ジェイカトラーの胸トレを解説してみた「テンポが一定でキレイなフォーム」

スポンサーリンク

ジェイカトラー

筋肉万太郎
筋肉万太郎

ジェイカトラーの胸トレーニングはどんなん?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験もあります。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

✔そんなわけで今回は、以下のジェイカトラーの胸のトレーニングを僕の視点で解説していこうと思います。

 

ジェイカトラー選手はミスターオリンピアを何度も優勝している偉大なボディビルダーでもあるのでぜひあなたの胸トレーニングの参考にしてみてください!

 

意外と、簡単と軽視しがちな胸ですが、今までのトレーニングを見直すきっかけになるかもしれませんよ。

 

では詳しく見ていきます。

 

ジェイカトラーの胸トレを解説「テンポが一定でキレイなフォーム」

今回シェアする動画内のメニューは以下のとおり。

・インクラインダンベルプレス

・ハンマーチェストプレス

・インクラインダンベルフライ

・ケーブルチェストフライ

・ディップス

 

インクラインダンベルプレス

ジェイカトラー

カイ
カイ

「とにかくキレイなフォーム」というのが印象的。

 

肘や腕の角度が動作中に一切ブレないですね。
常に胸を張って肩が下がった状態も同じくズレません。

 

ダンベルも上げ過ぎず常に負荷が抜けない位置で動作しています。

 

肘は真横に開いてプレスしているように見えます。
これに関してはやりやすい方で良いかとは思います。

 

筋肉の流れ的には、やや脇を閉じた方がより上部に刺激を感じやすかったりはします。
(肩関節への負担も少ない)

 

(こちらの動画も参考にどうぞ↓)

 

ハンマーチェストプレス

ジェイカトラー

ジェイカトラー氏はこれに関しては、スミスマシンやダンベルや色々なバリエーションで行うそう。

 

この日はたまたまハンマーチェストプレスなだけ。
狙いは中部かと。

 

フォーストレップを入れつつ20レップ近く動作していますね。

 

カイ
カイ

これまた腕の角度がバッチリ!

 

押しきっても肩甲骨が動かないなら良いとは思いますが、よくあるのが押しきったと同時に肩が前に出て胸から負荷が抜けるパターン。

 

そんな時はジェイカトラー氏のように、力が出やすいポイントだけで動作するのもアリ。

 

インクラインダンベルフライ

ジェイカトラー

フライと言うとダンベルを遠くに開いていくのをイメージするかと思います。
もちろんそれはそれでオッケー。

 

カイ
カイ

ですがジェイカトラー氏のようにダンベルを開くというより、真下に肘を落としてくるやり方もおススメ。

 

個人的にはこちらの方が重量をより安全に扱えると思います。

 

ダンベルを遠くに動作すると、肘(二頭)の方が辛くなってくることも考えられますので。

 

また挙げる時に小指側から絞るようにしてるように見えますが、個人的にはむしろ親指側から絞る方が良いかと。
(胸は腕を内側に捻る働きがあるので)

 

ケーブルチェストフライ

ジェイカトラー

これまた腕の角度もブレず常に胸にテンションがかかっているように見えます。

 

ダンベルで行うのと違って、こちらの種目はペックフライのように腕を閉じる時も負荷が抜けません。

 

大胸筋を強く収縮させることが出来る種目になります。

 

ジェイカトラー氏はパーシャルレップを入れてさらに追い込んでますね汗っ。

 

ディップス

ジェイカトラー

カイ
カイ

こちらは「FST7」というやり方で行ってますね。

 

FST7は動画内にもいるハニーランボッド氏が考えたメソッドで、簡単に言うと「10回から15回をインターバルは45秒ほどで7セット」行うやり方。

 

とにかくパンプを促すことで筋肥大を促進するのが目的。

 

(詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ↓)

FST7は筋肥大にかなり効果的【やり方からそのメカニズムまで徹底解説】
FST7ってなに?FST7って美味しいの?といった疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではFST7のやり方や目的、注意点などを解説。FST7を取り入れて今までにないパンプを筋肉に。

 

カイ
カイ

やや可動域が狭く、ストレッチをあまりかけてないように見えるのは、とにかく収縮を大事にしてパンプを最優先させることが狙いなのでしょうか?

 

というのがとある日のジェイカトラー氏の胸トレ。

 

あくまで僕の視点なので絶対的なものではありませんが、参考になる所があるかと思います。
一度は真似してみては!

 

以上ジェイカトラーの胸トレを解説してみた「テンポが一定でキレイなフォーム」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました