ナッシュは糖質制限に使える?【一部は適さないので注意】

ナッシュ糖質制限ダイエット

あなたはできるかぎり空腹感なく楽に痩せたいですよね?それも、あれやこれやめんどうなカロリーを意識した自炊をすることなく。

そんなあなたのやや無茶とも言える要望をサクッと叶えてくれるのが、3000万食も売れてる糖質量が低めでヘルシーとして知られる「NOSH – ナッシュ」

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は11年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※Twitterもやってます😉)

そんなわけで、今まで糖質制限も含め様々なダイエット理論を学び実践してきました。

ときにナッシュはじめ、「筋肉食堂デリ」や「ダイエティシャン」などダイエットやボディメイクに特化した冷凍弁当も使いながら。

そこで今回は、そんな過去にナッシュも何十食と食べてきた僕が「ナッシュと糖質制限ダイエット(いわゆるケトジェニックダイエット)の相性」について解説。

以下の内容を踏まえて、ナッシュでうまく糖質制限することで、あなたはより快適なダイエットができ、日に日にそのお腹の体脂肪は薄くなっていくことに。

ではそんなワクワクなダイエット手順をみていきましょう。

(ちなみに糖質制限ダイエットではない、ナッシュのダイエット効果はナッシュ(nosh)はダイエット効果あり?【痩せるための正しい活用法とは】で解説してます。)

ナッシュは糖質制限に使える?メニューの糖質の量は?

ナッシュ糖質制限

結論として、ナッシュはメニューにもよりますが、基本的には糖質制限ダイエットに問題なく活用できます。

そもそも糖質制限ダイエット(ケトジェニックダイエット)では、以下のようなポイントを押さえる必要があります↓

・炭水化物の量は、総摂取カロリーの約10%以下

・タンパク質の量は、総摂取カロリーの約30%

・脂質の量は、総摂取カロリーの約60%

カイ
カイ

こうすることで、体は糖質が入ってこないのを理由に、エネルギー源を体脂肪にシフトすることに。

そう、体脂肪が使われやすくなります。

また糖質の摂取が極端に少ないため、血糖値のふり幅が小さく、体脂肪の合成を促すホルモンであるインスリンの分泌を抑えることも可能。

これまた体脂肪が燃焼されやすい理由になります。

それでいて糖質を制限する代わりに高脂質な食事になるゆえ、消化吸収がゆるやかで空腹感が目立たないのもその特徴。

では、そんな糖質制限ダイエット、具体的にどのくらいの摂取カロリーが目安なのか?

基本的に糖質制限ダイエットであれ、ダイエットの大原則「摂取カロリー<消費カロリー」は適用されます。ですからオーバーカロリーでも問題ないなんてことはありません。

厚労省の日本の食事摂取基準」を参考にすると、1日の必要エネルギーは男性およそ2300kcalで女性1700kcalが目安になると考えられます。

(もちろん普段の運動量や体型などによって前後。)

なので先ほどの糖質制限の基本に当てはめると、男性なら1日あたり約230calで女性なら170kcal分の炭水化物の量がその上限に。

炭水化物は1gあたり4kcalなので、男性57gほど女性45gほどとなります。1日3食なら、1食あたり男性19gほど女性15gほどの炭水化物の摂取に。

といった前提を踏まえて、ナッシュの使い勝手をみていきましょう。

ナッシュは全メニュー糖質30g以下ゆえ糖質制限に使えるものが多い

カイ
カイ

ナッシュは全メニュー糖質量30g以下になります。

とはいえ、きちんと糖質制限を行うにはすでに触れたように、1日あたりの炭水化物の量を男性57gほど女性45gほどに抑えることが必要。(炭水化物=糖質+食物繊維。)

ですから冒頭で、「メニューによる」と言いました。
(⇒ナッシュのまずいメニューはこれ!24種たべた率直な感想

具体的には、以下メニューは特に糖質の量が少ないので安心して食べることが可能↓

・チキンのバジルオイル焼き
⇒糖質4.4g

・焼き鳥の柚子胡椒
⇒糖質6.8g

・鮭のごま塩焼き
⇒糖質10.3g

・豆腐干と蒸し鶏のさっぱりあえ
⇒糖質10.4g

・やみつき塩から揚げ
⇒糖質10.7g

・牛肉ときのこの甘辛煮
⇒糖質11.3g

・豚肉と絹揚げのオイスターソース
⇒糖質11.3g

・海老クリームソース
⇒糖質11.5g

・鮭のマッシュポテトアヒージョ
⇒糖質11.7g

・山椒香る牛肉の甘辛ダレ
⇒糖質12.2g

・にんにく醤油から揚げ
⇒糖質12.7g

・チキンのトマトチーズがけ
⇒糖質12.8g

・豚肉と野菜のおろしポン酢仕立て
⇒糖質14.6g

・白菜の棒棒鶏
⇒糖質14.8g

・旨だれペッパーチキン
⇒糖質15.1g

・痺れる旨辛よだれ鶏
⇒糖質15.7g

他のメニューももちろん糖質30g以下ではあるものの、炭水化物の量自体はすでに触れた目安を超えることになるので、あまりおすすめしません。

(ロカボなどガチガチの糖質制限でない場合は他のメニューでも問題ないですが。)

快適な糖質制限(ケトジェニック)で痩せたいならナッシュ

上記の内容が、ナッシュが糖質制限ダイエットに使えるかどうかと、その際の具体的なメニューになります。

一般的に糖質制限ダイエットをしようと思うと、食費がかさむことも。基本的に炭水化物は安く、タンパク質は高いですので。(白米は安いけど牛肉や鮭などは高め。)

ですがナッシュならナッシュ(nosh)は安い?1ヶ月で値段はいくらかかる?で解説してるように、初回でも1食599円で、継続するとなんと1食499円で購入することができます。

カイ
カイ

それでいてメニューが豊富ゆえ、栄養が偏ることも防げます。

牛肉から鶏肉に魚までなんでもありますので。

なので毎食ナッシュとは言わずとも、外食に行こうか迷った際などに活用するのが吉。すると食費の節約にもなりますし。

それに外食して変にスイッチが入り、糖質を多く含むメニューを食べてしまうと糖質制限ダイエットは台無しですし。

そんなわけで、空腹感が弱くかつ油っこいものも食べれる糖質制限ダイエットを、ナッシュでさらに快適にしてみてください。ダイエットがこんなにも楽だったのかと驚くはずです。

⇒ナッシュ公式はこちら

以上ナッシュは糖質制限に使える?【一部は適さないので注意】でした。