メンタルを強くする3つの心得【気分が下がる行為は控えよう】

メンタル強くする

なんか身の周りで起こることを色々とネガティブに捉えてしまうクセがあるから、メンタルを強く保ちたいけどどうすれば良いんやろ?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

カイ
カイ

それゆえ、いわゆるメンタルが強い系の人に思われたりしますが、以前はそうでもありませんでした。

 

昨日の記事「ネガティブ思考とおさらばする2つの方法【当たり前を定義し直せばOK】」でも触れてますが、ネガティブ思考が強く、常に人生を嫌気と共に歩んでいました汗っ。
ですが「変わりたい」と思い様々な取り組みを実践し続けた結果、今ではメンタルを強く保てる状態が通常に。

 

✔そこで今回は、「メンタルを強く保つために意識したいこと」をテーマに解説していきます。
以下の内容を普段から意識することで、鋼のメンタルを獲得できます笑。

 

では、詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク

メンタルを強くする3つの心得【気分が下がる行為は控えよう】

結論として、メンタルを強くするにはメンタルを強くするきっかけとなる行動を意識し続けることが必要です。
(メンタルが弱くなる行動を控える)

 

✔そもそもメンタルが強いとは、「動じない心」を持っている状態と言い換えることが可能。

 

どういった状況に立たされても困難な環境に行かざるを得なくなっても、その環境下で取り乱すことなく自身の行うべきことに取り組めるといったメンタル。

 

仮にやや普段と異なる状況になった際や、今まで味わったことのないハプニングが起きた際に、焦ったりブレたりするようではメンタルが強いとは言えません。

 

さっそくですが、そんな強いメンタル動じない心を獲得するために、普段から意識したいことは以下のとおり↓

✅他人との比較でメンタルを下げない

✅人からの評価でメンタルを下げない

✅済んだことを気にしてメンタルを下げない

では順に解説していきます。

 

他人との比較でメンタルを下げない

昨今はSNSの発展と共に、様々な形で他人の日常に触れることができます。

 

ですがそこで注意したいのが、人を羨ましがるということ。

 

✔人を羨ましがるということは言い換えると、自身を否定することになりかねません。
「誰々はタワーマンションに住んで羨ましいなあ=自身は狭いアパートかあ(ため息)」といった具合に。

 

するとモチベーションもメンタルも下がる可能性があります。
自身の至らなさにばかり意識や目が行くので。

 

ですから仮に他人と自身を比較して燃えるならすればOK。
「あの人のレベルまで行ったんねん!」といったように。

 

ですがそうではなくため息につながるようなら、他人との比較をやめる、なんならSNS等を見るのも控えるのが良いかと思います。

 

メンタルを強くするには、あくまで自身の成長具合や目標への道のりに焦点を当てて励んでいくことが重要。

 

その過程で自身にとって必要な行動に前向きに取り組めるようになっていきます!
(他人に左右されない強いメンタルが安定してくる)

 

人からの評価でメンタルを下げない

自身という人間を定義するのはあなた自身です。

 

仮に絵を描くことに自信があるのであれば、それを胸を張って持ち続けておけばOK。
仮に他人にあなたの絵はうまくないと言われても。

 

SNSなどをやっているとそうですが、どこかしらから心無い言葉が飛んでくるものです。
会ったことも声を聞いたこともない赤の他人から。

 

ですがそういった他人の評価を真に受けていると、メンタルが安定せずネガティブな評価に過度に意識が向くようになることが考えられます。(メンタルを強く保てない)

 

逆にポジティブな言葉はそのまま受け取り、自身をさらなる高みに押し上げる材料とすれば良いのです。
「僕なんて私なんてまだまだです」と過度に謙遜することなく。

 

カイ
カイ

そうして、より確固たるゆるぎない自分自身を形成していけば良いかと思います。

 

するとメンタルも自ずと強くなっていきます。
(自信の獲得にもつながる)

 

済んだことを気にしてメンタルを下げない

「あの時こうしていれば、なんであそこでこうせんかったんや」と思った所で、その過去はもちろん現在の状況が良くなることは基本的に考えられません。

 

✔あいにく人生に「たら、れば」は存在しません。
一方を選択すれば他方は選択できないのが性。

 

にも関わらず、どうにもならないことで悩んでいるパターンが多いのが実際のところかと。
これでは他方の選択をしなかった自身を悔みメンタルは下がる一方です。

 

カイ
カイ

ですからそうではなく、仮に失敗したならその失敗の原因を客観視して次の挑戦に目を向けるようにすることが必要。

 

そういったことを繰り返している内に、失敗しても動じない強いメンタルを獲得できます。

 

すると今後はより適切なアプローチができ、物事の成功確率も上がることが考えられます。

 

※参考:目標を決めて達成するまでのプロセスについて↓

目標設定は明確であればあるほど達成できる【潜在意識に刷り込む方法】
やっぱり目標を設定した方が物事はうまくいく?仮にそうならその際のコツは?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では目標を設定し達成するために最も重要なコツについて解説。これでもう目標は必ず達成できます!

 

【まとめ】メンタルが強くなれば様々なパフォーマンスが上がる

メンタル強くする

上記の内容が、メンタルを強くするために普段から意識したいことになります。

 

最近は自己肯定感がどうこうと言われるように、自身への自信の無さからメンタルが不安定になることもあったりします。

 

だからこそ普段から、本記事で解説したポイントを意識してみてください。
✔すると自然とちょっとやそっとのことでは動揺せず、ドシッと構えた状態でいれるはずです。

 

加えてメンタルが強くなると仕事やプライベートのパフォーマンスも上がり、言い換えると人生レベルで大きく前進しますよね?

 

そんなわけで、ぜひ自分軸を持って生きてみてください。

 

では、終わり😉

 

※参考:筋トレを始めて自信をつけるのもあり↓

自信をつけるには筋トレがおすすめな2つの理由【心身ともに改善される】
自信をつけるにはどうすれば良い?自信をつける方法は?と自分に自信が持てないあなたへの記事になります。本記事では自信がない原因とその解決策を解説。まずは筋トレから始めてみませんか?

 

以上メンタルを強くする3つの心得【気分が下がる行為は控えよう】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました