【基礎】プロテインのメリットデメリット【食事とうまく組み合わせよう】

プロテインメリットデメリット

プロテインは筋肉をつけるには効果的って言うけどホンマにメリットしかない?プロテインのデメリットは?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどでコンテストでの優勝経験あり。
※参考:僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉

 

そんなわけでプロテインも中学生の頃から飲んでます笑。

 

そこで今回はプロテインのメリットデメリットを解説していきます!

 

✔プロテインもただ飲めば筋肉がつくわけではないのでそのメリットデメリットはきちんと理解しておくとより効率よく体づくりを進めていくことが可能に。

 

では詳しくみていきましょう。

 

【基礎】プロテインのメリットデメリット【食事とうまく組み合わせよう】

結論としてプロテインのメリットとデメリットは以下のとおり。

 

プロテインのメリット

✔タンパク質が手軽に補える

✔消化吸収が速い

✔低カロリー

 

プロテインのデメリット

✔消化吸収が速い

✔飲みにくい場合がある

 

ではそれぞれ順に解説していきます。

 

プロテインのメリット

✔タンパク質が手軽に補える

プロテインを飲む目的は多くの場合が「筋肉をつけるため」かとは思います。

 

ですがプロテインはただのタンパク質。ですから基本的には1日に必要なタンパク質の量を補うのをサポートするサプリメントに過ぎません。

 

カイ
カイ

とは言えなんと言ってもそのタンパク質を補うのにプロテインほど便利なものはありません。

 

肉や魚でタンパク質を補うとなると調理したりコストがかかったりするので汗っ。その点プロテインは水に混ぜて振るだけ。

 

そんなわけでプロテインの最大のメリットは超簡単にタンパク質を補給できるところ。

 

※参考:プロテインの効果について
【悲報】プロテインを飲んでも筋肉はつかない!【本質を理解しよう】

【悲報】プロテインを飲んでも筋肉はつかない!【本質を理解しよう】
プロテインを飲んだら筋肉がつくってホント?プロテイン飲んでも筋肉つかないけどナンデ?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではプロテインを飲むそもそもの目的から解説。プロテインは飲むだけでは筋肉はつきません!

 

✔消化吸収が速い

プロテインはただのタンパク質と言えど肉や魚に含まれるタンパク質とは消化吸収にかかる時間が異なります。

 

カイ
カイ

食事からのタンパク質だと消化吸収に4時間ほどかかる場合がほとんどなのに対してプロテインだと1、2時間で済みます。

 

消化吸収が速くて何が効果的なのか?

 

✔起床時や筋トレ前後など体がタンパク質をかなり求めてる状態ですぐに栄養を送ってあげることが出来るのです!

 

(筋肉の分解を抑え、合成を促すのが目的)

 

それらのタイミングで食事からのタンパク質を補っていると筋肉の材料となるタンパク質がなかなか欲しい所に行きついてくれません汗っ。

 

これでは筋肉の発達が遅れることにもつながります。

 

なのでプロテインからのタンパク質と食事からのタンパク質を摂取するタイミングに気を使うとより効果的に体づくりを進めていくことが可能に。

 

✔低カロリー

多くの方は筋肉はつけたいけど体脂肪はこれといって増やしたくないはず。

 

仮にタンパク質を牛肉や豚肉ばかりから補おうとすると部位を選べどやはり脂身の部分も一緒に食べることになります。

 

✔となると余分な脂質によるカロリー増で太りやすくなることも考えられます。

 

ですがプロテインは基本的にタンパク質の含有量が80%ほど、言い換えると脂質と炭水化物は数グラム。

 

ですから同じタンパク質の量を補うとしてもプロテインで飲む方がカロリーを抑えることが可能に。そういった面でプロテインはかなり便利!

 

とは言うもののプロテインも考え方によっては良い所だけではありません。

 

プロテインのデメリット

✔消化吸収が速い

 

カイ
カイ

「ん?さっき消化吸収が速いのがプロテインのメリットって言ったよね?」。

 

確かにタイミングによってはタンパク質をいち早く筋肉に送ることは筋肥大にとってプラス。

 

ですが人間の体は常に筋肉の合成と分解が起こっています。

 

仮にプロテインばかりでタンパク質を補っていると2時間おきとかに飲むのなら問題ないでしょうが、そうでないなら消化吸収の速さがあまり効果的とは言えないことも。

 

というのも消化吸収が速いということは栄養素が体内にとどまる時間が短い。

 

この状態でプロテインを4時間おきとかに飲むなら2時間で消化吸収されて後の2時間はやや筋肉の分解が優位になることが考えられるので。

 

✔そういった意味で基本的には食事からタンパク質を補い数時間かけて消化吸収されることによって筋肉の合成を優位にするのが良いかと。

 

筋トレ前後はもちろんプロテインの方が良いですが。

 

飲みにくい場合がある

プロテインは鶏肉や牛肉と違いわりと買って飲んでみるまで味が想像できないことがあります。

 

抹茶味といっても飲んでみると青汁かい!ってなることも笑。

 

✔そんなわけで新しい味に挑戦する時はやや勇気が必要になります。また味だけでなく泡立ちがすごかったり、溶けにくさが目立ったりすることも汗っ。

 

なので初めは大容量(3キロ)で買うのではなく1キロやそれ以下のパックがあればそちらを試すのがおススメ。

 

いっぱい買ってマズいとどうしようもないので笑。

 

ちなみに僕はゴールドスタンダードダイマタイズのプロテインが好きですね。

 

といったようなことがプロテインのメリットデメリットになります。

 

こういった点を知った上で食事とプロテインからうまくタンパク質を補給することで、より効果的に体づくりを進めていくことが可能に。

 

※参考:プロテインの種類
【注意】プロテインの違い【大きく5種類に分けることができる】

【注意】プロテインの違い【大きく5種類に分けることができる】
プロテインは種類が多くてどれが良いかわからない。というあなたへの記事になります。本記事ではプロテインの違いとより良い選び方を解説。プロテインの違いを知ってより筋トレ効果を高めていきましょう!

 

それではまた😄

 

以上【基礎】プロテインのメリットデメリット【食事とうまく組み合わせよう】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました