【超基礎】CBDとはいったい何なのか【巷で流行り出したその理由とは】

CBDとは

「CBD?」が巷で流行ってるって耳にしたけど、そもそも「CBD」ってなんなんやろか。調べたら「違法」「キマる」とか出てくるしヤバい系?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、そんな体づくりへの延長から2年ほど前から「CBD」にも興味を持ち始め様々に調べたり試したりしています。

(※そんな僕のTwitterをチェック😉)

さっそくですが、最近はなにかとマリファナの所持などで芸能人が逮捕されていたりしますよね?

それもあってか、大麻草に含まれる成分の1つである「CBD」が注目されてきてたりも。

そこで本記事では、「そもそもCBDとは何なのか」について解説。

以下の内容を押さえた上で「CBD」を日常生活に取り入れることで、あなたの生活の質(QOL)を向上させるきっかけになるかも!?

では最後までしばしお付き合いください。

CBDとは大麻草に含まれる成分の1種

結論として、「CBD」とは「カンナビジオール」のことを言い、大麻草の「茎」や「種子」から抽出された物質(成分)のことです。

カイ
カイ

こう聞くと、大麻?マリファナ?じゃあ違法?などとイメージされるかもしれません。

ですがもちろんそんなことはありません。

そもそも大麻草には、ビタミンやアミノ酸に脂肪酸など400種を超える活性化合物(成分)が含まれていると言われており、その内の大部分を占める144種類が「カンナビノイド」と定義されています。

そんなカンナビノイドの中でも、研究が進みその効果が明らかになっているのが「CBD」と「THC」。

そんな両者の違いは簡単に表すと以下のとおり。

・CBD
⇒精神作用なし(リラックス効果)

・THC
⇒精神作用あり(≠酩酊効果)

この「THC(テトラヒドロカンナビノール)」に酩酊のようないわゆるハイになり多幸感をもたらす作用があるとされるがゆえ、「THC」が含まれるモノは日本では違法となっています。

(厳密に言うと「THC」が違法というより、「THC」を多く含む大麻草の花や葉の所持や譲渡がアウトにはなりますが)

とは言え、「THC」にも様々な医療効果が明らかにされているため、合法の国が多いのも事実。

またハイ=リラックス効果と捉えて、うつ病などだった方が前向きになる例も少なくないので。

加えて用法用量を守れば、よく言われるデメリットを抑えることは可能なのでなおさら他国では容認されていることも多いです。

そんな「THC」ですが、成熟した大麻草の「茎」や「種子」にはほとんど含まれないのが現実。

ですからそういった部分から抽出した「CBD」に関しては日本でも合法となってます。

(細かくは、そもそもTHC濃度が0.3%以下の産業用大麻から「CBD」を取り出している場合が多い。いわゆるマリファナと呼ばれる大麻草とは違い「産業用として」作られた大麻から)

なので大麻草の茎は麻織物に使われたり、種子は七味唐辛子にも使われていますよね?

(こちらも細かくは、通常の大麻ではなくそもそもTHC濃度が低い「産業用大麻」を使っています)

カイ
カイ

そんなわけで、「CBD」とは「大麻草(もしくは産業用大麻)から抽出した物質の1つ」であるということ。

(補足:とは言え、出所の不明な「CBD」を活用すると、その「CBD」の製造過程で「THC」が含まれていたら逮捕なんて可能性も全くのゼロではありません。ですから「CBD」をネットなどで購入する際は「THC」がゼロもしくは検出されない範囲であることを確認するか、輸入の場合は正規代理店などで成分がはっきりしているかをチェックしておくべし。輸入代理店から購入できる商品は税関を通ってるので仮に購入しても購入者は罪に問われないそうだが。念には念を)

※参考:「CBD」が合法かどうか問題について詳しく↓

CBDは合法なのか【大麻草の茎や種子から取り出したものならOK】
「CBD」は大麻草由来の成分らしいけどそれって合法?マリファナてことは違法?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では大麻取締法に基づきそのCBD製品が合法かどうかを判断する際のポイントについて解説。基本的には日本で流通する「CBD」は合法と考えて問題なし。

なぜCBDが注目されているのか【様々な医療効果への期待】

そんな「CBD」ですが、なぜ今になってアメリカをはじめ各国で注目されているのでしょうか?

そもそも「CBD」が海外で話題になり出したのは2012年ごろで、2000年ごろには研究者達はすでに「CBD」の様々な医療効果を理解していました。

具体的には今わかっているだけでも、以下のような疾患に効果が期待されています。

・うつ病
⇒セロトニンという幸福感や興味を示す際に分泌されるホルモンを増やすことにより、うつ病を改善する可能性あり

・糖尿病
⇒血糖値を安定させ、神経の炎症を抑える可能性あり

・片頭痛
⇒鎮痛効果が期待できる

・不眠症
⇒抗不安作用と鎮静作用により改善の可能性あり

・多発性硬化症
⇒脳と脊髄の変性の一部を緩和する可能性あり

・嘔吐
⇒がんやエイズ患者を対象に多くの改善が見られている

・パーキンソン病
⇒抗炎症作用などによって病気の進行を遅らせる可能性あり

・疼痛
⇒鎮痛薬の処方量用を減らせるだけでなく鎮痛効果も期待できる

・PTSD(心的外傷後ストレス障害)
⇒過去の出来事が固定される(フラッシュバックされる)ことを阻害する可能性あり

・統合失調症
⇒抗精神病薬として使える可能性が明らかにされつつある

とまあ他にも、てんかん症候群や睡眠障害など挙げ出すとキリがないくらい多くの疾患に効果が認められていたり、研究が進んでいるのが「CBD」。

そういった効果、特に「リラックス効果」や「睡眠の質の改善への期待」から我々の生活の質(QOL)を高める意味で、日本でも流行りつつあります。

(ちなみにカンナビノイドの適応疾患を日本人に当てはめると、人口の3人に1人がその恩恵を受けるであろうとまで言われています)

※参考:「CBD」が人体に作用する流れに関しては以下の記事をチェック↓

【CBDの効果】人間に元から存在するシステムをサポートする!?
なにやら最近CBDオイルとかを目にする機会が増えてきたけど、実際のところCBDの効果はどんな感じ?と思っているあなたへの記事になります。本記事ではCBDの効果が引き出される過程を解説。CBDでより快適な日常を獲得!?

CBDを生活に活用する方法【Vapeやオイルが手っ取り早い】

CBDとは

すでに解説したように、合法&リラックス効果をはじめ様々な医療効果も認められている「CBD」ですが、どうやって実際に活用していくのか?

その主な活用法は以下のとおり↓

✔吸入
(Vapeいわゆる電子タバコのイメージ)

✔経口摂取
(エディブルやCBDオイル)

✔舌下投与
(CBDオイルやタブレット)

✔経皮吸収
(パッチやジェルにシャンプーなど)

カイ
カイ

中でもCBDオイルによる舌下投与やVapeによる吸入がポプュラー。

どれも2時間から6時間ほどその効果は持続しますが、吸入だとたった数分でその効果が発生し出します。

(他は30分から1時間ほど必要)

ですから個人的には、吸入(Vape)による「CBD」の取り込みが手っ取り早いかとは

(CBDリキッドを加熱し蒸気になったものを口から吸い、肺で吸収させるため最も効率的に「CBD」を摂取できる)

中でもはじめての吸入の場合、「使い捨てタイプ」だと特に器具をセットしたりする必要がなく、すぐに吸える状態で届くのでかなり便利。
(⇒使い捨てCBDポッドをチェック!)

※参考:以下の記事でそんな使い捨てタイプのレビューをしてます↓

【徹底レビュー】グリーンブルドッグの使い捨てCBDポッドのすべて
ドンキとかでも見るグリーンブルドッグの使い捨てタイプのCBDって効果的なんやろか?あとどれくらい吸えるかも気になる...。という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではCBD歴2年の筆者が使い捨てポッドを徹底レビュー。これさえ知っておけば納得して試せます。

また摂取量ですが、人によってその最適量は異なります。

というのも「CBD」には以下の二相性と呼ばれる特徴がありますので。

・低、中容量
⇒覚醒作用

・高容量
⇒リラックス効果(鎮静効果)

(※低中用量は1日あたり15mg、高用量は1日あたり160mgと言われることも)

ですから、睡眠の質の改善やストレスや不安の解消であれば「高容量」になりますし、集中力を上げたいなど仕事などのパフォーマンスアップ目的であれば「低用量」が基本です。

目安としては、1日あたり1mg~100mgとされています。
(体重や年齢や使用歴などにもよるので幅広くなってます)

加えて、1回あたりの使用量でもその効果に差が生じることも。

ですからまずは1日1回で1回あたり10mgほどを同じ時間帯にとり1週間ほど様子を見るのが、より適切な「CBD」の使い方につながります。

(CBD濃度にもよる。ここでは5%ほどを仮定)

そうしてあなた自身の睡眠や日中のパフォーマンスの質を観察し、1週間ごとに少し量を増やしたりタイミング(頻度)を変えたり(増やしたり)してみるのが吉。
(※すでに処方されている薬などがある場合は医師と相談してみてください)

※参考:あなたに合う「CBD」の選び方について↓

【3ステップ】CBDの選び方【あなたに合うモノを見つけるための手順】
「CBD」の効果に興味があるけど、その取り込み方にオイルとかVapeとか色々あるからどうやって選んでいいかわからへん。それに濃度の違いなんかもあるぽいし。というあなたへの記事になります。本記事ではCBDの特徴からをあなたに合うCBDを選ぶ際の手順を3ステップで解説。もう迷わない。

【まとめ】CBDを取り入れQOLを改善してみては

CBDとは

上記の内容が、「CBD」の主な効果や使用法になります。

「CBD」は大麻草(産業用大麻がメイン)から抽出したものとなると、特に日本だとアングラ(暗い)なイメージを持つかもですが、全くそんなことはありません。

カイ
カイ

「CBD」に依存性や精神作用はじめ副作用などは基本的になく、リラックス効果をはじめ手軽にライフスタイルの質の向上が期待できる優れもの。

日本人は欧米人に比べ、もともとのセロトニン(幸福ホルモン)の発現量が少なく、うつ病など精神疾患になりやすいとされています。

(⇒参考:筋トレがうつ病を治す!?【減少した神経伝達物質を正常な状態にする】

ですから「CBD」をうまく活用し、少しでもメンタルのケアに力を入れていくことで、より良いライフスタイルが築けるかと思います。

そんなわけで、さっそく「CBD」を試してみては。

では、終わり😉

※参考:普段から喫煙しない場合は吸引よりCBDオイルの方が手軽に試しやすいです↓

ネイチャーカンのCBDオイルで爆睡【心身ともに疲労したので使ってみた】
ブロードスペクトラム?のCBDオイルを試そうと思うけど、そもそもブロードスペクトラムとは?あと、そのおススメのCBDオイルは?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではCBDオイルの効果や使い方を解説するとともに、良質なCBDオイルを提供するネイチャーカンの製品についてレビュー。

以上【超基礎】CBDとはいったい何なのか【巷で流行り出したその理由とは】でした。

コメント