【注意】ダイエットができない人の3つの特徴【固定概念を壊そう】

ダイエットできない人

こんにちはカイです!

 

体づくりを始めて10年ほどでコンテストでの優勝経験もあります。

 

カイ
カイ

いきなりですが今までいろんなダイエット方法を試してきたけどどれも失敗したし「もう今後はダイエットせんとこかなー」と諦めモードになってませんか?

 

もしそうだとしたらこの記事を最後まで読んでから諦めるかどうか決めてください!

 

考えてみてください。「なんで今までダイエットできなかったからって今後もできないと決めつけるのですか?」「将来が見えているのですか?」

 

そんなはずないですよね。

 

というわけで今回はダイエットできない人の特徴と解決策について解説していきます!

 

ダイエットできない理由がわかればその解決策を試せば成功に近づきますよね。シンプルにいきましょう!

 

では詳しくみていきます。

 

【注意】ダイエットができない人の3つの特徴【固定概念を壊そう】

結論としてダイエットできない人に共通する特徴は以下の3つ。

・固定概念に縛られている

・知識が不足している

・変なプライドを持っている

では順に解説していきます。

 

固定概念に縛られている

カイ
カイ

具体的に言うとまずは「ダイエット=修行」と思っていてそれゆえダイエットではあれも食べたらダメこれもダメと思いがちです汗っ。

 

ダイエットにおいてストレス(食欲)は最大の敵。仮にダイエットにストレスを感じないならばあなたも続けられると思いませんか?

 

「ダイエット=修行」と考えて取り組んでいるとストレスを感じる機会が増えます。

 

あれもこれもダメと自分自身を縛り付けることになってしまうので。

 

カイ
カイ

でも実際のところダイエット中でもお菓子も選べば食べれるし炭水化物だってある程度は食べることができます!

 

というか基本的には炭水化物をきちんと食べないとダイエットは成功しません。

 

(例外としてケトジェニックダイエットとかもありますが)

 

でも「ダイエット中に炭水化物は食べたらダメ!」と思い込んで過ごしているから体の変化もなくストレスばかりたまり結局ダイエット自体を諦めてしまうのです汗っ。

 

僕だって「炭水化物はゼロにしてタンパク質をメインにしてください!」なんて強制されれば2日で辞めます笑。

 

だって無理ですもん。もちろんストレスだって感じますよ。

 

なのでまずはあなたの固定概念を変えることが必要。

 

ダイエットは修行ではなく食事調整やライフスタイルの見直し程度に捉えておきましょ。

 

知識が不足している

カイ
カイ

そしてもう一つダイエットできない人には特徴がありそれは「圧倒的な知識の不足」!

 

言ってしまえば「知識」がある程度あればダイエットはそれだけ楽に取り組めるし様々な対処もできます。

 

でもダイエットできない人は知識がない(または誤って記憶している)のでダイエットがうまく進まなくなった時に対処できない。

 

カイ
カイ

ここでひとまずネットなどで調べればいいのにそもそも「ダイエット=修行」と思っているので対処法として「我慢」を選んでしまうのです。

 

自分は我慢が足りないと勝手に思い込んでしまうのです汗っ。

 

こうなってしまうともうどうしようもありません。食べる量を減らすことばかりをして代謝は下がりどんどんダイエットしにくい体になっていきます。

 

そういった意味で少しの知識を蓄えることがダイエット成功へのステップ。

 

また知識の蓄え方に関しても基本的に「~するだけ」「1分でオッケー」とかは疑うのが吉。

 

そんな楽ならダイエットできない人なんて生まれません。

 

(こちらのツイートも参考にどうぞ↓)

 

(✔ダイエットが絶対に成功するやり方であるカロリー計算を取り入れたダイエット方法については「【保存版】ダイエットのやり方【押さえておくべきたった2つのこと】」を参考にどうぞ)

 

変なプライドを持っている

カイ
カイ

最後の特徴として人から言われたことを素直に受け入れることができない傾向があります汗っ。

 

(一つ目の特徴ともややかぶる内容にはなります)

 

例えば「炭水化物を増やしてください」と勧めてもなかなか増やそうとしなかったり。「こういった運動をしてみてください」と勧めてもしなかったり。

 

何かと理由をつけてサボるというか他の意見を受け付けようとしない場合が多いです。

 

カイ
カイ

ですがそもそも自身のやり方で成果が出ないなら他の意見を試してみるのが手っ取り早いかとは思います。

 

とまあダイエットできない人の特徴を3つあげたのですがそれぞれ独立していることではありません。

 

「固定概念が強いから素直に人の意見を受け入れることができないし」「固定概念でダイエットを考えるから知識をつけようとしない」といったように全てつながっています!

 

なのでまずはシンプルに他の意見に耳を傾ける所からスタートしてみては!

 

カイ
カイ

ここでじゃあ逆にダイエットできる人はどんな感じなのか気になりませんか?

 

最後にダイエットできる人の特徴をサクッと見て終わりにします。

 

ダイエットができない人とできる人の違い【目標が明確】

ダイエットできる人の特徴は以下の2つ。

・目標設定が明確

・ダイエットを楽しんでいる

順にみていきます。

 

目標設定が明確

まずダイエットできる人は明確な目標を持ってダイエットしています。

 

「いついつまでにどういった体になって」「体重はこのぐらい落として」「ジムには週に何回行って」というように。

 

明確な目標があるからこそやるべきことが見えてきます!

 

これに比べてダイエットできない人は「夏までには痩せれたらいいかなあ」という具合に目標設定が曖昧だったり汗っ。

 

一見も目標があるように見えますが「夏っていつのこと?」「痩せるってどのくらい?」「どうやって?」などとツッコみどころ満載。

 

カイ
カイ

(ボケが多いってことです笑。)←は?

 

具体的な目標がないと何をしていいかがなかなか見えてこないのでダイエットの成果も出にくくなります。

 

例えば海外旅行に行くなら「ここで何食べて」「この店行って」「夜は何して」と具体的に計画を立てますよね?

 

これってその旅行を楽しみにしていて成功させたいと思っているからですよね?

 

これをダイエットに当てはめてみましょう。

 

すると具体的な計画を立てて実践しようとしますね。だから成功するのです!

 

具体的な計画も立てずにダラダラしていたら海外旅行も楽しくないし成功とは言えませんよね。(ダラダラするのが目的ならそれはそれでオッケー。)

 

今から夏に向けてやや具体的に計画してみましょ。

 

ダイエットを楽しんでいる

カイ
カイ

ダイエットできる人はダイエットの状況を楽しんでいます。

 

「これは食べれないけどこれをこれに変えて調理したらカロリーも抑えられて食べれる」「ジムはしんどいけど終わった後の達成感は気持ちいい」などとダイエットをプラスにとらえています。

 

これに対してダイエットできない人はダイエットのしんどい面ばかりに目が行きがち。

 

ダイエットが成功して理想の体になったのをイメージするのではなく。

 

こういったマイナスの気持ちが積み重なりストレスになり結果ダイエットをやめてしまうことが予想できます。

 

一生ダイエットするわけではないのでダイエットの状況を楽しむようにしましょ笑。

 

カイ
カイ

それにカロリー計算をしてダイエットが進みだすと意外と食欲より体を良くしたい欲の方が強くなり苦に感じにくいものですよ!

 

というのがダイエットできない人とできる人の違いになります。

 

ダイエットできない理由がわかればあとは一つずつ変えていくだけ。それぞれの特徴を見直してみては!

 

どうせなら楽しく、勢いでダイエットしちゃいましょ笑。

 

(こちらも参考にどうぞ↓)

 

以上【注意】ダイエットができない人の3つの特徴【固定概念を壊そう】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました