ダイエット中のイライラ対策に便利な7つの食べ物【楽しく痩せる方法】

ダイエットイライラ対策

ダイエットしてるから好きなもの食べれなくてイライラする。

でも高カロリーなもの食べたら太るかもしれない。

でも食べたい。。

もう、ダイエット中にイライラする時はどうしたら良いの?

と、ダイエット中の食へのストレスを抱えているあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで毎年10キロ近くダイエットしてますが、もちろん時にイライラすることもあります。

ですがそこで暴飲暴食に走っていてはもちろんダイエットはうまくいきません。

そこで意識したいことは、カロリーオフ食品などをうまく使い少しでも食を楽しむことです。

そこで今回は、今まで何度もダイエットしてきた僕が選ぶ「ダイエット中のイライラ対策に使えるヘルシーな食べ物」について解説。

まずは摂取カロリーを気にする前に、普段から食べるものの内容を変えていく方がよりストレスなくダイエットを進めていけるかと思います。

(以下ツイートにもあるように↓)

その際に以下の食品が効果的。

ダイエット中のイライラ対策に便利な7つの食べ物

結論として、ダイエット中のイライラ対策に使えるヘルシーな食品は以下のとおり↓

・カロリー50%オフジャワカレー

・オイコス

・SUNAO

・ゼロカロリーシロップ

・玄米トースト

・ベースブレッド

・ダイエティシャン

では順にみていきます。

カロリー50%オフジャワカレー


Amazonでチェック!

こちらはなかなかの優れもの。

通常カレーというと脂質がかなり多く含まれる食べ物。

ですがこちらは通常のカレールーの半分のカロリーとなってます。

1回あたりたったの53kcalで脂質が約2gで炭水化物が約9g。

これならダイエット中でも気にせずカレーを食べることができます。

カイ
カイ

個人的に便利と感じるのはカレールーが粉末になってる点。

粉末なので食材を炒めて振りかけるだけで簡単にドライカレー風にもなるのが嬉しいところ↓

通常のカレーにするにもすぐ溶けるので自炊時も苦になりません。

オイコス


楽天でチェック!

こちらは高タンパク質なヨーグルト。

いろんな味があるので飽きがこない点も良いですね。

基本的にタンパク質が約10gで脂質はゼロ。

まさにパワーフードとなってます。

ダイエットする上で代謝を維持する意味でも筋肉の材料となるタンパク質の摂取は欠かせませんが、肉や魚ばかり食べるのが苦に感じる場合はオイコスを使うのもアリ。

パンケーキを作ってトッピングとして使うのもあり↓




プロテインパンケーキをチェック!

ドンキやコストコだと、より安く売られている場合があるので足を運んだ際はチェックです。

低カロリーアイスSUNAO


Amazonでチェック!

こちらのシリーズはアイスとクッキーがあります。

どちらも味はヘルシーな感じがなく市販のものとそこまで変わらず食べれます。

ですがアイスに関してはやや小さいので物足りない感じがあったり。

(100kcal前後でクッキーが150kcal前後)

ですが、やや脂質(炭水化物も)が高かったりするのであなたの必要量に合わせて食べる量を調整する必要はあります。

毎日のように食べるってよりはややご褒美のような位置づけが良いかと。筋トレした日だけ食べるとか。

また先ほどのパンケーキにトッピングするのもあり。

(アイスの方は僕もわりと食べてます↓)

※参考:シャトレーゼの糖質オフアイスも優秀です↓

シャトレーゼの糖質オフアイスはダイエットにおすすめ?太る?
シャトレーゼの糖質オフ系のスイーツはダイエット中に食べてもOK?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではシャトレーゼの糖質オフスイーツを全種類レビューするとともに、ダイエットの本質についても解説。甘いものを食べつつでもダイエットはできます!

ゼロカロリーシロップ


Amazonでチェック!

こちらは海外のゼロカロリーシロップになります。

やはりダイエットするとなると、満足のいく甘味とやや距離を置くことが必要だったりします。

そんな時に使えるのがこちらのシロップ。

ゼロカロリーのくせにちゃんと甘いです。

カイ
カイ

なのでこのシロップを先ほどのオイコスにかけたり、パンケーキの上からかけるとかなり良い感じのスイーツに。

ですが真面目な話をすると、パッケージ通りの味かと言うとやや風味が違うかなと。

なので確かに甘いですがそこまで期待しすぎないのが吉。

玄米トースト


Amazonでチェック!

