CBDと大麻の2つの違い【そもそも比較する対象がズレている!?】

CBD大麻違い

「CBD」は大麻由来らしいけど、てことは「CBD」も大麻?なら「CBD」と大麻はなにが違うん?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、そんな体づくりの延長から「CBD」にもハマり様々に調べたり試したりして早2年ほど。

(※そんな僕のTwitterをチェック😉)

 

✔そこで今回は、「CBDと大麻の違い」について解説。

 

以下で両者の違いを理解しておくことで、より適切にあなたのライフスタイルに「CBD」を取り入れることができ、その効果も体感しやすくなるかと思われます。

 

では、詳しくみていきましょう。

 

CBDと大麻の2つの違い【そもそも比較する対象がズレている!?】

結論として、そもそも「CBD」と「大麻」を比べることはできません。

 

というのも「CBD」は大麻から取り出された、人体に様々な好影響があるとされる成分の1種。

 

なので「CBDと大麻の比較」は、鯖に含まれるダイエット効果なども期待できる「DHA」や「EPA」を「鯖自体」と比べてどうこう言うようなものです。
リンゴに含まれるビタミンをリンゴ自体と比べるようなもの。
(ちょい変ですよね↑)

 

カイ
カイ

そんなわけで、「CBDと大麻の比較」はそもそも比べる対象がズレていると言いますか。

 

ですが「CBD」と「大麻」を比較しようと思う気持ちはもちろん理解できます。
というのも「CBD」は「合法大麻」などとメディアで表現されてる機会も少なくないですし。

 

✔「じゃあ大麻と合法大麻はなにが違うん?」となるのも自然。

 

そこで以下では「大麻と合法大麻についての違い」を解説していきます。
(個人的にこういった表現は適切でないと考えていますが、一般的に理解しやすいであろうためにあえて「大麻と合法大麻」としています)

 

そんな両者には主に以下の違いが存在↓

✅大麻と合法大麻では「原料」が違う

✅大麻と合法大麻では「効果」が違う

では、順に解説していきます。

 

大麻と合法大麻では「原料」が違う

そもそも一言に大麻と言えど、以下の2種類に分けることができます。

・大麻(俗にいうマリファナも含む)
⇒THC濃度が0.3%以上のもの

・産業用大麻(ヘンプ)
⇒THC濃度が0.3%未満のもの

 

カイ
カイ

大麻には「CBD」や「THC」含め144種類の有効成分(カンナビノイド)が含まれるわけですが、中でも「THC」の含有量によってその呼び名が変わってきます。

 

※参考:カンナビノイド?となった場合は以下をチェック↓

カンナビノイドとは大麻草に含まれる有効成分の総称【CBDやTHCなど】
CBDについて調べたらカンナビノイド?がどうこうて書かれてるけど、カンナビノイドとは?と思っているあなたへの記事になります。本記事では主なカンナビノイドの働きを解説。カンナビノイドにも様々な種が存在!?

 

というのも次項で解説しますが、「THC」には精神作用が含まれることもありやや慎重な扱いが必要となるので。

 

こと日本ではそんな「THC」が含まれたものは違法ですので、我々が手にするCBD製品は「産業用大麻」から作られたものになります。

 

加えて日本では産業用であれ大麻を栽培することは困難なので、日本のCBD製品は海外の産業用大麻から取り出された「CBD」を加工したものに。

 

※参考:「CBD」が合法かどうか問題に関して詳しく↓

CBDは合法なのか【大麻草の茎や種子から取り出したものならOK】
「CBD」は大麻草由来の成分らしいけどそれって合法?マリファナてことは違法?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では大麻取締法に基づきそのCBD製品が合法かどうかを判断する際のポイントについて解説。基本的には日本で流通する「CBD」は合法と考えて問題なし。

 

大麻と合法大麻では「効果」が違う

✔上記のように、大麻には基本的には「CBD」と「THC」の両方が含まれますが、日本で扱われているCBD製品は「CBD」と「THC以外のカンナビノイド」などが含まれたものになります。

 

(もちろん製品によって「CBD」が単体で含まれるものもある)

 

ですから仮に「大麻」と「CBD(産業用大麻のニュアンス)」を比べるのであれば、ひとまず「THC」と「CBD」の効果の違いを認識しておけばOK。

 

具体的には以下のとおり↓

✅THC
⇒精神作用あり(いわゆるハイというやつ)

✅CBD
⇒精神作用なし(リラックス効果)

 

「THC」は我々の体内にあるカンナビノイド受容体に直接的に作用するのに対して、「CBD」は間接的に作用します。

 

カイ
カイ

ですから「THC」も「CBD」も抗炎症作用や抗不安作用に抗うつ作用など様々な重複する効果はあるものの、上記のような違いが生じたりすることに。

 

※参考:「CBD」の効果について詳しく↓

【CBDの効果】人間に元から存在するシステムをサポートする!?
なにやら最近CBDオイルとかを目にする機会が増えてきたけど、実際のところCBDの効果はどんな感じ?と思っているあなたへの記事になります。本記事ではCBDの効果が引き出される過程を解説。CBDでより快適な日常を獲得!?

 

【まとめ】大麻に含まれる成分の違いを理解し適切な使用を

上記の内容が、「大麻」と「CBD」を比べるのであれば事前に理解しておきたいことになります。

 

前半で解説したように、日本では大麻を使った製品は違法ですが、産業用大麻を使用したCBD製品に関してはもちろん合法です。

 

といったように、大麻に関して適切な知識をつけることで、より適切に使用するのが吉。
そうすることで「CBD」の効果も体感しやすくなることが考えられます。
(⇒参考:【3ステップ】CBDの選び方【あなたに合うモノを見つけるための手順】

 

「大麻」や「産業用大麻」はたまた「CBD」や「THC」の違いを理解してないと、「CBDはキマる」などといった誤解を招くような不適切な表現が生まれることに。

 

そんなわけで、以下の記事を参考に「CBD」の効果を最大限に体感するためにも大麻に関して適切な知識をつけてみては↓

CBDについて本で学ぶ際におススメの3冊【適切な知識で適切な使用を】
CBDについて知るのにおススメの本とかある?というあなたへの記事になります。本記事ではCBDやマリファナについて知るのにおススメな本について解説。ひとまず本記事の順に読み進めていくとCBDへの理解がグッと進みます。

 

では、終わり😉

 

以上CBDと大麻の2つの違い【そもそも比較する対象がズレている!?】でした。

コメント