【大丈夫】ジムに行くのが恥ずかしいあなたへ【覚えておきたい4つのこと】

スポンサーリンク

ジムが恥ずかしい

ジムに行くのが恥ずかしいけど、どうすれば良い?

という悩みを持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

僕自身も初めてジムに入会した時は、周りにゴリゴリの人が多く自分の至らなさに、恥ずかしい思いをした記憶があります笑。

 

✔そこで今回は、ジムに行くのが恥ずかしいと感じる時の対処法について解説。

 

以下の内容を意識しておけば、恥ずかしさを緩和でき、快適なジムライフが送れるかと思います。

 

では詳しくみていきましょう。

 

【大丈夫】ジムに行くのが恥ずかしいあなたへ【覚えておきたい4つのこと】

結論として、ジムに行くのが恥ずかしいあなたにおススメの行動は以下のとおり。

✅ジム内では周りはあなたを見てないことを認識しておく

✅みな初心者だから恥ずかしくなんかない

✅筋トレフォームを知っておく

✅パーソナルジムも検討する

では順に解説していきます。

 

ジム内では周りはあなたを見てないことを認識しておく

ジムに通って筋トレや有酸素運動などをする際に「恥ずかしい」と感じる原因のほとんどが、「他人にどうこう思われてるんじゃないか」といった心配から来るのではないでしょうか?

 

ガリガリと思われてる、デブと思われてる、などといったように。

 

カイ
カイ

ですがはっきり言っておくと、仮にあなたの体型が一般的に優れてなかったとしても、誰もあなたのことは見てません!

 

ジムにいる他の会員さんは別にあなたに注目していません。
(仮にジムに毎日のように行こうが)

 

ジムなんてみなさん自分の体を少しでも良くしたい(自身の判断基準でカッコいい体を目指してる)から来てるのであって、言い換えると自分自身にしか興味がありません笑。

 

鏡の前でポージングしている人も、誰かにドやるためにしてるのではなく、頑張ってる自分を褒めてたり自身の成長の具合を確認しているだけです。
(こう言うから、そういった方々がナルシスト扱いされるのかもですが笑)

 

✔実際みなさんジムで人への興味なんかより、筋トレしてる自分に夢中です。

 

そういった意味で、あなたが持っている体型に関する劣等感から来る「恥ずかしさ」なんてのは、勘違いに過ぎません!

 

自分自身で勝手に見られてると思い込んでいるだけです。

 

ですから、ジムに行くのに恥ずかしさなんて持たずに、好きなようにトレーニングすればオッケー。

 

(余談:ジムに限らず人の目を気にしてばかりいると、本当にあなた自身が「したいこと」や「やりたいこと」ができず、窮屈な日々を送らざるを得ないことも汗っ。そういった際の解決策について、以下の本で丁寧にわかりやすく書かれてます。個人的には、「こうもしっくりくるモノの捉え方があるんだなあ」と関心した記憶があります。心のつっかえを取るには、読んでおいた方が良い一冊↓)


Amazonでチェック!

※0円で読み聞かせてもらえる!
以下Amazonのaudible機能を使えば、初めの1冊に限り「無料」でプロの朗読家が読み聞かせてくれます。それゆえ通勤のお供にも便利!本を買い読むのが面倒な場合は、すき間時間でサクッと聞いちゃいましょう↓(タダで聞いた後に30日以内に解約すればOK。)

 

みな初心者だから恥ずかしくなんかない

何事もそうですが、物事を始める際はみなド素人からスタートします。
ジムでの筋トレだってもちろん例外ではありません。

 

カイ
カイ

「ジムに入会して1年後も継続してる人はわずか4%」なんて話があったりします。

 

こういったことからもわかるように、ジムにいる方々のほとんどが初心者。
(1年もせずにやめて、また夏前になると入会してを繰り返したりするパターンも。これでは体づくりも上達しにくく、ずっと初心者のような期間が続くことに。)

 

言い換えると、ジムに慣れてないあなたと特に変わりません。

 

こういった面からも、ジムでのトレーニングに敷居を高く感じる必要もなく、伸び伸びと自身のペースで取り組んでいけば問題なし!

 

※参考:筋トレペースについての話を、以下でしてます↓

【安心】筋トレのペースなんて週1でもOK【継続を重視/ボチボチいこうて話】
筋トレは楽しく継続できてますか?そうでないならやや考え方を見直してみるのが吉。本記事では長く筋トレを継続するためにどういったペースで体づくりと向き合っていくと良いかを解説。最も重視すべき所は継続!

 

筋トレフォームを知っておく

カイ
カイ

ジムが恥ずかしいと感じる原因に「何をして良いかわからないから」ということがあったりもしませんか?

 

ジムに慣れてない感じを悟られたくないといった感じで。
(先ほど同様に、周りは特にあなたを見てません。)

 

そういった不安を解消するために、体づくりに関する知識を多少はつけておくのが吉。

 

マシンの使い方やフリーウエイトの基本フォーム、体を変えるのに効果的な食事内容についてなど。

 

そういった基礎の部分だけでも知っておくことで、自身の行動に自信を持つことができ、ジムでも胸を張って快適に過ごせるようになるかと思います。

 

そんな体づくりに関する基本は以下の記事でゼロから解説してますので、参考にどうぞ↓

【永久保存版】筋トレ初心者のための指南書~ゼロから始める体づくり~
体づくりを「完全に0から始める」あなたへのガイドブック!本記事では半年に渡って取り組んでおくと良いことを余すところなく解説してます。順に進めていくことで確実に体は大きく変化します!

 

パーソナルジムも検討する

上記の内容を意識しても、なおジムに行くのが恥ずかしいと感じる場合は、パーソナルジムへの入会を検討するのもあり。

 

パーソナルジムでのトレーニングだと、基本的にトレーナーの方と一対一でのトレーニングになるので、周りの目が気になるなんてことはありません。

 

加えて、筋トレフォームや食事管理に関してもアドバイスがもらえるので、体づくりに関して適切な知識をつけることが可能。

 

それらのアドバイスを忠実に実践すれば、通常よりかなり早いスピードでの体の変化を体感することにもなります。

 

カイ
カイ

ですから、ひとまずパーソナルジムで数か月ほどトレーニングして、体づくりの基本を習得するのもありかと思います。

 

それから通常の24時間ジムなどに入会するといった流れで。

 

✔こうすることで、すでに基礎筋力や取り組み方が身についているので、ジムでも1人で問題なくトレーニングすることができますよね。
(ずっとパーソナルジムに通い続けるのはコストもかかりますし汗っ。)

 

そんなわけで、ひとまずパーソナルジムを練習として活用してみては!

 

以下サイトで、あなたに合ったパーソナルジムをサクッと見つけることができます。
パーソナルジムの口コミ比較サイト【GYME】

【まとめ】ジムで人の目を気にする必要なし

上記の内容が、ジムに行くのが恥ずかしいと感じるあなたに意識してみてほしいことになります。

 

繰り返しになりますが、ジムでの筋トレだけに限った話ではないと思いますが、他人の目を気にして自身の行動を抑えることはかなりもったいないことかと。

 

だって自分は「やりたい!」と思っている素直な気持ちを、全く関係ない他者に左右されているのですから。

 

それも冒頭で触れたようにたいていは自身で作りだした思い込みによって。

 

カイ
カイ

そんなわけで、ジム内であなたを見てるのはあなたしかいません。

 

ですから本記事をきっかけに周りの目を気にせず、自信を持ってジムライフを送っていってください!

 

では、終わります😉

 

※参考:コンプレックスの捉え方について、以下で解説してます↓

【希望】コンプレックスを今すぐ解消するために必要な3つのこと
コンプレックスの解消法は?コンプレックスとはどう向き合えば良い?というあなたへの記事になります。本記事では専門家でもない一般人の僕が考えるコンプレックスの解消法を解説。考えすぎても良い事ないかも。

 

以上【大丈夫】ジムに行くのが恥ずかしいあなたへ【覚えておきたい4つのこと】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました