楽に生きるために意識したい3つのこと【毎日を楽しく生きるコツ】

楽に生きる

仕事もプライベートもなんか疲れるな。生きるって大変やな。もっと楽に生きる方法はないんかな?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!
(※Twitterもチェック)

 

僕自身そう感じることが多く、「どうにかならんものか」と昔からずっと悩んでました。

 

ですが最近は、少しずつではありますが生きることに楽しさを見出してきたので、そのために取ってきた行動について綴っておきます。
以下の内容を意識することで、あなたもいくらか楽に生きていくことができるかもです。

 

では詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク

楽に生きるために意識したい3つのこと【毎日を楽しく生きるコツ】

結論として、楽に生きるために僕が意識してきたことは以下のとおり。

✅嫌いでないことを継続して生きる

✅他人に期待しないで生きる

✅海外に出て生きてみる

では順に解説していきます。

 

嫌いでないことを継続して生きる

「楽に生きたい」と思うのは、おそらくほとんどの場合は仕事などでの疲れから来るものかと。

 

カイ
カイ

ですが仮にその仕事が別に嫌いでないものだったらどうでしょう?おそらく今以上には疲れないし、今よりずっと楽に生きていけると思いませんか?

 

✔ですから仕事に関して楽をしたいなら、まずは「嫌いでない」仕事につくのが有効かと。
ですが、ここでは別に「好き」である必要はないと思います。

 

よくある話で好きなことを仕事にするというのは、好きなこともあるけどそれ以上に嫌いなことがあるのが現実。
でも好きな部分のために、それらを我慢して頑張れるといったイメージ。

 

もちろんそちらの方が継続しやすいならそれを仕事にすれば良いと思いますが、そうでないならひとまず「嫌いではないこと」でOK。

 

僕で言えば記事を書いたり(ライター)、筋トレを教えたりするのが嫌いではないから今の形で生活しています。
(⇒参考:【ブログを使った3つの稼ぎ方】手軽に始められるものの可能性は無限大

 

もちろん筋肉が好き過ぎるのでプロのボディビルダーになりたい(好きな仕事を選択するパターン)と思っていた時期もありますが、様々な過酷な面に耐えることができないと感じたので、その選択肢は断念。

 

ですから楽に生きるためにはひとまず「嫌いでない分野」で生きていけるよう、その物事を継続していくのが良いかと思います。

 

他人に期待しないで生きる

他人に期待することでその期待が実現しなかった時は、期待していない時よりも大きなネガティブな感情を持つことになります。
そういったいわゆる無駄な疲労(マイナス要素)をためていては、楽に生きることはできません。

 

✔ですから相手に見返りを求めた行動をするのではなく、単に自身の気持ちとして行動するのが吉。
仮に仕事を頼んでも、頼んだもの以上のものが返ってくると期待するのもNG。

 

期待するから現実との差にガックシし疲労することに。

 

そんな他人に期待しない生き方については以下の記事で解説してます↓

他人に期待しない生き方【自身の価値観を強要することの2つの弊害】
さっそくですが、最近は仕事やプライベートはうまくいってますか?おそらく本記事を読んでいるあなたは、何かしら「ん~」といった所があるはずです。そこで本記事では「他人に期待しない生き方」がその改善に役立つかもといった話をしてます。より楽に生きてみませんか?

 

海外に出て生きてみる

カイ
カイ

個人的にはこれが割とおススメだったり。

 

海外に出て長かれ短かれ生活していると、日本で感じるような疲れは感じないことが考えられます。

 

✔というのも日本にいると、何かしら人の目を気にして本来の自身がやりたいことができなかったり、思っていることが伝えられなかったりする場合があるかと。

 

ですが海外に出れば、もちろん日本語を使う瞬間もなければ耳にする瞬間もありません。

 

それゆえ人の目を気にする瞬間もないですし、よりあなたが生きたいように生きられる可能性があると思われます。

(そんなわけで僕も本記事をドバイに滞在しながら執筆しております。ちなみにその様子はインスタに載せております)

 

加えて今までいくつかの国に滞在してきましたが、やはり海外は国にもよりますが色々とテキトーにゆるく過ごしている方が多い印象。

 

レジの仕事一つとっても、そのゆるゆるな感じが返って日頃の価値観を改善してくれることも。
「もっと肩の力を抜いても良いんや」といった具合に。

 

(もちろん日本で同じゆるさで許されるかは職種などにもよるかもですが、あくまで世界に出ればよりあなたが楽に生きやすい空間は存在するということ)

 

【まとめ】人に多くを求めるとみなが楽には生きれない

楽に生きる

上記の内容が、楽により楽しい毎日を生きるために僕が意識していることになります。

 

日本はおもてなしの国として知られていますが、それゆえ当たり前の基準が高すぎたりします。
確かに、海外の観光客などに対してはそれで問題ないでしょう。

 

ですがこと国内においては、他への要求が大きくそれによって返ってみなが疲弊していっているように捉えることもできたり。

 

✔ですから人にあまり高レベルなものを求めないことが、回り回って自身の生活も楽にしてくれるのかなとも考えられたり。
(みながより楽しく物事に取り組め生産性も上がるかも?)

 

そんなわけで、もっと心に余裕を持って日々を過ごしていきたいものですね。

 

では、終わり😉

 

以上楽に生きるために意識したい3つのこと【毎日を楽しく生きるコツ】でした。

コメント