こちらは玄米をトーストっぽくしたものになります。

玄米というと白米より血糖値が上がりにくくダイエットにも向いてると言われるもの。

ですが炊くのにやや手間がかかったり。

そんな時に使えるのが玄米トースト。

一枚あたりたったの36kcal。

カイ
カイ

こちらにサーモンやカッテージチーズなんかをトッピングすると一気におしゃれなヘルシー食品になります。

また汁物やスープに入れるのもあり。

個人的には、毎日の白米やダイエット中の定番であるオートミールに飽きた時のためにストックしています。

ベースブレッド

BASE FOOD(ベースフード)
ベースブレッド公式サイトはこちら

こちらは以下テレビCMにもなるほど、ここ数年で売れに売れてるヘルシーなパンその名も「ベースブレッド」。

カイ
カイ

「これ1食で忙しい人でも1日に必要な栄養素の多くをカバーできるように」といったコンセプトで作られた最強のパンになります。

具体的には、タンパク質をはじめ食物繊維やビタミンミネラルといったダイエットはじめ体づくりに必須な栄養素をふんだんに含んでいます。

ですからダイエット中に美味しいパンが食べたい時や、自炊がめんどうな時、はたまた職場にヘルシーな弁当を持参するのが恥ずかしい時には大活躍。

(僕もよく食べます↓)

※参考:そんなベースブレッドは以下で徹底レビューしてます↓

ベースブレッドで太るは嘘【痩せる食べ方をダイエットのプロが解説】
「ベースブレッドがダイエットに効果的て耳にしたけど、その反面ベースブレッドは太るなんて噂も聞くけど実際どうなんやろ?」という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では完全栄養の主食であるベースブレッドのダイエット効果について徹底解説。

※参考:ベースブレッドに「カフェテイン」を合わせると、ダイエット中でも毎日カフェ気分を味わえ楽しく痩せれます↓

カフェテインは効果あり?【ダイエット中に毎朝カフェ気分を味わう方法】
ダイエットを決意し食欲を我慢する日々。そんな中、朝一に香り引き立つおいしいコーヒーとフワッフワッなおいしいパンが食べれたらどうでしょう?まるで透き通った天気のいい日曜日の朝に、木々と鳥のさえずりに囲まれた木造作りのおしゃれなカフェでモーニングを過ごすかのように。それを可能にするのがカフェテイン。

ダイエティシャン


ダイエティシャン公式はこちら

こちらは言わずと知れたダイエッターや筋トレ民に人気な、体づくりに適したヘルシーフードが宅配で届くサービス。

ダイエットするにはカロリー計算が必須で、そのためにはどうしても自炊が必要になります。

カイ
カイ

とは言え、わざわざ食材の重さを図り自身に合った量を食べ続けるのは、なんともめんどうですよね?

他には味気ないものを食べたりも辛いですよね。。

そこでダイエティシャンでは、40種のラインナップから届く弁当だけを食べ続けていれば痩せるとも言えるほど、適切なカロリー設定と飽きないおいしい味のものを提供しています。

なので以下ツイートにもあるように、ダイエットと言えイライラせず楽しく取り組みたい場合は効果抜群↓

※参考:ダイエティシャンの実食レビューもチェック↓

【レビュー】ダイエティシャン(Dietician)の口コミは本当か検証してみた
ダイエットやボディメイク成功に食事管理は欠かせない。でも自炊はめんどうかつ味気ないものを食べ続けるのはストレス。そんなあなたこそダイエティシャンを活用するのが吉。本記事ではダイエティシャンの口コミが本当か、実食しつつレポートしてみました。

【まとめ】ダイエット中でも食を楽しむことが最もなイライラ対策

上記の内容が、ダイエット中のイライラ対策に使えるヘルシー食品になります。

ダイエットするにはもちろん食事管理が欠かせませんが、上記の食べ物をうまく活用して楽しく進めていくのが吉。

「ダイエット中だから。。」と制限ばかりするのではなく、やはり限られた環境でも最大限に食を楽しむことがダイエット継続のコツかと思います。

(⇒参考:【秘訣】ダイエット成功者の4つの共通点【なぜあの人は痩せれるのか】

そんなわけで、上記の食品をキッチンにストックしてもうイライラとはおさらば。

では、終わり😉

以上ダイエット中のイライラ対策に便利な7つの食べ物【楽しく痩せる方法】でした。