ネガティブ思考とおさらばする2つの方法【当たり前を定義し直せばOK】

ネガティブ思考

昔からネガティブな思考やけど、どうしたらポジティブなモノの捉え方ができるようになるんやろ?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!
インスタをチェック)

さっそくですが、僕は10代の前半から何年もの間ネガティブな思考と隣り合わせで生きてきました。

いわゆる成功者と呼ばれる人達と自身を比べて「なんで自分はこんなにも無力で、彼らのような高い次元に達することができないんだ。クソだ。ダメ人間だ」といった具合に。

ですがそれでは自身を傷つけるばかりで、精神的にあまりにもよろしくないと思い、自身の思考を改善することを決意。

そして今ではそういったネガティブな思考とはおさらばし、いわゆるポジティブなモノの捉え方ができるようになりました。

そこで今回は、そんな僕の経験から「ネガティブ思考の改善法」といったテーマについて解説。

以下の内容を意識することで、少しずつ目の前の世界が明るくなるかもです。

では、詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

ネガティブ思考に至る原因

結論として、ネガティブな思考をポジティブな思考に変えていくには、意図的に意識をポジティブ側に向けていくことが必要かと。

(時間が解決してくれることは期待できないと思います)

そもそもネガティブな思考に陥る原因として考えられることは以下のとおり。

✅他人との比較でネガティブ思考に

✅そもそものクセでネガティブ思考に

では順にみていきます。

他人との比較でネガティブ思考に

「自分は何のために生きているのだ」「自分がいなくても世界は回る」「自分にはできるはずがない」などといったネガティブ思考に至る、ほとんど全ての原因は「他者との比較」にあるかと思います。

あの人と比べて自分は年収が低い、あの人と比べて自分は見た目が劣る、あの人と比べて自分の実績はたかが知れてる、

といったように他社と自分を比べるがゆえ自身の至らない点ばかりを見てしまうことに。

カイ
カイ

ですが仮に世界に自分1人しか存在しなかったらどうでしょう?

自身が劣っているとか優れていると判断のしようがありませんよね。

となると、劣等感などといったネガティブな思考は生まれてこないことが考えられます。

といったように、他と自身を比較し優劣をつけようとするからネガティブ思考に陥る可能性も。

(参考:以下ツイートの言葉を大事にすると良いかも↓)

そもそものクセでネガティブ思考に

「世の中の原理や定義は5歳までに自然とインプットされる」なんて話があったりします。

5歳までに見ている世界が「当たり前のもの」と認識すると言いますか。

ですから「人生=苦」「楽しい日々は毎日は続かない」などと、自然とそういった思い込みを当たり前と捉えている場合がほとんどだったりします。

(多くの方が「常識」として認知しているような事実と言いますか)

本記事を読んでいるあなたも、おそらく例外ではないかと思います。

といったように、いわば「人生は辛いことの方が多い」と長きに渡って捉えているがゆえに、ネガティブ思考が自然の状態となっているパターンもあったり。
カイ
カイ

僕自身もまさにそうで、長きに渡って「人生はきついものだ、だから嫌でもやらなければならない」「楽をして成功するはずがない」と無駄に足枷を履き生きていたように思います。

(5歳までに世の条理をインプットすることになるのであれば、仕方ないと言えば仕方ない。とは言え、だからこそ自身でその条理を新たにアップデートしなければならない。ポジティブ思考を身につけるために)

ではどうすればネガティブ思考を改善していけるのか?

ネガティブ思考とおさらばする2つの方法【当たり前を定義し直せばOK】

結論として、僕が考えるネガティブ思考を直す方法は以下のとおり。

✅ネガティブ思考を基本としない

✅ネガティブと対峙できる成功体験を積む

では順に解説していきます。

ネガティブ思考を基本としない

先ほど触れたように、そもそも「人生=楽しいもの」「人生に無駄な苦労は必要ない」などと定義し直すのがまず重要。

ネガティブ思考な場合、時間ができたりするとあれやこれやと自身の不安を煽るような内容のイメージばかりしてしまうものです。

「この先、仕事がうまくいかなかったらどうしよう」「来年も結婚できず孤独なままかもしれない」「このまま辛い人生をあと何年と過ごすのだろうか」といったように。

カイ
カイ

ですがこれって言い換えると、自身の成功を願うより失敗ばかりを意識していますよね。

それゆえ、失敗のイメージが頭の中で定着し実際に失敗に至るパターンも少なくないと考えられます。

そういった意味で、

まずは「人生=苦でも修行でもない」「人生には楽しい日々しかない」といったポジティブな捉え方に定義し直すことが必要。

すると仮に困難が起こっても、そもそも人生をポジティブなものと捉えてるがゆえ、「これも次回につながる大切な経験」といった形で認識することができます。

そんなわけで、僕は以下ツイートのように、もう「全てがうまくいく」としかイメージしてません笑。

以前は人生の定義を「苦」としていたのもあり、どこかで自身の失敗ばかりを意識してたように感じます。ですがシンプルな話、そんなばかばかしいことはありません。人生は楽しいものと定義するのが吉。

※参考:目標を達成するために必要なこと↓

目標設定は明確であればあるほど達成できる【潜在意識に刷り込む方法】
やっぱり目標を設定した方が物事はうまくいく?仮にそうならその際のコツは?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では目標を設定し達成するために最も重要なコツについて解説。これでもう目標は必ず達成できます!

ネガティブと対峙できる成功体験を積む

最近だと自己肯定感なんて言葉が流行ってたりしますが、ネガティブ思考に陥る要因に「自信の無さ」もあったりするかと思います。

自分自身に対して自信が無いと「自分はどうせ失敗する」といったイメージばかりするようになります。

ですからそういった際は、実際に行動し経験し小さい成功体験を積んでいくことが必要。

こればっかりは「まずはやるしかない」といった話ではありますが。

仮に失敗しても、そもそも「人生には楽しさしかない」と定義し直していれば問題なし。

次につながる、いわばさらに小さい成功とでも言えるでしょう。

また成功体験に関してはどんな事柄でも良いと思います。

筋トレであればダイエットであれ営業であれ何かのコンテストであれ読書であれ。

何にせよ何かを継続し小さな変化を積み上げていけば、自然と「自分はあれができたんだ、だからこれもできる!」といったイメージでポジティブ思考が身についていきます。

※参考:自信をつけるには筋トレが便利な理由↓

自信をつけるには筋トレが必要と言える2つの理由【心身ともに改善される】
仕事でもプライベートでもどこか自信がなく、他人の意見ばかりを気にしてる自分がいる。そんな自分を隠そうとするがゆえ、余計にボロがでて物事がうまくいかない。恋愛にしても...。などと思ってませんか?本記事では自信がない原因とその解決策について解説。筋トレが大いに貢献!?

【まとめ】人生にネガティブ思考など必要なし

ネガティブ思考

上記の内容が、何年もの間ネガティブ思考と過ごしてきた僕が考えるその原因と改善策になります。

カイ
カイ

こんな事を言うと元も子もない感じになりますが、結局は「気の持ちよう」で目の前の世界を180°変えることもできるはずです。

よくある話で、コップに半分ほど入った水を見て半分もあると思うのか半分しかないと思うのかは、自分次第ですよね。

同じモノを見ているのに。

ですがそれならネガティブに人生を捉えるより、ポジティブに捉える方がよほど目の前の世界は明るくなると思いませんか?

僕はそう思いネガティブ思考を捨てることにしたのです。

そんなわけで、あなたの人生も僕の人生もきっと良くなります。

これからもっと。

(ちなみに僕が今のポジティブ思考に至るきっかけの1つとなったのは以下の1冊。そちらを読むだけはもちろん世界は変わりませんが、読んで実践すればあなたのポジティブ思考をサポートしてくれるのは間違いありません↓)


Amazonでチェック!

 では、終わり😉

以上ネガティブ思考とおさらばする2つの方法【当たり前を定義し直せばOK】でした。

コメント