レイモントエドモンズを徹底解説【食事やトレーニングの真似すべき所】

レイモントエドモンズ

フィジークのオリンピアにもなってるレイモントエドモンズの食事とかトレーニングはどんなん?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年で、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、普段から海外のフィットネス事情にも視野を向けてます。

そこで今回は、フィジークチャンピオンのレイモントエドモンズ選手の生い立ちやあの体に至った過程についてフォーカス。

以下の内容でマネできるところはマネして、さらに筋肥大を促していきましょう。

では詳しくみていきます。

スポンサーリンク

レイモントエドモンズはこんな人

 

この投稿をInstagramで見る

 

Raymont Edmondsさん(@raymontedmonds)がシェアした投稿

名前:Raymont Edmonds

身長:約188㎝

体重:約108キロ

年齢:1986年生まれ(33歳)

職業:プロフィジーク選手、フィットネスモデル

この簡単なプロフィールだけでも、レイモントエドモンズ選手がヤバいことがわかりますよね。

めちゃめちゃ身長が高くて体重も100キロを超えてるし半端ない。

そんなわけでいかにしてレイモントエドモンズ選手が、今のようなレベルになったのかに迫っていきましょう。

レイモントエドモンズ選手は若いころからいろいろなスポーツをしていたそう。

中でもバスケットボールを大学までずっと続けていて、キャプテンを任されていました。

なのでバスケットボールの腕前もそうとうなものらしいです。

ジェフシード選手にしてもそうですが、フィジークのトッププロ達はスポーツがうまくて運動神経が良い選手が多いですね。

それが筋トレにもいかされているのでしょうか。

そんな彼がフィジークコンテストに出始めたのは2014年とかなり最近の話。

そしてなんと翌年の2015年にはプロカードを獲得しています。

カイ
カイ

競技に出始めてたった1年でプロです。

そしてその勢いは止まるはずなく、2017年にはニューヨークプロというこれまた大きなコンテストで優勝。

2018年にはあの世界一の筋肉を決めるコンテストであるミスターオリンピアに出場。

そしてそして先日のミスターオリンピア2019でなんと優勝し、世界一になってしまいました。

(2020年のミスターオリンピアは惜しくも2位)

2014年からコンテストに出るようになり毎年毎年、戦うレベル、ランクが上がっていき5年で頂点に立ちました。

と、これからのレイモントエドモンズ選手はより目が離せない存在。

では次にそんなレイモントエドモンズ選手のトレーニングルーティンをみていきましょう。

レイモントエドモンズのトレーニング

レイモントエドモンズ選手はコンテストに向けて減量に入ると、ケガを防ぐために少し筋トレの強度を抑えるそう。

確かに減量が進んでいくと関節の周りの体脂肪が減り、体がぶれやすくなりケガの可能性は上がることは考えられます。

なので彼のスタイルには賛成しないこともない。

カイ
カイ

ですが僕は逆に減量中だからこそより強度を高く保ち少しでも体脂肪を燃焼させる意味でもケガに最大限の注意を払いながらも、とことんまで強度を求めたトレーニングを心がけています。

逆にレイモントエドモンズ選手はオフの期間では「重量と強度」の2つをより重視すると言う。

というのもこの2つの要素が、トレーニングの量よりも筋肉を大きくするのに効果があると考えているからだそう。
(⇒参考:筋トレで重量が上がらない5つの原因とその解決策【一つずつ見直せばOK】

「量より質」といったイメージですかね。

ではそんな具体的なトレーニングを見ていきましょう。

背中のトレーニング

動画が見つからなかったので文字のみでの解説になります。

・ラットプルダウン
→10回から12回を4セット

・シングルアームローロー
→8回から12回を4セット

・リアデルトマシン
→8回から12回を3セット

・デッドリフト
→10回から15回を3セット

と一見やや少ない量のように思いますよね?

ですがこれにはわけがあったのです。

レイモントエドモンズ選手は背中のトレーニングが筋トレの中で最も好きで、1週間に3回も背中のトレーニングをしているそう。

(ずっとではないと思いますが)

今まで様々なプロの選手のトレーニングを調べたりしてきましたが、さすがに1週間に3回は初めて聞きましたね。

ですから1回あたりのトレーニングの量は少ないそうです。

でないともちろん筋肉の回復が追いつかないですよね。
(⇒参考:効果的な筋トレの量はこれだ!【3つのポイントを意識して決定】

また1つ気になったのは背中の日に肩のリア(後ろ)も鍛える点。

確かに動きとしては、

リアと広背筋で働きが被る部分もありますし、よりリアを狙う際は肩甲骨を開いた状態で動作するだけなので、組み合わせても問題ないかとは思いますが。

※参考:デッドリフトのフォームは、以下の記事で解説してます↓

【完全版】デッドリフトのフォームを徹底解説【もう腰が痛くならない】
デッドリフトの基本フォームが知りたいなあ。腰をケガしそうな気もするし、なんかしっくりこんなあデッドリフトって。というあなたへの記事になります。本記事では、デッドリフトの基本フォームからケガ防止の方法まで徹底的に解説してます。デッドリフトをやり込まずして筋トレは語れない!?

胸のトレーニング

・ベンチプレスマシン
→10回から12回を3セット

・インクラインマシンフライ
→12回から15回を3セット

・ケーブルアッパーフライ(下から上にケーブルを引く)
→12回から15回を3セット

・インクラインダンベルプレス
→8回から12回を3セット

・インクラインバンドプレス(上とスーパーセットで)
→8回から12回を3セット

胸のトレーニングに関して、量は少なくも多くもなくちょうど良いといった印象。

特徴としては胸の上部を狙う種目が多いですね。

ジェフシード選手もそうですが、胸のトレーニングを上部をメインに組んでいるのが海外の選手によく見られるパターン。

日本は中部の種目が多い傾向があるので、この点はとマネしても良いかもですね。

やはり胸の上部から肩にかけてのラインが発達していないと、フィジーク的にはカッコいい体とは言えないですし。

海外の選手で胸が弱い人が少ないのは、胸の上部を狙う種目が多いのにも要因があるかもですね。

(骨格的なモノを除いて)

※参考:そんな大胸筋の上部を鍛えるコツは以下の記事をチェック↓

大胸筋の上部を大きくするための筋トレのコツ3選【ボディビルダーが解説】
鎖骨のすぐ下から盛り上がるデカい大胸筋を作りたい。あのアーノルドシュワルツェネッガー氏のような。と思っているあなたへの記事になります。本記事では大胸筋の上部をデカクするコツをボディビルダーが解説。ひとまずこれだけ理解しておけばデカクなる!

腕のトレーニング

・オルタネイトダンベルカール

・ストレートバーベルカール

・コンセントレーションカール

・EZバーカール→21カールを3セット

・ケーブルプッシュダウン&ケーブルオーバーヘッドエクステンション

・ディップス&ナロープッシュアップ

腕のトレーニングは基本的には1種目あたり12回から15回で3セットほど。

また二頭筋に比べて三頭筋はあまり追い込まずにサクッと済ましている印象。
(⇒参考:【グッと効く】上腕三頭筋が大きくならない時に意識したい2つのこと

これに関してはあえて三頭筋をそこまでやりこまないことで大きくせず、より肩を目立たせるためかなと思ったりも。

肩も腕も全部がデカいとメリハリがなくステージで少しぼやけてしまうことがあるので。

※参考:腕を太くするコツは、以下の記事で解説してます↓

腕が太くならない4つの原因【腕トレは高頻度かつ高回数だけじゃダメ】
筋トレしてるのになかなか腕が太くならない...。腕を太くしたい...。というあなたへの記事になります。本記事では同様の悩みを持つ筆者が試行錯誤した結果効果的なやり方を解説。あまり考えすぎず1つずつ改善すれば腕は太くなります!

肩のトレーニング

・サイドレイズ

・マシンショルダープレス

・マシンショルダープレス(グリップ縦で)

・ケーブルアップライトロウ→下の種目とスーパーセット

・プレートフロントレイズ

・ケーブルリアレイズ

・ダンベルシュラッグ

肩のトレーニングは15回から20回の間で3セットが基本。

ですが種目によってはパーシャルレップ(可動域を制限して)でやってみたりと、その時の気分でトレーニングしているような印象。
(⇒参考:パーシャルで行う筋トレの3つのメリット【効果的な可動域の使い方】

リアの種目が少ないように感じますが、背中の日に取り入れていたりするので納得です。

※参考:サイドレイズのコツは、以下の記事でチェック!

【完全版】サイドレイズの7つのコツ【僧帽筋に入らないフォームとは】
「首のすぐ下の僧帽筋ばっかりきつくなる」「肩の筋肉に効いてる感覚がない」「次の日はいつも僧帽筋が筋肉痛になってる」といった感じでサイドレイズに悩まされてませんか?本記事ではそれらをすべて解決するサイドレイズのコツを解説。腕は上げるのではなく開く!?

脚のトレーニング

・レッグカール
→12回、12回、10回、8回の4セット

・レッグエクステンション
→12回、12回、10回、8回の4セット

・アダクション、アブダクション
→それぞれ12回、12回、10回、10回の4セット

・レッグプレス
→12回、12回、10回、10回の4セット

・Vスクワット(スクワットマシン)
→12回、10回、10回、8回の4セット

・ホリゾンタルレッグプレス
→12回、10回、10回、8回の4セット

・シーテッドカーフ、スタンディングカーフレイズ
→それぞれ50回を4セット

・シーテッドレッグカール
→12回、10回、10回、8回の4セット

・スティフレッグデットリフト
→12回、10回、10回、8回の4セット

脚に関しては他の部位に比べてかなりボリュームが多いですね。

また四頭筋もハムストリングもバランスよく狙っているなという印象。

あとジェフシード選手もそうですが、フィジークのトップレベルの選手はなぜかカーフをかなりトレーニングしてる気が。

カイ
カイ

もはやボディビルダーよりもきちんとやっているのでは。

※参考:そんなカーフのトレーニングのコツは、以下の記事で解説してます↓

カーフの筋トレで意識したい3つのコツ【2種類の動きが必要】
カーフの筋トレで効果的なやり方はどんなん?てかカーフてそもそも太くなるもん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではカーフの構造に適したトレーニング方法を解説。ひとまずこれらを知っておけばカーフも大きくすることができます。

加えて、レイモントエドモンズ選手のトレーニング全般に対して思ったのですが、トレーニング中はそこまでしんどくない雰囲気というか。

けっこう平気な感じでやってますね。

他の選手は割と歯を食いしばっている印象があるけど、レイモントエドモンズ選手はそうでもないと言いますか。
(⇒参考:限界まで筋トレすると逆効果なことも【避けたい3つのパターン】

まあ2019年のミスターオリンピアですから試行錯誤の結果ではあると思いますが。

では最後にレイモントエドモンズ選手の食事メニューをサクッとみていきましょう。

レイモントエドモンズの食事メニュー

レイモントエドモンズ選手はコンテストの日はもちろんバキバキで知られているのですが、その絞れた体はなんとオフの期間でもそこそこそうらしいです。

その体を作る秘訣は常に栄養素の豊富なものしか食べずに、エンプティーカロリー(お酒やお菓子などカロリーはあるけど栄養素はほぼないもの)なものは食べないそう。

ゆえにレイモントエドモンズ選手は以下の食材をメインに食します↓

・ブロッコリー

・牛肉

・七面鳥

・アスパラガス

・サーモン

・さつまいも

・アボカド

・果物

(⇒参考:筋肉をつけるために必要な食べ物9選【これだけは普段から食べておきたい】

とまあ世界のトップビルダーやフィジーカーの定番の食材。

有名な選手はみな絶対と言えるほどにこれらの食材を食べてます。

やはり筋肉をつけて体脂肪を落とそうとなると、上記のような栄養が豊富かつ余分なカロリーが含まれてないものを食べることが欠かせません。

またサプリメントに関しても以下の定番のものばかり使用するそう。

ブランドンヘンドリクソン選手もそうですが、サプリよりも食事をいかに質の良いものにするかが体づくりを加速させる秘訣ということですね。

こちらに関しては、日本のボディビルチャンピオンの鈴木雅選手も以下のように言っています。

私は「サプリでなんとかしよう」とは思っていません。摂るのはベーシックなものだけで、食事をしっかりとって、トレーニングをしっかりやるべきだと思っています。意外かもしれませんが、サプリをマニアックに摂っているトップ選手はいないですよね。実際、トップの選手はみんなそうですね。「BCAAとクレアチンとアミノ酸とプロテインくらいしか摂らないよ」という人がほとんどです。(引用元:http://physiqueonline.jp/fitness/page1423.html

というわけで、サプリメントはあくまで食事のサポートだということをお忘れなく。
(⇒参考:【保存版】筋トレは食事に効果を大きく左右される【重要度別5ステップ】

とここまでレイモントエドモンズ選手の取り組みを見てきましたが、やはり淡々とやるべきことを継続してきた結果があの体ということ。

そんなわけで、本記事の中でなにか気づきがあればそれを実践に移し、より効果的な体づくりをしていってください。

では、終わり😉

以上レイモントエドモンズを徹底解説【食事やトレーニングの真似すべき所】でした。

コメント