ライアンテリーの背中トレを解説「クリスバムステッドとの合トレ!」

ライアンテリー

筋肉万太郎
筋肉万太郎

ライアンテリーの背中トレーニングはどんなん?

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどでコンテストでの優勝経験あり。

 

そんなわけで今回は以下のライアンテリーとクリスバムステッドの背中トレを僕の目線で解説していきます。

 

2人のような背中を作るためのヒントがあるかも!

 

では詳しく見ていきます。

 

ライアンテリーの背中トレ「クリスバムステッドとの合トレ!」

種目は以下の通り。

・Vバーラットプルダウン

・マシンTバーロウ

・シーテッドロウ

・マシンプルオーバー

・ロープラットプルダウン

では順に解説していきます。

 

Vバーラットプルダウン

ライアンテリー

カイ
カイ

Vバーのパラレルバーで行うことで脇が閉じやすく通常のラットプルダウンのバーより広背筋を使いやすくなる場合もあります。

 

またバーを戻す時は腕と広背筋が離れやすいのでストレッチでの刺激もかかりやすい。

 

クリスバムステッドは上体を立てたまま胸を張り引いているのに対して、ライアンテリーはやや肩が上がり縮こまった感じで引いてます。

 

いずれにせよ広背筋の上の方が刺激されやすいようなフォーム。

 

ですがライアンテリーの方が広背筋より腕や背中の上の方に刺激が入る感じではあるかと。

 

マシンTバーロウ

ライアンテリー

クリスバムステッドは肘を横に張り出した状態でバーがみぞおちにくるあたりに引いてます。

 

こうすることで僧帽筋や広背筋の上部が刺激されやすいかと。

 

また肩甲骨を開き肩を前に出して背中にしっかりとストレッチでの刺激をかけているようにも見えます。

 

ライアンテリーはクリスバムステッドと違い頭を動かし胸をパッドから離して反動を利用。

 

これまたやや肩周りに力が入ってより僧帽筋やリアなどに負荷が入りやすいように感じます。

 

ですがおそらくヘビーな重量すぎてうまくコントロールしきれてないのかも。

 

シーテッドロウ

ライアンテリー

こちらはバーの軌道がやや下の方に向かっており、腕を骨盤に向かって引いてこれるマシン。

 

ですから先ほどのTバーロウよりも広背筋の下の方まで刺激が行きわたるかと。

 

カイ
カイ

クリスバムステッドは引いてきた所でワンテンポとめてしっかりウエイトをコントロールしきっている印象。

 

それに対してライアンテリーはやや重量がヘビーなのかこれまた肩周りに力が入り肩がすくんで引いているような感じ。

 

広背筋の下部まで刺激できているかは謎です。

 

マシンプルオーバー

ライアンテリー

こちらのマシンは日本にはそうないもの。

 

背中のトレーニングで腕を使わない唯一の種目でもあります。広背筋をストレッチから収縮までフルで刺激することが可能。

 

ロープラットプルダウン

ライアンテリー

これはあまり見ないやり方ですね。

 

カイ
カイ

ロープで行うことで腕をより後ろに引くことが出来るので、より可動域が広く収縮を強く意識することはできるのではないでしょうか。

 

逆に戻す時はロープを閉じてアンダーグリップのように腕を捻ればストレッチもしっかりかかりそうですね。

 

ただ最後の方の種目で行わないと握力が持たなそう汗っ。

 

ライアンテリーは胸の方にロープを引いてきており僧帽筋や大円筋やリアといった背中の上の方に刺激が入るかと。

 

というのがライアンテリーのとある日の背中トレーニング。

 

あまり動作のシーンがないので参考にするというよりモチベーションを高める動画ですかね。

 

(こちらのnoteも参考にどうぞ↓)

背中トレ指南書「動きを分けて考えると効果的!」|カイ@筋トレ|note
20.9.2 追加内容:全体的に加筆修正 はじめに こんにちはカイです! (ボディビルやフィジークの大会での優勝経験あり。) いきなりですが、背中のトレーニングで悩んでませんか? 「何をしても背中の筋肉を使ってる感覚がいまいち」「動作を自分で見て確かめることが出来ないからよくわから...

 

以上ライアンテリーの背中トレを解説「クリスバムステッドとの合トレ!」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました