【実在】ジムでのNGマナー5選【これだけはやめてくれよー笑】

ジムマナー

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

そんなわけでジム歴も8年ほど。
今までいろんなジムで筋トレしてきました。

 

✔そこで今回は、様々なジムで見てきた「これはちょっとなあ…」というジムマナーについて解説。

 

本記事で紹介するマナーぐらいは意識して、お互い気持ち良く筋トレしていきましょう!

 

では詳しくみていきます。

 

スポンサーリンク

【実在】ジムでのNGマナー5選【これだけはやめてくれよー笑】

結論として、ジムでのNGマナーは以下のとおり。

✅ラックの中でシャドーボクシング

✅インターバル長すぎ問題

✅ジムの器具の使い方がテキトー過ぎる

✅ジム内での距離感がおかしい

✅どこのジムにも現れる過去の栄光おじさん

では順に解説していきます。

 

ラックの中でシャドーボクシング

もうね、どこのジムに行ってもいるんです、パワーラックの中でシャドーボクシングしてる人。

 

もちろんシャドーボクシングをジム内ですることは問題ありません。

 

ただ、パワーラック(四角の枠で囲まれたスクワットとかする器具)の中でするのはマナーとしていかがなものかと。

 

カイ
カイ

別にわざわざパワーラック内でシャドーボクシングを行う必要は基本的にないと思うんです。

 

それにパワーラックはベンチプレスやデッドリフトなどで、多くの方が使いたい器具トップ3に入るほど。
そんな器具を、そもそもその器具を必要としないトレーニングに使うのはNGです汗っ。

 

(以下のツイートのようにも↓)

 

インターバル長すぎ問題

筋トレは1セットごとにインターバルを取るのが通常。

 

カイ
カイ

ですがだからといって1セットごとに5分も10分もインターバルを取って、そのマシンを何十分も占領するのはマナー的にいかがかと。

 

仮に5セット行うなら30分ほどそのマシンを他の人が使うことが出来なくなるわけで。

 

もちろんどのマシンをどれだけ使おうが規約違反なんてことはないです。

 

ですが、ジム内のマシンは全て会員さんみな平等に使う権利はあるので、あまりに長時間に渡って使用するのはNG。

 

仮にずっと使うのであれば、使いたいそぶりの人と交代で使用したりするのが良いかと思います。

 

また最近は、インターバル中にスマホをいじりセット間のインターバルを取るパターンもそうですが、もはやただの休憩をマシンに座って行うような方もいたり汗っ。

 

仮にスマホをずっといじるなら隅っこにあったりするイスなどに座って行うのが吉。
無駄にマシンを占領しないでください。

 

※参考:適切なインターバルについては、以下の記事をチェック↓

筋トレのインターバルの決め方【効果を引き出す3つのパターン】
筋トレのインターバルはどのくらい取ればいい?1分とかが効果的?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレにおける効果的なインターバルについて目的別に解説。1分だと返って逆効果かも!?

 

ジムの器具の使い方がテキトー過ぎる

こちらは昔からずっと見かける風景です汗っ。

 

✔マシンを過度に振り上げたかと思ったら、勢いよく戻してガシャンガシャン言わせるパターン。

 

もちろんマシンはその程度で壊れたりはしないですがシンプルに騒音につながります。
(普通に動作してて出る音はもちろん問題なし)

 

カイ
カイ

それに筋肉への刺激という点から考えてもマシンをガシャンするのはNG。

 

というのもマシンがガシャンとなる瞬間は、ウエイトによる負荷が狙った筋肉から抜けることになります。

 

戻す際も勢いよく戻すということは、挙げきった所で筋肉から力が抜けて負荷が抜けた状態で動作してることに。

 

これでは筋肉への刺激は弱くなり筋肥大が遠のく場合もあります。

 

ですからマシンは上にも下にもガシャンとなる手前で動作し続けるのが効果的!

 

加えて当たり前ですが、使い終わった器具はサッとでも良いので汗を振り取りましょう。
次に使う人が気持ちよく使えるように。

 

※参考:マシンとフリーウエイトの違いを知っておくと、より効果的な筋トレができます↓

【比較】フリーウエイトとマシントレーニングはたまたケーブルの違い
筋トレで言うフリーウエイトってなに?マシントレーニングとどう違うん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではフリーウエイト、マシン、ケーブルの違いを解説。知っておくとより効果的な筋トレが出来ますよ。

 

ジム内での距離感がおかしい

こちらはたまに遭遇するのですが、やたらと近くでトレーニングし出すパターン。

 

当たり前ですが筋トレは腕を大きく動かす行為がほとんど。
なのに動作してる人の近くで違う動作をし出すと接触してケガにつながることもあります。

 

ですから仮にサイドレイズしている人がいるなら、その人が腕を伸ばしきった所からきちんと距離を取ってください。

 

カイ
カイ

あまりに近いと危ないだけでなくトレーニングに集中できない場合もあるので過度に近づかないようにしてください笑。

 

どこのジムにも現れる過去の栄光おじさん

これは割と多かったり。

 

そのジムに長きに渡って通っていたり、昔は少し筋トレに熱中してた時期があるおじさんがやたらとフォームなどについて教えてくるパターン。

(僕はよく遭遇してました汗っ。)

 

確かに中には適切なアドバイスをくれる方もおられるのですが、たいていはお世辞にも効果的と言えない情報ばかり強要してきます。

 

カイ
カイ

そういった過去の栄光おじさんの多くは「重たいモノを持て」ばかり言ってきます。

 

もちろん筋肥大には扱う重量のアップは欠かせません。
ですが過度なウエイトをただ動かすだけでは待ってるのはケガ汗っ。

 

そういった意味で、やたらと人に根拠ないアドバイスばかりするのはマナーとしてNGですね。

 

仮にそういうおじさんに出会ったらあまり耳を貸さない方が良いかと思います。
ケガでもしたらしゃれにならないので。

 

※参考:筋トレを成功に導く手順↓

筋トレ成功の3ステップ【ひとまずやる/知識をつける/継続する】
最近は筋トレを難しく感じさせるような内容のメディアが多いように感じます。ですが実は筋トレで効果を出すにはたっ3つのステップだけ!本記事では筋トレ成功のための手順を解説。シンプルイズベストでいきましょう。

 

【まとめ】ジムマナーを意識してみんなが快適なトレーニングを

上記の内容が、ジムでありがちなNGマナーになります。

 

そんなわけでジムで筋トレしてると、マナーがちょっとおかしい人はわりといたりするのが現実。
(まあマナーなんで上記の内容はあくまで僕の指標で判断したものではありますが)

 

ジムでの筋トレなんて、みなが好き好んで行っているであろう趣味の1つなので、みなが快適にトレーニングできるように、最低限の気づかいは必要かと思います。

(マナーが悪い人がいるからジムに行かなくなる、なんて話はあってはならないかと)

 

その最低限として、ジム内では上記のマナーを意識しておくのが良いかと。

 

では、終わり😉

 

※参考:筋トレのNG動作について、以下で解説してます↓

【それNG】筋トレ初心者がやりがちなおススメできない5つの行動
筋トレでやってはいけないことは?どんなやり方がNG?本記事はそういった疑問を持つあなたへの記事になります。記事内では筋トレ初心者がやりがちなNG行動を解説。効果的な筋トレ方法は実際のところイメージと違う点も多かったり。

 

以上【実在】ジムでのNGマナー5選【これだけはやめてくれよー笑】でした。

コメント