【初心者必見】CBDオイルの適切な使い方【事前に知っておきたい3点】

CBDオイル使い方

CBDオイルでリラックス効果を体感してみようと思うけど、効果を体感しやすい適切な使い方は?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、そんな体づくりへの延長から2年ほど前から「CBD」にも興味を持ち始め様々に調べたり試したり。

(※そんな僕のTwitterをチェック😉)

そこで今回は、「CBDオイルの適切な使い方」について解説。

以下の内容を理解しておけば、CBDオイルの効果をきちんと体感できあなたのライフスタイルがより快適なモノになることが期待できます。

では、詳しくみていきましょう。

【初心者必見】CBDオイルの適切な使い方【事前に知っておきたい3点】

結論として、CBDオイルを適切に使用するために意識したいことは以下のとおり。

✅CBDオイルの使用タイミング

✅CBDオイルの摂取量

✅CBDオイルの発現時間

では順に解説していきます。

CBDオイルの使用タイミング

すでにご存じかもですが、「CBD」には体内で過剰に分泌される物質を抑え逆に不足する物質の分泌を促す作用が期待されています。

それゆえ我々の体が正常に機能するのをサポートすることに。
その作用の1つとして「リラックス効果」が挙げられます。

ですが「CBD」には二相性といって、その摂取量によって効果が反転する可能性があります。

具体的には以下のとおり↓

・低中用量
⇒覚醒作用

・高用量
⇒リラックス効果

(※低中用量が1日あたり15mg、高用量が1日あたり160mgと定義されることも。もちろん「CBD」の適切な摂取量には個体差が大きく関係するので1つの目安ではあるが)

ですから仮にあなたがリラックス効果を期待しているなら、「高用量」の摂取が有効と考えられますし、逆に集中力をアップさせたいなど覚醒効果を期待するのであれば「低容量」がベターでしょう。

カイ
カイ

ですから寝る前にCBDオイルを活用するのであれば高容量、日中にCBDオイルを使用するなら低用量といったイメージを持っておくのが良いかと思います。

寝る前に覚醒したり、日中にリラックスして眠くなっては逆効果とも言えますので。
(もちろん日中からリラックスしたい場合は、それはそれで問題ないとも言えますが)

そんなわけで、CBDオイルを使う際はその「タイミング」によって摂取量を変えることが1つポイントになります。

なので具体的には、初めのころは日中に低用量(10mgほどを1日1回)とることから様子をみていくのが吉。

※参考:「CBD」が体に作用するメカニズムについて詳しく↓

【CBDの効果】人間に元から存在するシステムをサポートする!?
なにやら最近CBDオイルとかを目にする機会が増えてきたけど、実際のところCBDの効果はどんな感じ?と思っているあなたへの記事になります。本記事ではCBDの効果が引き出される過程を解説。CBDでより快適な日常を獲得!?

CBDオイルの摂取量

「CBD」の摂取量は基本的には以下のように推奨されています。

・1回あたり
⇒5mgから15mg

・1日あたり
⇒10mgから30mg(上限は1500mgほど)

ですからCBDオイルはじめCBD初心者であれば、1回あたり5mgの「CBD」を1日に1.2回の摂取を1週間ほど継続。

その後に、徐々に量を増やして体感を考慮しつつ様子を見ていくのが吉。

基本的に「CBD」 の適量は人によって異なるので、そうして自身の経過と相談していくことが必要になります。

また、先ほどの「CBD」の二相性について、高用量のラインは1回あたり20mgから30mgとされることも。

ですから睡眠の質を改善するためにCBDオイルを活用するのであれば、寝る30分から1時間ほど前に20mgから30mgほどをとってみるのが1つの目安にはなるかと考えられます。

ですが仮にその量で覚醒作用を感じ返って眠れなくなった場合は、同量を日中にとるか、寝る前のタイミングでの「CBD」の量を減らすか増やすかを検討する必要があります。

カイ
カイ

加えて「CBD」は一定量を超えてとると効果が減少していくとされているので、過剰にとればとるほど効果的とも言えないことは覚えておいてください。

(以下図のイメージ↓)

CBDオイル使い方

CBDオイルの発現時間

「CBD」を摂取するとなると、オイル以外にはVapeやエディブルといった手段が存在。
(⇒参考:【徹底レビュー】グリーンブルドッグの使い捨てCBDポッドの実態

それらの主な違いは、発現時間や持続時間になります。

CBDオイルは基本的に舌下投与(下に垂らし1.2分ほどしたのち飲み込む)になるので、30分から1時間ほどで「CBD」が作用することに。
(効果の持続時間は6時間ほど)

ですから覚醒効果を期待してCBDオイルを使用する場合は、特に発現時間に注意する必要はないと思いますが、リラックス効果による睡眠の質の改善を期待するのであれば、寝る1時間ほど前に摂取するのが適切と考えられます。

CBDが寝る時にちょうど働きだす形になると思われますので。
(リラックスした状態で眠りにつけ質の高い睡眠へと)

【まとめ】CBDオイルは使い勝手が良い

上記の内容が、CBDオイルを適切に使う際に意識したいポイントになります。

「CBD」を摂取しようとVapeなどを試すとなると、普段から喫煙していたりする場合は問題ないですが、そうでない場合はやや慣れなかったりするものです。

カイ
カイ

ですがCBDオイルの場合は、基本的には摂取量だけ意識してあとは舌に数滴ほど垂らすだけなので、なんの手間もかからずかなり便利。

そんなわけで、CBDオイルを活用して生活の質を高め、プライベートも仕事もより快適に過ごしていってください。

※参考:良質なCBDオイルはネイチャーカン↓

ネイチャーカンのCBDオイルで爆睡【心身ともに疲労したので使ってみた】
ブロードスペクトラム?のCBDオイルを試そうと思うけど、そもそもブロードスペクトラムとは?あと、そのおススメのCBDオイルは?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではCBDオイルの効果や使い方を解説するとともに、良質なCBDオイルを提供するネイチャーカンの製品についてレビュー。

では、終わり😉

以上【初心者必見】CBDオイルの適切な使い方【事前に知っておきたい3点】でした。

コメント