ショーンローデンの腕トレ【可動域や肘の位置に注目して観察してみた】

ショーンローデン

筋肉万太郎
筋肉万太郎

ショーンローデンの腕トレはどんなん?

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

そんなわけで、今まで様々な筋トレ動画を見てフォームを観察してきました。

 

✔そこで今回は、以下のショーンローデンの腕トレ動画を僕の目線で解説↓

 

上記の動画から腕トレの秘訣を探していきましょう。

 

では、詳しくみていきます。

 

スポンサーリンク

ショーンローデンの腕トレ【可動域や肘の位置に注目して観察してみた】

今回シェアする腕トレ動画でのメニューは以下のとおり。

①プリ―チャーカール

②ドラッグカール

③ケーブルプッシュダウン

④スカルクラッシャー

⑤インクラインダンベルカール

⑥ローププッシュダウン

では順に解説していきます。

 

プリ―チャーカール

ショーンローデン

まずは収縮の面で上腕二頭筋への負荷が強くなりやすいプリ―チャーカールから。

 

カイ
カイ

動きとしては手首をやや巻き込みカールしています。こうすることで負荷が前腕などに逃げにくく上腕二頭筋を働かせやすい場合はあります。

 

ですがトレーナーのチャールズグラスが何やら「手首を曲げないように」的な指導をしているようにも見えます。
それもあってか、次のセットではやや手首がフラットなように感じるのは僕だけでしょうか?

 

僕も一時期、カールする時に手首を曲げずに腕を体の方に近づけるイメージで行ってました。
そちらの方が上腕二頭筋を使ってる感覚があったので。

 

(ですが今は前腕も含め二頭筋を全体的に使いたいので、やや巻き込み気味で動作しています。指先で握るとどうしても前腕に負荷が逃げますし)

 

なのでひとまず両方やってみてしっくりくる方を継続していけば良いかと。

 

カイ
カイ

(またプリ―チャーカールはすでに肘が支えられているのでやや上腕二頭筋が働きにくい種目だったりはします。なので個人的にはスパイダーカールの方がおススメ!)

 

※参考:コンセントレーションカールも収縮面で負荷をかけやすい種目↓

コンセントレーションカールで上腕二頭筋を狙う際の3つのポイント
コンセントレーションカールのコツは?どうすれば上腕二頭筋に効く?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではコンセントレーションカールがなぜ上腕二頭筋に効くのかを解説。ここだけ押さえておけば間違いない!

 

ドラッグカール

ショーンローデン

この種目は日本のジムではあまり見かけないように感じますね。

 

カイ
カイ

肘を体より後ろに引きウエイトをカールするというよりは上に挙げるような動き。上腕二頭筋というよりはその奥にある上腕筋が刺激されやすい種目。

 

こちらはプリ―チャーカールと違い、手首を曲げるよりはフラットでそのまま上に挙げていく方が上腕筋にヒットしやすいかと。

 

ケーブルプッシュダウン

ショーンローデン

お次は上腕三頭筋。
肘の位置が前後せず基本に沿ったフォームかと。

 

カイ
カイ

ただやや指先の方でバーを押しているように見えます。これだとうまく上腕三頭筋に負荷がのらない可能性あり。また手首に負担がかかったり。

 

ですからやや手首に近い所でバーを押すのが吉。
猫の手のイメージで。

 

またショーンローデンは押す時にやや体を起こすような感じで動作しており、しっかり上腕三頭筋でバーを押しきれる形だと思います。
(三頭筋は伸筋で体を開く時に働きやすかったりするので)

 

※参考:上腕三頭筋のコツについて↓

上腕三頭筋を効果的に筋トレする2つのコツ【定番3種目を例に解説】
上腕三頭筋の効果的な筋トレ方法が知りたい!というあなたへの記事になります。本記事では上腕三頭筋の働きに沿ったテクニックを定番種目を例に解説。ひとまずこれだけ知っておけばグッと効きます。

 

スカルクラッシャー

ショーンローデン

インクラインベンチで行ってますね。

 

カイ
カイ

こうすることで通常のベンチで行うより脇が開いた状態になります。なのでより上腕三頭筋の長頭にストレッチがかかりやすい形。

 

動きに関しては肘がブレないフォーム。
ですがこれだと肘への負担が強かったりするので、やや前後させつつでも問題はありません。

 

またショーンローデンはやや可動域が狭いようにも感じます。

 

ストレッチがしっかりかかる種目なので、もう少し下げても良いのかなと。
まあ何かしらの意図があってのことかもですが。

 

インクラインダンベルカール

ショーンローデン

こちらは上腕二頭筋にストレッチでの負荷が強くかかる種目。

 

カイ
カイ

脚にダンベルを置いてますね。こうすることで体が曲げやすい。その結果として上腕二頭筋を動かしやすい姿勢が作れる場合も。

 

動きに関しては肘はやや前で固定しているように見えますね。
可動域もダンベルをそこまで下しきってない印象。

 

ですがインクラインカールはストレッチでの刺激が強いのでもう少し肘を引き、可動域もとった方が良いのかと思います。

 

ローププッシュダウン

ショーンローデン

最後はローププッシュダウン。

 

カイ
カイ

肘をしっかりと伸ばしきってますね。ショーンローデンの腕を見てもわかる通り上腕三頭筋の横の部分である外側頭が刺激されやすい種目。

 

伸ばしきってから戻す時もややブレーキをかけるように、負荷に耐えているように見えます。
いわゆる「ネガティブ動作をおろそかにしない」とよく言われるやつ。

 

※参考:ネガティブトレーニングの良し悪しについて↓

ネガティブを意識した筋トレとは【実は筋肥大に特別な効果はない!?】
筋トレではネガティブ?が大事って聞くけどどういうこと?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではネガティブの概念からその効果を解説。過度にネガティブを気にする必要はない!?

 

というのがショーンローデンの腕トレ。
あくまで動きのみでの僕の見解なので、ショーンローデンの意図はわかりませんが汗っ。

 

ですが動き1つ見てもいろいろと参考にすることが出来るかと思います。
「肘の位置」とかに注意してYOUTUBEを見ると面白いかも!

 

では、終わり😉

 

※【宣伝】以下で効果的な腕トレフォームを徹底解説してます↓

【腕トレ指南書】|カイ@筋トレ|note
21.2.16 追加内容:全体的に加筆修正&動画の追加 はじめに こんにちはカイです! 筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。 (※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉) さっそくですが、やっぱり太い腕には憧れますよね。 でも現実はしっかり太くなっています...

 

以上ショーンローデンの腕トレ【可動域や肘の位置に注目して観察してみた】でした。

コメント