【必読】お金の増やし方を学ぶための1冊【現実を知らないと損します】

お金の増やし方本

なんか手間をかけずにお金を増やせる方法なんてないかなあ。オカネホシイ。

と思っているあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

カイ
カイ

普段は当サイトで「筋トレ」や「CBD」に関する記事を執筆しています。それゆえ個人で稼ぐためのビジネスを3年前ぐらいから展開し収益も着実に上がりつつあります。

 

ですがもちろん僕だって「寝てるだけでお金が増えたら」なんて思うことも笑。
まあでも「そんな話あるわけない」と思いますよね?

 

とは言え、お金(投資)に関して正しい知識をつけ運用することで、大金持ちになるのは無理にせよ、着実にお金を増やすことは可能だったり。

 

そういった方法を学ぶ際に必読な一冊がこちら↓


Amazonでチェック!

 

「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」といった書籍になります。
(まさにな直球タイトルですよね笑)

 

✔そこで今回は、そちらの書籍をレビューしつつ「お金の増やし方」についてシェアしていきたいと思います!
以下の内容を実践することで、今後のお金に関する悩みが和らぎます。

 

では、しばし最後までお付き合いください。

 

スポンサーリンク

【必読】お金の増やし方を学ぶための1冊【現実を知らないと損します】

結論として、
「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」から学べることは以下の3つ。

✅適切な投資方法

✅世の中のリアル

✅仕事の重要性

では順に解説していきます。

 

適切な投資方法を学びお金を増やす

「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」では、主に以下の3つの金融商品がおススメされています。

✔個人向け国債「変動10年」
⇒日本政府が発行する債権

✔国内株式の投資信託(上場インデックスファンドTOPIX)
⇒東証一部に上場している企業の株を少しずつ持てる

✔外国株式の投資信託(ニッセイ外国株式インデックスファンドで海外版TOPIXのようなもの)
⇒アップルなど先進国の株を少しずつ持てる

(※「TOPIX」は上場している企業すべての株価の加重平均)

 

カイ
カイ

まずは、こうしていくつかに分けて投資することでリスクを分散することが、お金を増やすには(ビジネスでも)基本になります。

 

✔中でもまず「個人向け国債の変動10年」への投資が推奨されている理由は、最低でも金利が「0.05%」は保証されている点。

 

銀行の金利がほぼ0な時代を考えると、銀行にお金を預けておくより大きく損をするなんてことはないと言えます。
(むしろ長期金利によって変動するので、銀行よりお得になることも十分にあり得る)

 

次に投資信託ですが、株と言うとパソコンの前に張りついてる人をイメージするかもですが、そんなことはありません笑。

 

投資信託とは、ナイキやアップルなど様々な会社の株の詰め合わせなので、1つの会社に多くを投資する場合よりリスクが軽減されます。

(「TOPIX」が1000ポイントだったのが1200ポイントになったとして、1万円を投資していたら1万2千円になるといったイメージ)

 

またあなたが投資したお金は、証券会社とは別の機関で管理されているため、仮に証券会社が倒産しても基本的にお金が不正に消失されることもありません。

 

カイ
カイ

そんな投資信託を、日本と海外とを半分ずつ購入するのがおススメだそう。

 

というのも先ほど紹介した「TOPIX」は運用手数料が他の投資信託より安いので、積み重なると侮れないのです。
(というか株の上がり下がりはプロでも断言できないので、ひとまず手数料の少ない所を選んでおくのが無難)

 

✔そんなわけで証券口座はタダで開けるので、以下の大手SBI証券をはじめ楽天証券などを使いさっそく投資信託を始めてみてください↓

・SBI証券

・楽天証券

・マネックス証券

(それぞれの証券では、買いたい金融商品や手数料などがその主な違い。スマホ対応の有無などの違いは画面に張りついて行う方の話なので、基本的にプロでない我々は無視でOK)

 

世の中のリアルを知りお金を増やす

カイ
カイ

上記のように投資信託を始めようと思うと、銀行の受付に行って口座を開設しようとするかもですが、NGです!

 

考えてみてください。
銀行も人を雇ってビジネスとして成り立っています。

 

ではどこからのその利益を上げているのか?

 

主に以下の2つになります。

✔ローンによる金利
⇒住宅ローンはじめ、お金を貸す利息で稼いでいます

✔投資信託
⇒さきほどの儲けが少ない国債より、利幅の大きい投資信託や保険を勧める
(その際の手数料などで儲ける)

 

言い換えれば、我々が儲かるものではなく、彼ら(銀行)が儲かるものを売り込んできます汗っ。
それに向こうはこちらの預金などを把握しているので、なおさらうまい具合に誘導してきます。

 

✔そういった意味で、投資信託は銀行ではなくネット証券で始めるのがベター。
手数料も少なく銀行員が何かを売り込んでくることももちろんありませんし。

 

他には、宝くじや競馬なども、基本的には買うと同時に損をすることになります。

 

というのも運営側は集まったお金から、まず25%くらいを除いた残りのお金で配当金などを決定。
ですから基本的には、平均して1万円を費やし続けても返ってくるお金は7500円ほどになります。

 

といったようにギャンブルは基本的に利用者が損するように作られています。
(中でも運よく得をする人がいるから魅力的に感じるのです)

 

こういったことからもお金を増やしたいなら、やはりネット証券で口座を開設し、「国債」や「TOPIX」といった無難な金融商品に投資する方がベター。

 

仕事の重要性を理解しお金を増やす

投資信託には以下の2パターンが存在。

✔アクティブファンド
⇒「プロ」が選んだ株や債権を買う

✔インデックスファンド
⇒日経平均などを指標に「機械的」に買う

 

それゆえアクティブファンドは人件費などから手数料が高くなるが、インデックスファンドは機械的なので人件費が少なく手数料が安くなります。

 

ですから基本的には、インデックスファンドの商品に投資すればOK。
加えて過去の実績だと、基本的にはインデックスファンドが平均してアクティブファンドを上回っているそうな。

 

カイ
カイ

ここから言えることは、プロでも判断が難しいのが投資であり、かつ手数料で儲けてる証券会社は手数料が高いアクティブファンドを勧めてくるという事実。

(利用者より証券会社が儲かるようになってる)

 

そういったことから、投資信託は冒頭でお伝えした「国債」や「TOPIX」だけをひとまず持っておけばOKということ。

 

加えてそもそもお金を生み出せる、市場価値のある自分自身を作り上げることが何よりの投資に。

 

知識や経験に投資し、自身にしか生み出せない価値を世に提供すれば、自ずとお金は増えていきます。
(⇒その際にブログを始めてあなたの好きな分野について発信するのもあり)

 

※参考:目標を達成するために必要なこと↓

目標設定は明確であればあるほど達成できる【潜在意識に刷り込む方法】
やっぱり目標を設定した方が物事はうまくいく?仮にそうならその際のコツは?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では目標を設定し達成するために最も重要なコツについて解説。これでもう目標は必ず達成できます!

 

【まとめ】お金を増やすにはネット証券&自己投資

お金の増やし方本

上記の内容が、「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」から僕が学んだことになります。

 

投資はハイリスクハイリターンを狙うってよりは、少額ながら着実にお金が増えていく所を重視し、あとは自己投資するのが良いかと思います。

 

本を読んだりセミナーに参加したりして培ったものを活用して、自分自身で市場に価値を提供していくといった感じで。

 

逆に自分自身にお金を費やさず学ぶことをやめると、周りは進化していってるので自身は後退していってるとも言えたり。

 

✔そんなわけで、「ネット証券」と「自己投資」の2軸でお金を増やしていくのがベターかと思います。

 

※0円で「お金の増やし方」を学ぼう!
投資に関して超わかりやすく、かつ詳しく書かれている「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」そんな1冊が以下Amazonのkindleunlimitedを使えば、30日間に限り「タダ」で読めます。他にも200万冊を超える書籍もタダなので使わない手はない。(もちろん30日以内に解約できるので課金の心配も必要なし)↓
こちらからどうぞ。

 

では、終わり😉

 

※参考:自己を高める手順について↓

【簡単】自己啓発のために何をすれば良いのか?【たった3つのこと】
自己啓発?で自己を高めようと思うけど、実際のとこ何をすれば良いんやろか?と思っているあなたへの記事になります。本記事では自己啓発の本質を3ステップで解説。どんな自己啓発書もセミナーもこれしか言ってません!

 

以上【必読】お金の増やし方を学ぶための1冊【現実を知らないと損します】でした。

コメント