ショーンローデンの胸トレは隙が無い「いろんな刺激があるメニュー」

スポンサーリンク

ショーンローデン

筋肉万太郎
筋肉万太郎

ショーンローデンの胸トレが知りたい!

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

✔そんなわけで今回は、以下の動画を僕の目線で解説していきます!

 

上記の動画を見て、ボディビル世界チャンピオンから筋肥大の秘訣を探していきましょう。

 

では詳しくみていきます。

 

ショーンローデンの胸トレは隙が無い「いろんな刺激があるメニュー」

シェアする動画のメニューは以下のとおり。

・ケーブルクロスオーバー

・インクラインバーベルプレス

・マシンインクラインプレス

・フロアダンベルフライ

・マシンプレス

では順に解説していきます。

 

ケーブルクロスオーバー

ショーンローデン

今回はケーブルクロスオーバーからスタート。

 

これは予備疲労につながりますね。

 

カイ
カイ

フライ系の動きから始めることでより重たいウエイトを扱えるプレス系に移った時に三頭筋の疲れもなくより胸が刺激しやすいという流れ。

 

初心者の方でプレス系で腕が先に疲れる場合は試してみてください。

 

動きに関しては肘はあまり開かずそこまで腕も引かずに、収縮での負荷をきちんと受けることに特化して動作しているような印象。

 

胸の中部を中心にヒットしやすい形かと。

 

※参考:予備疲労法の良し悪しは、以下で解説してます↓

予備疲労法のメリットデメリット【効きは改善するが高重量が扱いにくい】
筋トレに効果的らしい予備疲労法ってなんですのん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では予備疲労法のメリットデメリットを解説!いずれにせよ予備疲労法は試す価値ありですよ。

 

インクラインバーベルプレス

ショーンローデン

カイ
カイ

ショーンローデンは親指を握り込まないサムレスグリップで動作しています。

 

こうすることで内方向に力を入れやすく胸への感覚は良くなるかと。
(実際の刺激の増加というより、大胸筋の意識のしやすさの話。)

 

ですが重量がやや落ちることもあるので、その点では握り込む方がベター。

 

※参考:グリップによる違いについては、以下で解説してます↓

【コツ】筋トレする際のバーの効果的な握り方【意識することは2つ】
筋トレに慣れてきたけど、バーを握る際により効く効果的な握り方とはあるん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではバーの握り方による効きの違いを解説。より効果的な筋トレをする1つのきっかけになること間違いなし!

 

ショーンローデンはやや脇を閉じバーを下してる印象。

 

胸の上部は腕に向かってやや斜め下についているので、このやり方の方がストレッチを強く感じることにつながったりします。

 

(こちらの動画も参考にどうぞ↓)

 

マシンインクラインプレス

ショーンローデン

これまた上部。

 

先ほどのバーベルでの動作と違い押しきった所で、より腕が胸に寄る形になるので収縮での刺激までしっかり入ります。

 

ションローデンのパートナーのように、親指をバーに沿えてプレスすると手首が返りにくく胸を働かせやすい。

 

(マシンプレスに関しては以下のツイートも参考にどうぞ↓)

 

フロアダンベルフライ

ショーンローデン

フロアで行うことでベンチで行う時に比べて、体が安定しやすく動作しやすいのがメリット。
可動域が狭くなるのでより重たいウエイトも扱えたりする場合も。

 

カイ
カイ

ですがダンベルフライだと肘を体より下に引いてくるから胸にストレッチでの刺激がかかるのにフロアだと可動域が狭くフライの良さが出ないのでは?と感じます。

 

(こちらの動画も参考にどうぞ↓)

 

マシンプレス

ショーンローデン

ショーンローデンは脚を支える部分に台を置いて、自身に合う形を作り体を安定されています。

 

カイ
カイ

マシンでのトレーニングは、以下ツイートもそうですが、こうしたちょっとした手間がより良い刺激につながったりします。

 

というのがショーンローデンの胸トレ。

 

全体的に無駄な動きもなく丁寧に安定して強い刺激が入ってる印象です。

 

バーベルもダンベルもマシンもフライもバランス良く選択していますね。

 

こんな感じで毎回の筋トレに何かしらの意図を持ってトレーニングしてみては!

 

ではでは😉

 

以上ショーンローデンの胸トレは隙が無い「いろんな刺激があるメニュー」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました