RM表に基づいて筋トレすることで着実に成果を得よう

RM表

筋トレしてると3RMがどうこうとか耳にするけど、RMってなに?

というあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、僕も今までRM表に従い筋トレルーティンを組んだりしてきました。

そこで今回は、「BIG3のRM表」を作ったので重量設定に悩んだ際に活用してみてください。

【参考】無料メルマガ配信中【今は特典あり】
【参考】無料メルマガ配信中【今は特典あり】
無料メルマガでは、筋トレ歴3.4年に満たない方が早めに知っておきたい「筋肥大の基礎」を、ブログ記事とはやや異なる視点からも配信しています。昨今はYouTube等で多くの筋トレ情報に簡単にアクセスできますが、ゆえに基礎への理解や実践がおろそかになり身体が変わらないことも。そこで必要となるのが当メルマガです。

筋トレでいうRMとは最大反復回数

そもそもRMとは、レペティションマキシマムの略で「最大反復回数」と言われるものになります。

例えば、

2RMなら2回しか動作できない重量、8RMなら8回で限界になる重量といった感じ。

ですから1RMがいわゆるマックスとなり、扱うことができる最大重量になります。

カイ
カイ

RMを理解しておくと、「~キロ挙がったから~キロなら~回は挙げれるてことかあ」といったイメージができ、適切な重量設定に役立ちます。

そんなRMですが、以下のような公式でも求めることが可能。

最大挙上重量(1RM)=使用重量×{1+(レップ数÷40)}

例えば、

80キロで10回できるのであれば、80×{1+(1÷40)}で100キロ。

つまりベンチプレスで80キロが10回できれば100キロは1回は挙げれるような形になります。

また逆にマックス重量がわかってると以下の式で、行いたいレップ数での重量も把握できます。

最適な重量=最大挙上重量(1RM)÷{1+(行いたいレップ数÷40)}

例えば、

ベンチプレスのマックスが100キロの場合に、20レップのトレーニングがしたい場合は、100÷{1+(20÷40)}で約66キロが適した重量設定となります。

とまあいちいち計算するのは面倒なので、以下の表を参考にどうぞ。
(スライドして見てみてください↓)

例えばベンチプレスで70キロが10回ほどできるのであれば、

実質75キロでも6回、80キロ3回ほどはできるといったイメージで、自身が扱う重量と回数に一致する所を探し、その数値に近い所を他の重量でも探すといった流れになります。

以下の図のように↓

RM表

こうすることで、現在の使用重量や反復回数から自身のマックス重量を予想したりすることが簡単にできます。

するとより自身に合う重量でのトレーニングも可能に。
(軽すぎず重すぎずといった意味で)

とは言え、人間の体はマシンではないので上記の必ずしも上記の表の通りにいくわけではありませんが。

人によってはズレが出てきます。

そんな時は先ほど触れた公式の「40」の部分を「30」や「33.3」などとやや調整することで、よりあなたが実際に扱う重量に近い数値が出てくるかと思います。

(上記の表は「40」での数値)

そんなわけで、ぜひ上記RM表を参考にピリオダイゼーションなども組み筋力を伸ばして筋肥大を促していきましょう。
(⇒参考:ピリオダイゼーションで筋トレしよう【着実に筋肥大を起こすコツ】

では、終わり😉

以上「RM表に基づいて筋トレすることで着実に成果を得よう」でした。