【レビュー】ダイマタイズのグルメチョコレート味【洗練された風味】

ダイマタイズグルメチョコレート

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、中学生のころから今までそれはそれは様々なプロテインを飲んできました。

そこで今回は、「ダイマタイズのグルメチョコレート味のプロテイン」をレビューしていきます。

そこまで甘味が強くなくてかつ成分も重視したい際にはもってこい。

では詳しくみてきましょう。

スポンサーリンク

【レビュー】ダイマタイズのグルメチョコレート味【洗練された風味】

アイハーブでチェック!

結論として、ダイマタイズのグルメチョコレート味はやや割高だとは思いますが、それ意外の点では問題ないプロテインと言えます。

そんなダイマタイズのプロテインを以下の項目に沿ってレビューしていきます。

✅味

✅泡立ちや溶けやすさ

✅成分

✅値段

では順にみていきましょう。

ダイマタイズのグルメチョコレート味とは

カイ
カイ

味に関してはグルメチョコレートとやや謎な表現ですよね笑。普通のチョコレートとちゃうんかい!といった具合に。

そんなグルメチョコレート味ですが、通常の海外のチョコレート味のプロテインより、甘さは控えめでややココア風味な印象がありました。

そして意外なことにやや塩っぽさを感じます。
塩キャラメルの塩の感じというか。

そんなわけで匂いは海外のプロテイン特有のあまーい感じですが、味はチョコレートのわりにあっさり。

これが「グルメ」なゆえんなんですかね。

ですからお菓子のような甘さを求めてるならそこまで強くはおススメしません。

ですが別にそこまで甘さを求めてないなら問題なく毎日でも飲みやすい味です。

(個人的には気持ち【Myprotein】のナチュラルチョコレート味の方がチョコの風味が強く好みですかね⇒【定番】マイプロテインのインパクトホエイをレビュー【結論、味による】

ダイマタイズの泡立ちや溶けやすさ

カイ
カイ

泡立ちや溶けやすさに関しては満点です。

僕は200mlに40gを溶かしてますが、一瞬で溶けるし泡立ちも全くありません。
もはや水のごとくです。

炭水化物の粉飴を混ぜても全く問題なく溶けます。

マイプロテインだとたまにややダマになることが多い味に出会ったりしますので、それが嫌ならダイマタイズは安心してシェイクできます。

(ちなみに粉はサラサラタイプ↓)

ダイマタイズグルメチョコレート

ダイマタイズのグルメチョコレートの成分

ダイマタイズのグルメチョコレート味の主な成分は以下のとおり。

・エネルギー
→120kcal

・タンパク質
→25g

・炭水化物
→2g

・脂質
→0.5g

(1杯32gあたり)

ダイマタイズのグルメチョコレート味はアイソレートタイプなので通常のホエイプロテイン(コンセントレートタイプ)に比べて炭水化物や脂質が極限まで低くなっています。

ですからまさにタンパク質を補うためだけのプロテイン。

またグルタミンも約5g含まれているので、疲労回復や筋肉の分解を抑制するには持ってこい。

ですがアイソレートタイプにしては、タンパク質の含有量が80%とやや少ない気もしなくはないですね。

この点ファインラボのアイソレートタイプだと、味にもよりますがタンパク質の含有量が90%近いプロテインもありますので。
(⇒参考:アイソレートのホエイプロテインならファインラボ【意外とコスパ良し】

とは言え、だからといって特に大きな問題ではありませんが。

ダイマタイズのホエイプロテインの値段

最後に気になる値段。

主な購入先は以下のとおり。

Amazon
→6180円

アイハーブ
→6098円

(約1.4キロ)

とまあAmazonでもアイハーブでも特に差はありません。

カイ
カイ

なんですけど、別にアイソレートタイプを選ばなくても通常のタイプのプロテイン(コンセントレートタイプ)で問題ないかと思うのが実際のところ。

参考までにダイマタイズの通常のタイプのプロテインの成分をまとめておくと以下のとおり。

アイハーブでチェック!

・エネルギー
→140kcal

・タンパク質
→25g

・炭水化物
→4g

・脂質
→2g

(1杯35gあたり)

値段は以下のとおり。

Amazon
→7460円

アイハーブ
→7420円

(約2.3キロ)

といったようにアイソレートタイプと通常のタイプでタンパク質の含有量にそこまで差はないにも関わらず、アイソレートタイプの方はかなり高め。

確かに通常のタイプのプロテインは炭水化物や脂質の量は多くなりますがたかが知れてます。

そんなわけで、何もアイソレートタイプを選ばなくても通常のタイプの方でも問題なし。

ただグルメチョコレート味を飲んでみたいならアイソレートタイプを選ぶ必要はありますが。

【まとめ】ダイマタイズのプロテインはアイソでもエリートでもOK

上記の内容がダイマタイズのホエイプロテインの概要と、そちらを飲んで僕が感じたことになります。

繰り返しになりますが、ダイマタイズはアイソ(アイソレートタイプ)でもエリート(コンセントレートタイプ)でも成分的にはそこまで差はありません。

カイ
カイ

僕はグルメチョコレート味が気になったから購入したものの、コスパを考えると通常のタイプの方(上記のエリート)でも良いかと思うのが正直なところ。

まあ味や使い勝手に満足してるので問題ないですが。

そんなわけでダイマタイズのグルメチョコレート味は、甘いばっかりのプロテインに飽きてきた時にぜひ試してみるのが吉。

アイハーブでチェック!

では、終わり😉

※参考:コスパ重視ならグロング↓

【コスパ神】グロングのホエイプロテインをレビュー 
筋トレ界隈では「プロテインは海外の方が安い」って聞くけどやっぱりなんか不安。それよりも、国産で安くてうまいプロテインはないかな? という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではグロングのプロテインをレビュー。買わない理由がないのがグロング!?

以上【レビュー】ダイマタイズのグルメチョコレート味【洗練された風味】でした。

コメント