ライアンテリーの背中トレ【クリスバムステッドとの合トレを解説】

ライアンテリー

筋肉万太郎
筋肉万太郎

ライアンテリーの背中トレーニングはどんなん?

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

そんなわけで、今まで様々な筋トレ動画を見て筋トレフォームなどを考察してきました。

 

✔そこで今回は、以下のライアンテリーとクリスバムステッドの背中トレを僕の目線で解説↓

 

そちらの動画には、2人のような背中を作るためのヒントがあるかも。

 

では詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク

ライアンテリーの背中トレ【クリスバムステッドとの合トレを解説】

今回シェアする背中トレ動画でのメニューは以下のとおり。

①Vバーラットプルダウン

②マシンTバーロウ

③シーテッドロウ

④マシンプルオーバー

⑤ロープラットプルダウン

では順に解説していきます。

 

Vバーラットプルダウン

ライアンテリー

カイ
カイ

Vバーのパラレルバーで行うことで脇が閉じやすく通常のラットプルダウンのバーより広背筋を使いやすくなる場合があります。(肩関節の伸展がしやすい)

 

またバーを戻す時は通常のバーよりは腕が外に捻られた状態になるので、ストレッチでの刺激もかかりやすい。

 

クリスバムステッドは上体を立てたまま胸を張り引いているのに対して、ライアンテリーはやや肩が上がり縮こまった感じで引いてます。

 

そのためライアンテリーの方が、広背筋より腕や背中の上の方に刺激が入る感じではあるかと。

 

※参考:ラットプルダウンのコツは、以下の記事で解説してます↓

【保存版】ラットプルダウンの3つのコツ【広背筋を狙う際の姿勢の作り方】
ラットプルダウンのコツが知りたい!ラットプルダウンが背中に効いてる感覚がないなあ。という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではラットプルダウンのコツをいくつか解説。引き始める前にすることがありますよ。

 

マシンTバーロウ

ライアンテリー

クリスバムステッドは、肘を横に張り出した状態でバーがみぞおちにくるあたりに引いてます。

 

こうすることで、僧帽筋や広背筋の上部が刺激されやすいかと。

 

また肩甲骨を開き肩を前に出して、背中(僧帽筋)にしっかりとストレッチでの刺激をかけているようにも見えます。

 

対してライアンテリーはクリスバムステッドと違い、頭を動かし胸をパッドから離して反動を利用。

 

これまたやや肩周りに力が入って、より僧帽筋やリアなどに負荷が入りやすいように感じます。
ですがおそらくヘビーな重量すぎてうまくコントロールしきれてないのかも。

 

※参考:僧帽筋の鍛え方について↓

僧帽筋の筋トレ方法【分厚い背中を作るには上から下まで鍛えよう!】
僧帽筋を鍛える筋トレ方法が知りたい!そもそも僧帽筋って首の下の部分?というあなたへの記事になります。本記事では僧帽筋の上部、中部、下部それぞれの鍛え方を解説。僧帽筋を鍛えて分厚い背中を獲得しましょう!

 

シーテッドロウ

ライアンテリー

こちらはバーの軌道がやや下の方に向かっており、腕を骨盤に向かって引いてこれるマシン。
ですから先ほどのTバーロウよりも、広背筋の下の方まで刺激が行きわたるかと。

 

カイ
カイ

クリスバムステッドは引いてきた所でワンテンポとめてしっかりウエイトをコントロールしきっている印象。

 

それに対して、ライアンテリーはやや重量がヘビーなのかこれまた肩周りに力が入り肩がすくんで引いているような感じ。

 

そんなわけで、広背筋の下部まで刺激できているかは謎です。

 

※参考:ダンベルロウのコツを、以下の記事で解説してます↓

ダンベルローイングの3つのコツ【広背筋に効かせるには腕でなく肘を引く】
ダンベルローイングのコツは?腕とか肩の後ろばっかり辛いんやが?ダンベルローイングで広背筋に効かせるには?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではダンベルローイングで広背筋を狙う際のコツを解説。引き方を少し変えるだけで広背筋にヒットします。

 

マシンプルオーバー

ライアンテリー

こちらのマシンは日本にはそうないもの。

 

背中のトレーニングで、腕を使わない唯一の種目でもあります。
広背筋をストレッチから収縮までフルで刺激することが可能。

 

※参考:代わりにダンベルプルオーバーでOK↓

【3つのコツ】ダンベルプルオーバーは広背筋の種目?それとも大胸筋?
ダンベルプルオーバーやってみたけど、胸の種目なんか背中の種目なんかよくわからへん。やからダンベルプルオーバーの適切なフォームと取り入れ方が知りたい!というあなたへの記事になります。本記事ではプルオーバーの胸と背中を狙い分ける方法を解説。ひとまずこれだけでOK!

 

ロープラットプルダウン

ライアンテリー

これはあまり見ないやり方ですね。

 

カイ
カイ

ロープで行うことで腕をより後ろに引くことが出来るので、より可動域が広く収縮を強く意識することはできるのではないでしょうか。

 

逆に戻す時はロープを閉じてアンダーグリップのように腕を捻れば、ストレッチもしっかりかかりそうですね。

 

ただ最後の方の種目で行わないと握力が持たなそう汗っ。

 

ライアンテリーは胸の方にロープを引いてきており、僧帽筋や大円筋やリアといった背中の上の方に刺激が入るかと。

 

というのがライアンテリーのとある日の背中トレーニング。
あまり動作のシーンがないので、参考にするというよりモチベーションを高める動画ですかね。

 

では、終わり😉

 

※参考:みんな大好きデッドリフトについては、以下の記事で解説してます↓

【完全版】デッドリフトのフォームを徹底解説【もう腰が痛くならない】
デッドリフトの基本フォームが知りたいなあというあなたへの記事になります。本記事では、デッドリフトの基本フォームからケガ防止の方法まで徹底的に解説してます。デッドリフトでデカクなろう!

 

以上ライアンテリーの背中トレ【クリスバムステッドとの合トレを解説】でした。

コメント