ライアンテリーの胸トレは定番の種目ばかりで取り組みやすいメニュー!

スポンサーリンク

ライアンテリー

筋肉万太郎
筋肉万太郎

ライアンテリーの胸トレが知りたい!

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験もあります。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

✔そんなわけで今回は、以下のみんな大好きライアンテリーの胸トレ動画を僕の視点で解説!

 

ライアンテリーのフォームを盗み、彼の体に少しでも近づいていきましょう!

 

では詳しくみていきます。

 

ライアンテリーの胸トレは定番の種目ばかりで取り組みやすいメニュー

今回シェアする動画内のメニューは以下のとおり。

・ペックフライ

・スミスベンチプレス

・チェストプレス

・ペックフライ

・ダンベルプルオーバー

・インクラインダンベルプレス

では順に解説していきます。

 

ペックフライ

ライアンテリー

プレス系に入る前にフライ系を行うことでよりプレス系で胸を刺激できるようにするそう。

 

カイ
カイ

いわゆる予備疲労法ですね。胸が苦手な場合はフライ系から始めることで「プレス系で腕が先に疲れて肝心の胸を追い込みきれない」なんてことが防げます。

 

動きとしては手が胸の前にくる位置に体をセットし基本のフォームかと。

 

ライアンテリーのようにフルレンジで行って問題ないなら良いですが、

 

肩甲骨をうまくコントロールできず、動作の終盤で肩が前に出てくるようになるなら可動域を分けるのもおススメ!

 

ストレッチメインで動作したり(腕を最後の方まで閉じない)、逆に収縮メインで動作したり(腕を最後の方まで開かない)。

 

(以下ツイートのように↓)

 

ライアンテリーも最後の方に無理やりバーを閉じようとやや肩を前に出すシーンが見られます。

 

※参考:予備疲労法については、以下をチェック!

予備疲労法のメリットデメリット【効きは改善するが高重量が扱いにくい】
筋トレに効果的らしい予備疲労法ってなんですのん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では予備疲労法のメリットデメリットを解説!いずれにせよ予備疲労法は試す価値ありですよ。

 

スミスベンチプレス

ライアンテリー

事前に胸だけ疲労した状態でプレス系に入っていきます。

 

カイ
カイ

やや肘を真横に開き気味で肩が上がりやすいと同時に肩への負担も大きいかなと。

 

バーを下す位置は乳首あたりとこれまた基本に忠実。

 

やや脇を閉じてプレスする方が肩へのストレスも少なく、より胸を刺激しやすいかとは思います。

 

また親指をバーに沿わすことで手首が返りにくく、胸が働きやすい形かつ収縮で力を入れやすいようにはなりますかね。

 

カイ
カイ

重量よりとにかく筋肉への刺激を最優先しているようにも感じますね!

 

※参考:握り方に関しては、以下で解説してます↓

【コツ】筋トレする際のバーの効果的な握り方【意識することは2つ】
筋トレに慣れてきたけど、バーを握る際により効く効果的な握り方とはあるん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではバーの握り方による効きの違いを解説。より効果的な筋トレをする1つのきっかけになること間違いなし!

 

チェストプレス

ライアンテリー

こちらはテンポよく動作し、押しきり収縮での負荷も強く取り入れている印象。

 

カイ
カイ

先ほどのスミスベンチプレスに比べて、脇をやや閉じ肘がやや斜め下に位置しています。こちらの方が筋肉の流れに沿って自然に負荷がかかるフォーム。

 

マシンなのでドロップセットも素早く行うことができ、筋肉を休ますことなく刺激し続けることもできますね。

 

ペックフライ

ライアンテリー

またもやペックフライ。

 

こちらは片手ずつ行い胸の中心を超えて動作することで完全に収縮させるのが目的だそう。

 

カイ
カイ

このやり方は僕もたまに行います。両手でやるとどうしてもバー同士がくっつくので完全に収縮するまでは動かすことが出来ないので。

 

より強い収縮を味わうなら試してみては!

 

またライアンテリーは片方を刺激している時ももう片方は保持したままなので、常に胸にテンションがかかったままです。

 

これがパンプを引き出すことにもつながるかと。

 

ダンベルプルオーバー

ライアンテリー

ダンベルでプルオーバーを行う場合はライアンテリーほど持ち上げる必要はありません。

 

カイ
カイ

というのもダンベルは真下にしか負荷がかからないので胸の下の方まで挙げてきても負荷はかかりません。

 

なので挙げる方より下す方を重視してしっかりストレッチをかけるのが吉。

 

プレス系やフライ系と違ってプルオーバーは縦に胸を刺激するので、その点でもまた違った刺激を生み出すことが出来ます!

 

インクラインダンベルプレス

ライアンテリー

こちらはやや通常のインクラインダンベルプレスと違う感じで行ってますね。

 

というのもプレスと言うとダンベルの軌道は直線になるかと思います。

 

カイ
カイ

ですがライアンテリーはやや外に腕を開く感じで弧を描いてダンベルを下しているように見えませんか?

 

フライよりのプレスといった感じで。

 

単純に通常のプレスより挙げるのが困難な軌道にはなります。
(フライの方がダンベルが遠くに位置して胸に大きな負荷がかかるため。重量も扱いにくい。)

 

新たな刺激のためにバリエーションの1つとしてはやってみても良いですね!

 

(以下の動画で、インクライン系の基本フォームについて解説してます↓)

 

というのがライアンテリーの胸トレの一例になります。

 

特殊な種目はなく基本に沿ったメニューや動作という印象。

 

僕はこういった所を見ながら参考にしてました。
ライアンテリーのフォームを見つつ、より良いトレーニングのきっかけにしてみては!

 

ではでは😉

 

以上「ライアンテリーの胸トレは定番の種目ばかりで取り組みやすいメニュー!」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました