ライアンテリーを徹底解説「あのヤバい腹筋を作るトレーニング法とは」

ライアンテリー

筋肉万太郎
筋肉万太郎

ライアンテリーについて詳しく教えて。

ライアンテリーの食事とかトレーニングはどんなん?

と思っているあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年でボディビルやフィジークの大会で優勝経験もあります。

 

いわばもう頭の中は筋肉でいっぱい笑。

 

そういうわけで今回は以下の内容を解説していきます!

 

この記事でわかること
・ライアンテリーの体づくり
・ライアンテリーの食事やトレーニング

では詳しくみていきましょう。

 

ライアンテリーはこんな人

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryan Terryさん(@ryanjterry)がシェアした投稿

 

名前:Ryan Terry

身長:177.5㎝

体重:オフ88.5キロ オン83.9キロ

年齢:1988年生まれ(31歳)

職業:プロフィジーク選手、モデル

出身:イギリス

 

カイ
カイ

ライアンテリーと言えばそうです、あの吸い込まれるような腹筋?ですよね笑。

 

左右対称かつ厚みのある腹筋。あこがれますねあの腹筋は。

 

そんなライアンテリーが誕生した経過をみていきましょう!

 

ライアンテリー選手は高校生の頃から配管工として働いており、

「誰でも情熱と覚悟があれば世界のトップ選手と肩を合わせることも、トップレベルに駆け上がることもできる」と言っております。

 

その結果として彼はミスターインターナショナルという称号を獲得することとなる。

 

(ミスターインターナショナルはミスユニバースの男性版のようなもの)

 

ミスターインターナショナルは2010年になって、

 

その後も足を止めずに2013年にボディビルでプロカードをゲットしている。そしてイギリス初のプロのフィジーク選手となったのだ。

 

それから一気にフィジークのトップレベルへ駆け上がって行き2015年のミスターオリンピアを4位で終え、翌年のアーノルドクラシック2016も4位。

 

カイ
カイ

アーノルドクラシックはあのシュワルツェネッガー主催のミスターオリンピアに並ぶほどの規模の権威あるコンテスト。

 

そして2週間ほど前に行われたミスターオリンピア2019では5位とこれまたトップの選手達と肩を並べています。

 

2013年にプロになったわけですがそんな彼のガッツはどこから生まれているのでしょうか?

 

ライアンテリーもジェレミーブエンディア選手や他のトップ選手と同様にかなり若いころからジムに行くのが日課。

 

14歳から筋トレを始めて気が付くと自然とコンテストに出るように。

 

トレーニングをする傍ら配管工やモデル業をこなしていたが、これは何も間違っていないと感じていた。

筋肉万太郎
筋肉万太郎

ハングリーな気持ちはここで養われてるんかあ。

 

僕はフィットネスを通してトレーニングを始め自信を得た。新しい目標を決め、どのようにそれを達成するかなど、より積極的になることができた。

 

この時に彼は「今よりステップアップしてフルタイムで体づくりをすることにフォーカスする必要性」を感じたそう。

 

カイ
カイ

まあ何というかプロの選手はみなマインドが強いというかしっかりしてますよね。ブレがないというか。見習うべきポイントですね!

 

では次にライアンテリー選手のトレーニングをチェック。

 

ライアンテリーのトレーニング

トレーニングに関してライアンテリー選手はこうアドバイスしています。

 

パーソナルトレーナーをつけてエクササイズを見てもらうんだ。全てをさらけ出して。もしトレーナーをつけれないならオンラインの動画を見てウエイトの使い方を見て学ぶんだ。

 

ではライアンテリー選手の具体的な筋トレ種目を見ていきましょう。

 

背中のトレーニング

こちらを参考にどうぞ↓

ライアンテリーの背中トレを解説「クリスバムステッドとの合トレ!」
ライアンテリーの背中トレーニングはどんなん?というあなたへの記事になります。本記事ではライアンテリーとクリスバムステッドの合トレを解説。プロのトレーニングから学ぶことは多いですよ。

 

肩のトレーニング

こちらを参考にどうぞ↓

ライアンテリーの肩トレは無理のない的確なフォーム「レイズ系が中心」
ライアンテリーの肩トレはどうなん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではライアンテリーの肩トレをフォームに注目しつつ解説。肩トレは丁寧に行うのが成長のコツかも。

 

胸のトレーニング

こちらを参考にどうぞ↓

ライアンテリーの胸トレは定番の種目ばかりで取り組みやすいメニュー!
ライアンテリーの胸トレが知りたい!というあなたへの記事になります。本記事ではライアンテリーの胸トレを僕の目線で解説。プロのトレーニングは何かしら学ぶことがありますよ。

 

腕のトレーニング

こちらを参考にどうぞ↓

ライアンテリーの腕トレを解説してみた「スーパーセットのみのメニュー」
ライアンテリーの腕トレについて知りたい!というあなたへの記事になります。本記事ではライアンテリーの腕トレを僕の視点で解説。スーパーセットで行いたいならライアンテリーのこの腕トレを参考にしてみては。

 

腹筋のトレーニング

・ハンギングレッグレイズ

→3、4セット

 

・マシンクランチ&ケーブルウッドチョップ(スーパーセット)

→10回から15回&12回から15回を3セット

 

・二ーレイズ&ダンベルツイスト(スーパーセット)

 

・プランク&サイドプランク(スーパーセット)

→それぞれ1分を3セット

 

カイ
カイ

正直なところ腹筋をこんなにもトレーニングする人はそういないかと。これぐらいしているからあの堀の深い腹筋が出来上がるのですね汗っ。

 

腹筋のトレーニングを通してヘビーなものを扱う必要はないそう。「ヘビーなものを使うと体が振り回されるだけで腹筋を意識できなくなる」と。

 

あくまで腹筋の収縮を感じる範囲のウエイトを使うように!といった感じ。

 

(腹筋に関する僕の考え方は以下を参考にどうぞ↓)

分厚い腹筋の作り方「テキトーにやってたらウエストが太くなるだけかも!?」|カイ@筋トレ|note
はじめに 20.9.28 追加内容:全体的に加筆&修正 こんにちはカイです! 筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。 こんな感じの腹筋をしています。 そこで今回は、腹筋を強く分厚くするやり方を紹介していこうと思います! ちなみに本記事の内容の半分...

 

と、以上がライアンテリー選手のトレーニング。

 

カイ
カイ

全体を通しての印象としては他のプロの選手に比べて少しトレーニングのうまさが劣るのかなと感じたのが正直な印象。

 

というのも「背中のトレーニングではうまく肩甲骨を下げれてなかったり」「スクワットでは体幹のブレや少し腰をケガしそうなフォームでやっていたり」と。

 

もちろん例にあげた動画は最新のものではなく少し昔のものになるので何とも言えませんが汗っ。

 

とは言うもののトップレベルで戦う選手なので意図があってそういったフォームでトレーニングしているのかもしれませんね。

 

ハンパない体をしているのには変わりありません。

 

では最後にライアンテリー選手の食事をみていきたいと思います。

 

ライアンテリーの食事メニュー

ライアンテリー選手はシンプルな「ザ素材」のようなものを食べることが体づくりにとっては最も良いと考えているみたい。

 

なので炭水化物に関しても玄米、さつまいも、オートミールなどの複合炭水化物がベストと思っているのだとか。そんな彼の食事はこちら。

 

食事1:120gのオートミール、30gのブルーベリー、10gのアーモンド、30gのプロテイン

食事2:3つの全卵、2枚の全粒粉パン

食事3:ツナ缶、300gのじゃがいも、サラダ

食事4:200gのチキン、80gのライス

食事5:300gのステーキ、200gのスイートポテト、サラダ

食事6:200gのサーモン、サラダ

 

カイ
カイ

とまあ確かに素材を食べてますね笑。

 

でもなるべく脂肪をつけずに筋肉をつけようと思うとこれがベストなのはもうプロの選手が証明してますよね。みなさんこんな感じの食事をしています。

 

かくいう僕も普段からそんな感じの食事を食べてます笑。

 

体づくりで差がでるのはトレーニングもそうですがもちろん食事もです。

 

トレーニングは何とか気合いでできても、食欲をコントロールするのはなかなか難しいですからね。

 

てなわけで今回の記事で少しでもトレーニングや食事での「気づき」があればさっそく実行してデカクなりましょう!

 

以上ライアンテリーを徹底解説「あのヤバい腹筋を作るトレーニング法とは」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました