マークアンソニーはオリンピアフィジークの初代チャンピオン!

マークアンソニ―

フィジーク選手のマークアンソニ―の食事とかトレーニングはどんなん?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、普段から海外のフィットネス情報にも目を向けています。

そこで今回は、「プロフィジーク選手のマークアンソニ―がフィジークのパイオニアになるまでの軌跡」について解説。

以下でプロ選手から何かしらの体づくりのヒントを学んでいきましょう。

では詳しくみていきます。

スポンサーリンク

マークアンソニーはこんな人

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mark Anthony MP Mr. Olympiaさん(@markanthonyflex)がシェアした投稿

名前:Mark Anthony

身長:180㎝

体重:オフ83.9キロ オン79.4キロ

年齢:1980年生まれ(39歳)

職業:プロのフィジーク選手

カイ
カイ

今の世代のトレーニーは彼をあまり知らないのではないでしょうか?

マークアンソニーと言えばそう、あのミスターオリンピア2013の初代フィジークチャンピオン。

この年にミスターオリンピアにフィジーク部門が誕生しました。

こういうと少しはイメージができるのではないでしょうか?

今回はそんなマークアンソニ―がチャンピオンに至るまでの軌跡に迫っていきます。

マークアンソニーの若き頃

彼はトリニダードドバゴという南国の島で誕生。

他の多くのボディビルダーと同じように、彼もまたジムに引き寄せられた。

ハードワークの後の達成感がとにかく好きだったそうな。

そんなアンソニ―はこの時ウエイトトレーニングに情熱は注いでいたものの、プロのボディビルダーになることだけを考えていたわけではなかった。

マークアンソニーのプロ生活

そんな彼だったが、ボディビルダーとして競技にでることを決意。

初めてのコンテストは5位、続いて2位。

ここでマークアンソニー選手はもっとすごい体を作るために少しの間オフをとることに。

そして2011年に彼はカムバックし、コンテストで優勝して見事にプロカードをゲット。

プロになってから2年間で彼はファンを魅了し続け、3つのプロコンテストで優勝するという輝かしい結果も残した。

そのかいもあり彼は最も大きなチャレンジであるミスターオリンピアに差し掛かっていた。

そんな2013年にミスターオリンピアフィジーク部門ができて、これは彼にとってまさに戦えるカテゴリー。

彼の友達でもあるあのミスターオリンピアで優勝したこともあるジェイカトラーのアドバイスもあり、見事に勝つことができた。

そう、初代ミスターオリンピアフィジークの誕生です。

初代オリンピアチャンピオンのその後

初代チャンピオンになったマークアンソニー選手は2014年もタイトルをとることを表明。

しかしそううまくはいかず6位に終わった。

ちなみにこの時に優勝したのはあの「ジェレミーブエンディア選手」です。

その結果、彼はコーチングやアスリートへのスポンサー業に力を注ぐようになった。

そしてSNSで有名になり、彼は多くのファンをサポートしている。

また休みの日は家族や友達と過ごし、格闘技を見たりするそう。

カイ
カイ

とまあマークアンソニー選手を見てもわかるように「チャンスは日々ハードワークをしている人にしか訪れない」と感じませんか?

ずっと気持ちを強く目標を持ちそれに取り組んでいたからこそ、ちょうどいいタイミングでミスターオリンピアの機会が生まれたように。

では次にそんなマークアンソニー選手の体を作った筋トレメニューを見ていきましょう。

マークアンソニー選手の筋トレメニュー

マークアンソニ―選手は以下のことを意識してるそう。

・いつも同じルーティンはしない

・有酸素運動はダイエット時のみ

・ダイエット時はトレーニングの強度を上げる

そんな彼の具体的な筋トレメニューは以下のとおり。

(いろいろと調べたのですが、2013年のチャンピオンということもあって今ほどSNSも発達していないのでなかなかトレーニング情報が見つかりませんでした)

マークアンソニーの肩トレーニング

・ダンベルショルダープレス

・ダンベルサイドレイズ

・ケーブルワンアームサイドレイズ

・スミスフロントプレス

・ダンベルリアレイズ

・バーベルフロントレイズ

スーパーセットでアップライトロウ

・リバースケーブルクロスオーバー

・マシンサイドレイズ

・ケーブルアップライトロウ

とまあ種目数は割と多めですね。
(⇒参考:筋トレの効果的な種目数は?【部位によって異なるので意図を持つべし】

動きとしては無駄に重たいウエイトを使うことなく、対象筋できちんとコントロールできる範囲のものを使っている印象。

サイドレイズでは、小指側を上に向けてより肩のサイドに刺激が乗りやすいようにしています。

ですが、やり過ぎると肩の怪我につながるので注意は必要。
(⇒参考:【完全版】サイドレイズの7つのコツ【僧帽筋に入らないフォームとは】

※参考:ダンベルショルダープレスのコツ↓

【肩メロン】ダンベルショルダープレスの3つのコツ【今日から使えるテク】
肩トレ動画とか見てたらよくダンベルショルダープレスが出てくるけど、あれってコツとかあるん?単に上に挙げればOKなんかな。いまいち効いてる感ないけど...。という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではダンベルショルダープレスでひとまず意識したい3つのコツを解説。これであなたもメロン肩に!

マークアンソニーの腕トレーニング

・バープッシュダウン

・ケーブルプッシュダウン

・マシンディップス

・スカルクラッシャー

・ダンベルカール

・プリ―チャーカール

・アイソラテラルカール

・バーベルカール(ファットグリップ)

動きとしては三頭筋は体を伸ばしつつ動作するとより働きやすいので、その点をプッシュダウンでは意識してそうです。
(⇒参考:【グッと効く】上腕三頭筋が大きくならない時に意識したい2つのこと

また種目の選び方としても、それぞれ「収縮メイン」「高重量を狙う」など意図があってのことだそう。

まああのジェイカトラーのメニューなので間違いないですかね。

また彼が使ってるファットグリップは指先でバーを持つことなく、手のひら全体で握ることが必要なのでより前腕の筋肉を働かせやすくなるので要チェックなアイテム↓

マークアンソニー
【Myprotein】でも扱ってます)

※参考:ファットグリップについて、詳しくは以下の記事で解説してます↓

ファットグリップの2つの効果と適切な使い方【前腕をポパイにしよう】
ジムにファットグリップなるものが置いてあるけど、アレってどんな効果あるん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではファットグリップの効果と適切な使い方について解説。前腕を太くしたいなら試す価値あり!

マークアンソニーの胸トレーニング

・インクラインケーブルフライ

・インクラインスミスプレス

・ダンベルベンチプレス

・チェストプレス

・ペックフライ

上部、中部、プレスにフライとまんべんなく胸が鍛えられるメニュー。

中でも気になったのは、バーをおろす位置が首あたりな点。

通常のプレスだと胸の真ん中あたりにおろしてきますよね?

このギロチンスタイルはプロのボディビルダーでもやっている人はちょいちょいいます。

カイ
カイ

ですが、胸の上部の筋肉は鎖骨から斜め下に向かってついているので、解剖学的にはやや効果的とは言えないですかね。

また脇を真横に開く形になり、肩関節への負担も増加することが考えられます。
(⇒参考:【保存版】ベンチプレスの効果的なフォーム作りに欠かせない3点

※参考:大胸筋上部の改善策について↓

大胸筋の上部を大きくするための筋トレのコツ3選【ボディビルダーが解説】
鎖骨のすぐ下から盛り上がるデカい大胸筋を作りたい。あのアーノルドシュワルツェネッガー氏のような。と思っているあなたへの記事になります。本記事では大胸筋の上部をデカクするコツをボディビルダーが解説。ひとまずこれだけ理解しておけばデカクなる!

マークアンソニーの脚トレーニング

・レッグエクステンション

・レッグプレス

・ライイングレッグカール

・スティフレッグデットリフト

収縮時は1秒ほどホールドしたり、ウエイトをおろす局面ではガシャンとしたにつけない。

など基本的だけどついおろそかにしてしまう所を意識して取り組んでますね。

結局のところデカクなるためには、本当に基礎的な所をどれだけ密にすることができるかがカギと感じさせられます。
(⇒参考:筋トレするならビッグ5は必須【これらの種目が重要とされる3つの理由】

とまあマークアンソニー選手のトレーニングに関して情報は少ないですが、特別なフォームや特別な種目に取り組んでいる印象はありませんでした。

言い換えると、基本的な種目を基本的なフォームで行っているという感じ。
(⇒参考:まだ筋トレフォームの重要性を知らないの?【今すぐ改善すべき2つの理由】

では最後に彼の食事メニューをまとめていきます。

マークアンソニーの食事メニュー

減量時は以下のことを意識してるそう。

・摂取カロリーを減らす。特に炭水化物から

・次に食パンや精製された穀物や砂糖類をやめていき、水分は水からしかとらない

・様々な種類のタンパク質をとる

(⇒参考:【保存版】減量のやり方【2つの必須条件をボディビルダーが解説】

増量時は以下のことを意識しているそう。

・基本的にオフシーズンは厳しい食事制限はせず、少しテキトーにし美味しいものを食べる

・減量時に食べるものの量を増やすイメージ

(⇒参考:【勘違い】バルクアップは食べ過ぎも食べなさ過ぎもともに非効率

とまあ、これまたプロの選手に共通した内容ですね。

体づくりは本当に地道なことの積み重ねです。

1日こういった食事を真似しても何も変わりませんが、100日ほど継続すれば確実に結果はでてくるもの。

こういったことを続けられる人がチャンピオンになるのかと。

そんなわけで、マークアンソニー選手のように日々の努力を続けていきましょう。

では、終わり😉

※参考:筋肥大のための食事法について↓

【保存版】筋トレは食事に効果を大きく左右される【重要度別5ステップ】
「筋トレ効果を高めるには食事が大事」って聞くけど、実際どういう感じの食事が良い?やっぱりプロテインとか飲んでささみとか食べるべき?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレにおける食事の優先順位を解説。まずはここだけ押さえとけば問題なし!

以上「マークアンソニーはオリンピアフィジークの初代チャンピオン!」でした。

コメント