが有名らしいけど、どんな筋トレとか食事してるんやろ?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、普段から海外のフィットネス情報にも目を向けています。

そこで今回は、「ドリアンイェーツがミスターオリンピアに至るまでの軌跡」について解説。

やはりチャンピオンはマインドがぶっ飛んでいた!?

では詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

ドリアンイェーツはこんな人

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dorian Yatesさん(@thedorianyates)がシェアした投稿

名前:Dorian Yates

身長:177.5㎝

体重:オフ120.2キロ オン115.7キロ

年齢:1962年生まれ(57歳)

職業:プロのボディビルダー、ジム経営

ドリアンイェーツと言えば、あのめちゃめちゃ分厚い背中が特徴の6回もミスターオリンピアに輝いている伝説のボディビルダーの1人。

またヘビーデューティートレーニングといって、強度をとことんまで高めたトレーニング方法で体を大きくしたことでも有名です。

(フィットネスドキュメンタリーであるジェネレーションアイアンにも出演↓)

筋トレ好きなら絶対に見るべき映画【ジェネレーションアイアンシリーズ】
思わず筋トレしたくなるような、筋トレのモチベーションがグッと上がるような映画が知りたい!というあなたへの記事になります。本記事ではフィットネス業界の裏側まで迫ってるドキュメンタリー映画ジェネレーションアイアンを解説。絶対に見て損はしない!

今回はそんな岩みたいな体をしたドリアンイェーツがどのようにして誕生したかについて迫っていきましょう。

ドリアンイェーツの若い頃

イングランドで生まれ育った彼はスポーツに興味を持つことなく成長。

その代わりといってはなんだが、幼いころから周りの悪い影響を受け非行に走るようになる。

16歳でギャングに入りその後、暴動に加入し逮捕されることに。

19歳で6ヶ月間の少年院での生活をも宣告された。

けれども彼はワークアウトを止めなかった。

(刑務所の中での生活)

すると自然とアスリートのような体に成長していくことに。

このことは収容者にも関わらず大きな評価を得ることに。

そう、パワーリフティングは彼を受け入れてくれたのだ。

その後もドリアンイェーツは筋肉を発達させていき、自身にフィットネスの素質があると気づいたそうな。

そして「出所してからは絶対に非行に走らない」と決意し21歳でジムに入会。

ドリアンイェーツの初コンテスト

ドリアンイェーツはボディビルダーとして大会に出ることを見据え厳しいトレーニングを積んだ。

そして迎えた22歳での初コンテスト。

新人戦でトロフィーを持って帰った。

でもこれで彼はより貪欲になっていったのだ。

その後はより大きな大会で有名どころがいる中で若干23歳で7位に輝く。

そして初のビッグコンテストで優勝。

でもこれが彼自身「もっと有名になる」と決意させるものでもあった。

ドリアンイェーツのプロ生活

2年後の26歳で、フィットネスに目覚めて5年目で彼は見事にプロになる。

ボディビルダーとしてプロになるという野望が満たされた瞬間だ。

だがこれはまだ始まりに過ぎなかった。

プロになってからはコンテスト出場より、大きな大会で勝つための体づくりにフォーカスした。

1990年にカムバックし、まだ名もなきボディビルダーだった彼は有名選手を破り2位になって業界に衝撃を与えた。

これでドリアンイェーツは業界で知られるようになり、「THESHADOW(ビッグコンテストで急に上位にあらわれるという意味)」のニックネームをゲット。

29歳で以前2位だったビッグコンテストに再挑戦しトロフィーを持って帰ることに。

その年にミスターオリンピアに初めて出場したが、リーヘイニーに負け2位に。

翌年30歳でミスターオリンピアという最大のコンテストで優勝した。

その後5年に渡ってドリアンイェーツは勝ち続けた。

そして1997年のミスターオリンピアを最後にケガのために引退せざるをえなくなった。

二頭筋と三頭筋を断裂していてもこの年のミスターオリンピアになったそうな。

もはや化け物なんですかね。

引退してからは、アパレルやサプリメントブランドを立ち上げたりしてビジネスに取り組んでいるみたいです。

とまあギャングからミスターオリンピアという絵に描いたような話ですね。

カイ
カイ

ケガをしててもコンテストで勝つとか、やはり「最後は気持ち」ということを教えてくれてます。

そんなわけで、ドリアンイェーツを見習って日々の体づくりと向き合っていきましょう。

では次にドリアンイェーツのトレーニングをチェック。

ドリアンイェーツの筋トレメニュー

ドリアンイェーツは1週間に4回トレーニングし、3日は体の回復や発達のためにジムには行きません。

また冒頭でも少し触れたように、彼のトレーニングはヘビーデューティーと言い1種目当たりアップを除き1セットしか行いません。

ですがそれだけその1セットは濃いものになります。

レストポーズやドロップセットなどのテクニックを使い限界まで追い込むやり方。

(そんなヘビーデューティートレーニングに関しては以下の記事で解説してます↓)

【地獄】ヘビーデューティートレーニングは1セットしか出来ないやり方!?
ヘビーデューティートレーニングってなに?筋肥大に効果的?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではヘビーデューティートレーニングのやり方やメニュー、メリットデメリットまで解説。たまには1セットしかできないトレーニングもあり。

そんな気になるメニューは以下のとおり。

ドリアンイェーツの肩、三頭、腹筋トレーニング

・スミスマシンショルダープレス

・ダンベルサイドレイズ

・ワンアームケーブルサイドレイズ

・ダンベルシュラッグ

・ケーブルプッシュダウン

・スカルクラッシャー

→それぞれ10回から12回のアップを2セット。のち8回から10回を1セット。

・ローマンチェアシットアップ

・クランチ

・リバースクランチ

→それぞれ20回を1セット。

※参考:サイドレイズのコツについて↓

【完全版】サイドレイズの7つのコツ【僧帽筋に入らないフォームとは】
「首のすぐ下の僧帽筋ばっかりきつくなる」「肩の筋肉に効いてる感覚がない」「次の日はいつも僧帽筋が筋肉痛になってる」といった感じでサイドレイズに悩まされてませんか?本記事ではそれらをすべて解決するサイドレイズのコツを解説。腕は上げるのではなく開く!?

ドリアンイェーツの背中トレーニング

・マシンプルオーバー

・ハンマープルダウン(ラットプルダウンでも可)

・リバースグリップハンマープルダウン

・ワンアームダンベルロウ

・ワイドグリップケーブルロウ

・デッドリフト

・バックエクステンション

→それぞれ10回から12回のアップを2セット。のち8回から10回を1セット。

※参考:ラットプルダウンについて↓

【保存版】ラットプルダウンの4つのコツ【広背筋を狙う際の姿勢の作り方】
ラットプルダウンのコツが知りたい!ラットプルダウンが背中に効いてる感覚がないなあ。という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではラットプルダウンのコツをいくつか解説。引き始める前にすることがありますよ。

※参考:デッドリフトについて徹底解説してます↓

【完全版】デッドリフトのフォームを徹底解説【もう腰が痛くならない】
デッドリフトの基本フォームが知りたいなあ。腰をケガしそうな気もするし、なんかしっくりこんなあデッドリフトって。というあなたへの記事になります。本記事では、デッドリフトの基本フォームからケガ防止の方法まで徹底的に解説してます。デッドリフトをやり込まずして筋トレは語れない!?

ドリアンイェーツの胸、二頭、腹筋トレーニング

・インクラインバーベルプレス

・チェストプレス

・デクラインベンチプレス

・インクラインダンベルフライ

・ケーブルクロスオーバー

・インクラインダンベルカール

・EZバーカール

・マシンプリ―チャーカール

→それぞれ10回から12回のアップを2セット。のち8回から10回を1セット。

※参考:ベンチプレスのコツについて↓

【経験談】ベンチプレス100kgを目指すためにやってた3つのこと
筋トレにおける目標の1つである、ベンチプレスを100kg挙げれるようにしたいけど何をしたらいい?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレ歴10年の筆者の経験談を元に、ベンチプレス100kg挙げるのに必要なことを解説。恐れず挑戦しよう。

※参考:チェストプレスについて↓

【やり方】チェストプレスが効きに効く2つのコツ【下半身から意識】
どこのジムでもおいてあるチェストプレスマシンの効果的なフォームが知りたい。なんかいつも肩や腕ばっかりがしんどい...というあなたへの記事になります。本記事ではチェストプレスのコツをわかりやすく解説。まずは下半身から順に固めていけばOK。これでもう肩が痛くなりません。

ドリアンイェーツの脚トレーニング

・レッグエクステンション

・レッグプレス

・ハックスクワット

・シーテッドレッグカール

→それぞれ12回から14回のアップを2セット。のち10回から12回を1セット。

(5分のインターバル後)

・スティフレッグデットリフト

・カーフプレス(3回レストポーズを行う)

→それぞれ10回から12回のアップを1セット。のち10回から12回を1セット。

※参考:カーフの効果的な鍛え方について↓

カーフの筋トレで意識したい3つのコツ【2種類の動きが必要】
カーフの筋トレで効果的なやり方はどんなん?てかカーフてそもそも太くなるもん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではカーフの構造に適したトレーニング方法を解説。ひとまずこれらを知っておけばカーフも大きくすることができます。

といった内容がドリアンイェーツのトレーニングになります。

ですがこのトレーニング方法は筋トレ初心者にはあまりおすすめできません。

というのもメインセットを1セットしか行わないのですが、その理由は1セットで限界まで力を出し切れることができるから。

ですが筋トレ初心者はなかなか肉体的限界を引き出すことができないので、結果として1セットでは刺激が弱すぎることになります。

なのである程度フォームや追い込み方を知ってから取り組むのが吉。
(⇒参考:まだ筋トレフォームの重要性を知らないの?【今すぐ改善すべき2つの理由】

「1セットだから楽」なんて思ってたら、そもそも筋トレに対する考え方を変えた方が良いかもです。

(以下ツイートにもあるように↓)

では最後にドリアンイェーツの食事をまとめておきます。

ドリアンイェーツの食事メニュー

彼は筋肉の合成を高めるために「脂質の少ないタンパク質、複合炭水化物、野菜」を2.3時間おきに食べるそうな。

そんなメニューはこちら↓

食事1:オートミール、卵白10個、プロテイン1スクープ

食事2:プロテイン

食事3:ポストワークアウトプロテイン

食事4:チキン、ポテトか白米、野菜

食事5:プロテイン

食事6:ステーキ340g、ポテトか白米、野菜

食事7:オートミール、卵白6、プロテイン1スクープ

(⇒参考:【最強】筋トレ民がオートミールを好む3つの理由【うまいレシピ有】

他のプロの選手に比べて、タンパク質の摂取をプロテインに頼っている印象。

カイグリーンフィルヒースは常に肉類を食べてますので。

また食事に関してプロの選手はそこまで大きな違いはないかと。

みな3時間おきに体に必要な栄養素を重視した食事をしています。

やはり筋肉をつけるにも体脂肪を落とすにも食事管理は避けて通れないのが現実。
(⇒参考:【勘違い】バルクアップは食べ過ぎも食べなさ過ぎもともに非効率

ぜひこういった食事メニューのポイントを真似してデカクなりましょう。

※参考:そんな筋肥大のための食事のポイントは、以下の記事で解説してます。

【保存版】筋トレは食事に効果を大きく左右される【重要度別5ステップ】
「筋トレ効果を高めるには食事が大事」って聞くけど、実際どういう感じの食事が良い?やっぱりプロテインとか飲んでささみとか食べるべき?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレにおける食事の優先順位を解説。まずはここだけ押さえとけば問題なし!

では、終わり😉

以上ドリアンイェーツはミスターオリンピア6連覇【元ギャングで少年院も経験】でした。

コメント