フィルヒースの肩トレを解説してみた「ピンポイントな無駄のない動き」

フィルヒース

筋肉万太郎
筋肉万太郎

フィルヒースの肩トレはどんなん?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験もあります。

 

そんなわけで今回は以下のフィルヒースの肩トレを僕の目線で解説していきます!

フィルヒースの肩に少しでも近づいていきましょう笑。

 

では詳しく見ていきます。

 

フィルヒースの肩トレを解説「ピンポイントな無駄のない動き」

種目は以下の通り。

・ショルダープレス

・サイドレイズ

・ベントオーバーサイドレイズ

・バーベルフロントレイズ

・ケーブルハイロウ

・ショルダープレス

 

ショルダープレス

フィルヒース

・10~12回

・4セット

 

割と肩にストレッチをかけた位置からプレスしていき、肘は伸ばしきらない範囲で動作しています。

 

カイ
カイ

僕もどちらかと言うとこのスタイルで行うことが多いです。

 

というのも僕は左肩に問題があるので上の方までプレスしてしまうと左肩が上がりやすく、肩から負荷が抜けやすいので。

 

いまいちショルダープレスがしっくりこないなら可動域をあえて制限して、常に肩から負荷が抜けない位置で行うのもアリですよ!

 

サイドレイズ

フィルヒース

・10~12回

・4セット

 

シーテッドでやや前傾した状態から気持ち体を振りつつレイズしています。

 

このやり方の方がテンポよく動作できるなら試す価値はアリ。

 

カイ
カイ

また小指側からレイズし肘が先行することで、前腕や腕に負荷が逃げないようにしていますね。

 

よくダンベルが肘より上に位置しているレイズを見かけますが、これだと肩が収縮した結果として腕が上がってくるのではなく、

 

まず腕の力でダンベルを挙げていることになり、肩への刺激は弱くなるかと。

 

(こちらの動画も参考にどうぞ↓)

 

ベントオーバーサイドレイズ

フィルヒース

・10~12回

・3セット

 

お次はリア狙いですね。レイズというよりはロウっぽい感じで90°に曲げた肘を上に引き上げています。

 

ベントオーバーロウの収縮メインのようなイメージ。

 

肘は真横ではなくやや背中側に位置しており、リアの働きをうまく使っているように思います。

 

(リアには腕を前から引いてくる作用もあったりするので、その反応も使いやすいフォーム)

 

バーベルフロントレイズ

フィルヒース

・10~12回

・3、4セット?

 

「バーを肩の高さよりも高く挙げない」と言うフィルヒースですが、

 

シュワルツェネッガーは「バンザイするぐらい挙げるのが良い」と言っていたりもするので感覚の良い方を試すのがベター。

 

カイ
カイ

個人的にはむしろ挙げた方が肩の関与は強くなると考えているので、高く挙げても問題はないかと。(肩自体は挙げない)

 

ケーブルハイロウ

フィルヒース

・10~12回

・4セット

 

これまたリア狙いですね。

 

フィルヒースは「リアは体の厚みを出すのに欠かせない」と認識しているだけあって抜かりなく刺激していますね。

 

カイ
カイ

肘と体の角度が90°でリアを狙うには理想的。またそこまで引き切ってる感じがないのも良いかと。

 

引きすぎると肩甲骨が寄りやすく僧帽筋の中部に負荷が逃げることがありますので。

 

ショルダープレス

フィルヒース

・10回

・7セット

 

こちらは「FST7」で行ってますね。

 

FST7は簡単に言うと「10回~15回をインターバルは60秒ほどで7セット」行うやり方。

 

カイ
カイ

とにかくパンプさせよう作戦です笑。

 

動作に関しては1種目目のショルダープレスと違い、

 

グリップはややニュートラルに近く脇を閉じやすくよりフロントにストレッチがかかり刺激が強くなることが考えられます。

 

また挙げ過ぎずの可動域で動かしてますね。

 

(FST7に関しては以下の記事を参考にどうぞ↓)

FST7は筋肥大にかなり効果的「やり方からそのメカニズムまで徹底解説」
FST7ってなに?FST7って美味しいの?といった疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではFST7のやり方や目的、注意点などを解説。FST7を取り入れて今までにないパンプを筋肉に。

 

というのがフィルヒースの肩トレになります。

 

あくまで僕の視点での解説なので参考程度になればと思います。(フィルヒースと話したわけではないので本人の意図はわかりません笑)

 

以上フィルヒースの肩トレを解説してみた「ピンポイントな無駄のない動き」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました