ショーンローデンの肩トレ【フォームは的確だが強度は低そう!?】

ショーンローデン

筋肉万太郎
筋肉万太郎

ショーンローデンの肩トレはどんなん?

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

ですから今まで様々な筋トレ動画を見てフォームなどを考察してきました。

 

✔そんなわけで今回は、以下のショーンローデンの肩トレを僕の目線で解説!

 

ミスターオリンピアの肩トレには何か「コツ」があるかも!?

 

では詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク

ショーンローデンの肩トレ【フォームは的確だが強度は低そう!?】

今回シェアする動画での肩トレメニューは以下のとおり。

①ダンベルショルダープレス

②アップライトロウ

③マシンシュラッグ

④マシンリア

では順に解説していきます。

 

ダンベルショルダープレス

ショーンローデン

やや可動域は狭めで、耳より上でプレスしている印象。

 

カイ
カイ

こうすることで過度に肩甲骨が寄ったり離れたりすることがないので、一定の負荷が肩にかかりやすいかと。

 

フルレンジで行うと、肩甲骨が動きどうしても負荷が抜けるところがあったりするので。
(僧帽筋に負荷が逃げたり)

 

レップ数に関しては、10回以下とややヘビーな重量を扱ってますね。
第一種目ということもあってヘビーなウエイトを使用しやすい種目を持ってきているのでしょうか?

 

※参考:ダンベルショルダープレスのコツについて↓

【肩メロン】ダンベルショルダープレスの3つのコツ【今日から使えるテク】
肩トレ動画とか見てたらよくダンベルショルダープレスが出てくるけど、あれってコツとかあるん?単に上に挙げればOK?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではダンベルショルダープレスでひとまず意識したい3つのコツを解説。これであなたもメロン肩に!

 

アップライトロウ

ショーンローデン

やや体を振りつつ一定のテンポで動作し続けています。

 

手幅はワイドで肘から引き上げて、しっかり肩に負荷がのっている感じですね。

 

ナローで行うと肘が上がりやすく可動域は取れるのですが、肩関節への負担もあったりするのでワイドの方がおススメではあります。

 

マシンシュラッグ

ショーンローデン

こちらは体の向きを変えて2パターン行ってます。

 

初めはマシンの軌道がやや後ろになる形で真上に引き上げるというより、斜め後ろに引き上げているように見えます。

 

僧帽筋の上部を狙うけど、そのやや下も狙うような感じでしょうか?
(中部よりと言いますか)

 

次にマシンの方を向いて行う時は、バーの軌道は気持ち体から離れるようになるので、肩が前に引っ張られて僧帽筋にストレッチがかかりやすいのかなとは感じます。

 

マシンリア

ショーンローデン

腕が長いからかマシンの上の方を持ってますね。

 

腕が長い場合に通常のバーを握ると、動きが窮屈になり肩甲骨が寄りやすく上背部に刺激が入りやすい場合があるかもです。

 

カイ
カイ

そういう時は胸にパッドを挟んだりすると、肩が前に出やすく肩甲骨が開きやすくなりよりリアを中心に動作しやすいかと。

 

パッドをやや斜めにセットすると、リアが支点になりやすいのでなおさらおススメ!

 

またショーンローデンは腕を捻った状態で柱を握って動作しています。
こうすることで、リアにストレッチがかかりやすくはなるかと。

 

ですがそのまま腕を開くとリアはやや収縮はしづらい面もあったり。
(リアには腕を外に捻る働きがあるので)

 

ですから基本的には両方やってみて感覚が良い方を採用したり、目的を分けて取り組むのがベター。

 

というのがショーンローデンの肩トレになります。

 

カイ
カイ

なんか淡々とトレーニングしてる様子でしたね笑。そこまでキツそうな様子も見せず。

 

でも強い刺激は与えられているのでしょうか?
「あまり力まずトレーニングする」ということを僕はこの動画から学びました笑。

 

では、終わり😉

 

※参考:効果的な肩トレメニューの組み方について↓

肩トレメニューの組み方で覚えておきたい4点【効率よく強い刺激を獲得】
肩トレメニューの効果的な組み方は?おすすめの肩トレメニューは?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では効果的な肩トレメニューを作る時のポイントとメニュー例を解説。より肩が働きやすい流れを作りメロン肩の獲得へ!

 

以上ショーンローデンの肩トレ【フォームは的確だが強度は低そう!?】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました