プロテインは国産と海外どっちが良い?【比較する際の3つの基準】

プロテイン国産海外比較

プロテインは国産より海外の方が優れてるイメージがあるけど、そもそもどうやって比較すれば良いんやろか?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

カイ
カイ

僕自身も筋トレを始めたころはなぜか国産しか選択肢がなかったですね。勝手なイメージで「海外のプロテインはヤバいもんが入ってるんじゃないか」とか思ってましたし笑。

そこで今回は、「プロテインは国産と海外のどちらが優れているのか」をいくつかの観点から比較しつつ解説。

本記事を読むことで、いずれのプロテインにせよ印象が変わりあなたにとってより適切なプロテインを選択できるようになるかと思います。

では詳しくみていきましょう。

【参考】無料メルマガ配信中【今は特典あり】
【参考】無料メルマガ配信中【今は特典あり】
無料メルマガでは、筋トレ歴3.4年に満たない方が早めに知っておきたい「筋肥大の基礎」を、ブログ記事とはやや異なる視点からも配信しています。昨今はYouTube等で多くの筋トレ情報に簡単にアクセスできますが、ゆえに基礎への理解や実践がおろそかになり身体が変わらないことも。そこで必要となるのが当メルマガです。

プロテインを国産と海外産で比較する際の3つの基準

結論として、プロテインはどちらかと言うと海外の方が優れていると考えられます。

そう言える理由は以下のとおり。

・国産と言えど原料は海外産のプロテインがほとんど

・フィットネス市場の規模の違い

・海外プロテインのインフォームドチョイス認定の多さ

では順に解説していきます。

国産と言えど原料は海外産のプロテインがほとんど

国産のプロテインを優先して選ぶ理由として「国内で作ってるからなんか安心」といったイメージがないですか?

(僕は10代のころまさにそう思ってました)

ですが、

実際ホエイプロテインのホエイつまり牛の乳から取り出したタンパク質(乳清)は、アメリカなどから輸入したものがほとんどです。

日本のいわゆるプロテイン工場で行うことは、そのホエイに抹茶味などの味をつけたり、その他の成分を加え「あのパッケージにする」といった工程。

ですから国産のホエイプロテインと言えど、別に国内で一からホエイプロテインを作ってるわけではありません。

プロテインの価格を抑えようと思えば、原料を輸入し少しでも原価を低くするのは当然ですよね。

(その抑えた価格を広告費に回したりする場合が多い)

もちろん中には完全に一から国内で生産してるブランドもあるかもですが、基本的に国産プロテインの「原料は輸入」ということを覚えておいてください。

そういった意味で、原料に関して国産と海外産の差をあまり考える必要はないかと思います。

フィットネス市場の規模の違い

そもそもプロテインに関していわゆるサプリメント市場ですが、当たり前に海外の方が日本より先を行ってます。

筋トレ方法にしても欧米で数年前に流行ったものが、最近になって日本でブームになるなんてこともあるように。

そんなわけでフィットネス市場は、もちろん海外の方が大規模。

それゆえ次から次に新しいラインナップが出てきますし、大量生産がゆえコスパだって改善されていきます。

カイ
カイ

日本はプロテイン市場がそこまで大きくないので、コスパがどうしても海外産に劣る場合がほとんど。

国産ブランドのホエイプロテインは1キロあたり平均4000円ほどするのに対して、海外ブランドだと平均3000円ほどだったりします。

それに外国ブランドを購入する際にアイハーブマイプロテインを利用すればセールでさらに安くなることも。
(⇒参考:【老舗】アイハーブとはアメリカの通販サイト【使い方は簡単3ステップ】

もちろん国産ブランドでも以下の記事でレビューしてるとおり、「グロング」や「エクスプロージョン」といったブランドは海外産と比べても安い場合がありますが。

グロングのプロテインがまずいだって?【4種類を飲んでみた結果】
グロングのホエイプロテインを飲もうかと思って調べてみると「まずい」ってよく出てくる。やっぱりグロングは飲まない方が良い?なんてグロングのプロテインに不安があるあなたへの記事になります。本記事ではプロテイン歴10年の筆者がグロング4種を実際に飲んでレビュー。
調整中 | FITNESS-FREAK
YouTubeで様々な筋トレ情報を浴びるがゆえ何をやって良いかわからないあなたにこそ知って欲しい、体づくりの基本がつまった筋トレメディア「フィットネスフリーク」

海外プロテインのインフォームドチョイス認定の多さ

インフォームドチョイスと言えば、イギリスに本社がある世界最大のアンチドーピング認証プログラム。

世界アンチドーピング機関(WADA)の定める禁止表国際基準に基づいて、それぞれのサプリメントを分析し問題ないことを承認しています。

海外の多くのブランドはインフォームドチョイスされているのに対して、国産ブランドだとまだまだ少なかったり。

国産ブランドだとDNSやザバスにビーレジェンドあたりがインフォームドチョイス済ではありますね。

(まあ認定されるのにそれなりに費用がかかるから、してないだけのブランドが多い気もしますが)

カイ
カイ

そういった点からも「海外産だから」といってヤバい成分が入ってるなんてことは考えにくいかと思います。

【まとめ】海外のプロテインでも問題なし

上記の内容が、プロテインは国産か海外産どちらが良いのか考える際の基準になります。

イメージとして国産の方が安全かつ安心な固定概念があったりするかと思います。

とは言え、原料は基本的に海外からの輸入。加えて輸入先の海外の方がプロテイン市場は大きく、それに伴い検査機関も信頼の置けるものだったり。

そんなわけで、個人的には国産でも海外産でもどちらでも特に問題はないかと思います。

カイ
カイ

むしろコスパを考えると海外産に軍配があがるかと。

では、終わり😉

※参考:効果が明らかとされる様々な筋肥大サプリが1つになったプロテインも便利↓

パーフェクトパンププロテインの成分や効果を徹底レビュー
もう世にあれやこれや筋トレサプリがあってどれを飲んでいいかよーわからへんし、そんなこといちいち考えるのもめんどくさい...。「これだけ飲んどけば筋肥大的にはOK」みたいな成分のプロテインがあればええのにな。なんて思ってませんか?今まさに思わず首を縦に振ったあなたに必要なのが「パーフェクトパンププロテイン」。

以上プロテインは国産と海外どっちが良い?【比較する際の3つの基準】でした。