当サイトはプロモーションを含みます

筋トレはジムと自宅どっちがいい?ジムに行った方がいい理由とは

著者情報
カイ

筋トレ歴10年で、ボディビルやフィジークのコンテストでの優勝経験あり。ゆえに正しい筋トレ方法やダイエット方法を熟知。当サイトではそんな筆者が、適切な筋トレ方法やダイエット方法を解説してます。専門性を持ってすべての記事を執筆しています。

↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓

筋トレ自宅ジムどっち

あなたは筋トレしてお腹が引き締まり、垂れたお尻が上向きになるならワクワクしませんか?

そんな締まった体型に自信すら芽生えませんか?

とはいえジムに行くとお金もかかるし、
わざわざ行かなくても自宅で筋トレすれば良いなんて思ってませんか?

本記事では、そんなあなたに向けて筋トレ歴10年の筆者が「筋トレはジムと自宅どっちが効果的か」を解説しています。

結論、筋トレ効果を高め着実に体型を変えたいのであれば、やはり以下のような定番ジムを利用しましょう。

  • チョコザップ
    ⇒筋トレマシン以外も充実の24時間365日ずっと使い放題のコンビニジム
  • ティップネス
    ⇒ジムに加えサウナやプールもある定番の大型スポーツジム

自宅トレーニングでは思った効果が得られず挫折するリスクが大きいですので。

筋トレはジムと自宅どっちがいい?ジムに行った方がいい理由とは

筋トレ自宅ジムどっち

繰り返しますが、筋トレ効果をきちんと体感したいのであれば、筋トレはジムで行うのが吉。

その理由は以下2つ↓

  • 自宅では設備が限られる
  • ジムに行くとモチベが上がる

では順にみていきます。

自宅トレは設備が限られる

はじめに、あなたが筋トレする目的はなんですか?

「筋肉をつけ誰しも憧れるカッコいい体型になりたい」「腹筋を割りたい」「代謝を上げお腹まわりを引き締めたい」などではないでしょうか?

もちろん筋トレする目的は人それぞれですが、大きく以下3つに分類できると思われます↓

  • 筋肉をつけたい
  • ダイエットしたい
  • 運動習慣をつけたい

仮にダイエット目的のジムであれば筋トレは必須ではないので、
自宅での軽い筋トレでも食事管理さえできていれば目標を達成できる場合もあります。

運動不足の解消に関しても、まずは自宅での筋トレから始めても問題ないでしょう。

(どちらもモチベーションが続くならの話ではありますが。)

自宅トレなら好きな格好で移動することもなく、今この瞬間に始められますし。

カイ
カイ

ですが少しでも「筋肉をつけるために」筋トレする場合は話が変わります。筋肉をつけるには徐々に筋トレの負荷を高めていくことが欠かせませんので。

仮に自宅で腕立て伏せをしていても、20回以上できるような負荷ではそれ以上の筋トレ効果は見込めません。

(女性ならそもそも腕立て伏せができないパターンも。)

加えてジムのような筋トレマシンやダンベルがないからと、いつまでも同じ重さのダンベルや同じメニューでトレーニングしていてもこれまた筋肉はつきません

ですがジムなら筋トレマシンが自由に使えるので常に負荷を増やすことができ、最大限の筋トレ効果を得られます。

(女性で自宅での腕立て伏せは無理でも、ジムなら負荷の弱いマシンから始められる。)

そういった意味で、筋トレ効果を高めたいのであればやはりジムを利用するに限ります。

ちなみに筆者も筋トレを始めたころは学生だったのもあり、ジムではなく自宅でトレーニングしてました。

カイ
カイ

ですが今になって思うと、早くからジムに行き自宅では生み出せない負荷をかけていれば体の変化はずっと早かっただろうなと。ダイエット的にも筋肥大的にも。

ジムに行くとモチベーションが上がる

自宅での筋トレはダンベルはじめ器具を買えばもちろんお金はかかりますが、ジムのように月会費がかかるなんてことはありません。

それゆえ今この瞬間から始めることもできます。

ですが先ほども触れたように、あなたが筋トレする目的はなんですか?

筋肉をつけるためであれダイエットのためであれ、自宅で継続できますか?

仕事で疲れて帰り、ソファで一服してからわざわざスクワットしたりダンベルを握ろうと思いますか?

やはり一度ソファに腰かけると、筋トレを始めるのはそう簡単ではありません。
カイ
カイ

ですがジムならどうでしょう?ひとたびジムの扉を開くと、仕事帰りの方や仕事前の会員さんなどみなさん熱心にトレーニングされてます。そんな様子を見ると自然とやる気も出てくるものです。

といったようにジムでの筋トレの場合モチベーションを維持しやすく、結果として体型の変化も加速します。

いくら家トレが便利と言え、きちんと継続できなければもちろん体型の変化には至りません。

そこで以下のような24時間ジムなら好きなときに好きなだけ適切な筋トレができるので、体型の変化を得るには効果的↓

  • チョコザップ
    ⇒月額2980円(税込3278円)で24時間365日ずっと使えるコンビニジム
  • ティップネス
    ⇒サウナやプールもある定番のスポーツジム

自宅トレの方がジムより優れている点

筋トレ効果を第一に考えるとジムに行く方が優れているのは確かです。

とはいえ、ジムに行くと以下2つの点が気になることも↓

  • 恥ずかしい
    ⇒ジムでは様々な人が運動しているため
  • お金がかかる
    ⇒ジムは月会費または都度払い料金が発生

自宅なら好きなときに好きな格好で自由にトレーニングできますが、ジムならさすがにパジャマでは行けないし、月会費もかかります。

ですから筋トレ効果を最優先しないのであれば、自宅トレの方が優れていると考えることもできます。

なので仮に人の目は気になるけど、筋トレ効果を最大化したい場合は自宅トレを継続するのが吉。

※補足:ライザップが作ったコンビニジムチョコザップなら、初心者に特化した設備や雰囲気ゆえ全くの素人でも気軽に利用できます。

筋トレは自宅よりジムに行った方がいい:まとめ

一般的な24時間ジムだと、月に約7000円ほどかかります。

それでいてすでに解説したように、筋肉をつけるにもダイエットするにも効果的。

ですが自宅ならモチベーションが保てず挫折。

仮に家トレをがんばろうとダンベルやサプリメントなどを購入したなら、時間や労力に加えお金まで損することになります。

そう、結局コスパが悪いと言えます自宅での筋トレは。

それなら月会費をかけてでもジムで筋トレし、確かな効果を得る方が良いのは言うまでもありませんよね?

仮にチョコザップなら月会費たった2980円(税込3278円)で、24時間365日ずっと使い放題ですしなおさら。

カイ
カイ

体型やライフスタイルが変われば、今より自信が持ててより人生が充実するのは確か。そんな日常をさっそくジムでの筋トレをきっかけに手に入れましょう。

以上「筋トレはジムと自宅どっちがいい?ジムに行った方がいい理由とは」でした。

そのフォーム大丈夫?
効いてるかわからない背中トレ。腕が疲れる胸トレ。僧帽筋がしんどくなる肩トレ。そんな日頃のトレーニングが、狙った所にバチバチ効いてパンパンにパンプすればどうでしょう?筋トレが何倍も楽しくなり筋肥大も一気に加速します。そんなフォームを徹底解説してます。
効果

【下部ボタンからシェア大歓迎】今後の記事執筆の参考にもなりますので、記事を読んだ感想をTwitterはじめSNSでシェアしてくださると嬉しいです!

↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
FITNESS-FREAK