夜食が太るとされる3つの原因【遅くに食べようがダイエットは可能】

スポンサーリンク

夜食太る

「夜食=太る」はホンマ?その原因は?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

そんなわけでコンテストに出るために、毎年のようにダイエット期間が存在してたりします笑。

 

✔そこで今回は、そんな僕が「夜食をとると太るのか?」について解説!

 

この記事で解説しますダイエットの考え方を理解しておくと、より柔軟にダイエットに取り組めるようになるかと思います。

 

では詳しくみていきましょう。

 

夜食が太るとされる3つの原因【遅くに食べようがダイエットは可能】

結論として、夜食をとったからといってそれが直接的に体脂肪に変化するなんてことはありません!
「夜食=太る」とだけ思い込む必要はありません。

 

じゃあ、そもそもなぜ夜食は太るとされるのか?

 

その主な理由は以下のとおり。

✅寝てる間は代謝が下がるため

✅ビーマル1の影響

✅睡眠への影響

では順に解説していきます。

 

寝てる間は代謝が下がるため

✔代謝と言えば、基礎代謝や活動代謝などといった言葉があるように、体内で生じるエネルギー変換のことをさします。

 

ですからよく言われる「代謝が低い」とは、体の中でうまくエネルギーを作りだそうとせず消費カロリーが低い状態のこと。

 

そんな代謝ですが、肥満や筋肉量が多い場合でない限り「睡眠時だからといって大きく下がることはない」と最近ではわかってきています。

 

仮に肥満や筋肉量が多い場合でも、通常時に比べて約5%の代謝の低下です。

 

ですから夜食をとって寝た場合でも、通常時(日中)に食べた場合と、代謝の点ではさほど大きな差は生まれないのが現実。

 

カイ
カイ

なので寝る前の食事=太るとは言い切れません。

 

ビーマル1の影響

ビーマル1と言えば、脂質の合成に関わるタンパク質の1種です。

 

そんなビーマル1は15時に最も活動が抑えられ、22時から2時に最も活発になります。
言い換えると夜食の時間帯によく反応することに。

 

カイ
カイ

ですからビーマル1の反応からいくと、夜食は通常時(日中)に比べて体脂肪として蓄えられやすいことは考えられます。

 

ですからダイエット中に同じモノを食べるにしても、ビーマル1の反応が最も低い15時に食べる方が良いかとは思います。

 

睡眠への影響

夜食をとるとなると、おそらくその後はすぐに睡眠に移ることになりますよね。
となると体は睡眠時でも夜食を消化吸収するために活動しなければなりません。

 

言い換えると、体がリラックスできずに、睡眠の質を下げることも考えられます。

 

人間は通常、90分ほどの間隔でレム睡眠(体の眠り)とノンレム睡眠(脳の眠り)を繰り返します。そしてその周期の2回目まで、つまり入眠後180分の間に体脂肪燃焼の効果や筋肉の回復を促進するなどの効果がある成長ホルモンが多く分泌。

 

✔ですが仮に夜食が原因で体が休まりきらず深い睡眠に入ることができなければ、入眠180分以内に睡眠のピークを持ってくることができず、成長ホルモンの体の回復や体脂肪燃焼などの効果がフルに生かされないことも。

 

カイ
カイ

また、質の低い睡眠が続いてしまい睡眠不足になるとこれまたやっかいなことが起こります。

 

食欲を増す働きのあるホルモンである「グレリン」が増加して、食欲を抑える働きのあるホルモンである「レプチン」の分泌が減るのです。

 

こうなってしまっては、食欲増から摂取カロリー増になり太る可能性もでてきます汗っ。

 

※参考:その他、睡眠がダイエットに与える影響は、以下の記事で解説してます。

睡眠がダイエットに与える3つの影響【寝た方が体脂肪が燃焼される!?】
睡眠時間を確保するだけでダイエットが進めばこんな楽なことはないと思いませんか?本記事では睡眠がダイエットに与える影響を解説。寝ることでダイエットが加速!?

 

といったような理由から、ダイエット中にあえて夜食をとることはもちろんおススメしませんが、だからと言って食事のタイミングにそこまで神経質になる必要もありません。

 

そもそも「夜食が太る」というより、単に1日をとおして食べ過ぎるから太るのです!

 

夜食してもダイエットは可能!【痩せる本質とは】

上記のようにダイエットするにあたって、夜食をとることであまり好ましくない影響が考えられるものの、ダイエットが進む根底には「消費カロリー>摂取カロリー」があります。

 

カイ
カイ

ですから別に夜食を食べたとしても、1日の総摂取カロリーが消費カロリーを下回っていたら問題なくダイエットは進みます!

 

仮に夜食をどうしてもやめることができないのであれば、午前中の食事量を減らして1日の中で調整すればオッケー。

 

もちろん前半で解説したように、お世辞にも夜食した方がダイエットは進むなんてことはあまり考えられませんが、まずはカロリー収支をマイナスにしてあなたが継続しやすいやり方を優先すべきです。

 

それがうまくいってきたら夜食を減らして、睡眠の質にこだわるなどしていけば問題ありません。

 

そんなわけで、「夜食=太る」と漠然に思い込むのではなく、ダイエットにも優先順位があることを覚えておいてください。

 

以下の記事で、その優先順位を解説してるので参考にどうぞ。

ダイエットする際の食事方法で優先すべきところ【サプリじゃ痩せません】
ダイエットとなると「すぐにダイエットサプリを購入したり」「サラダや糖質ゼロ麺ばかり食べ極端に摂取カロリーを減らしたり」してませんか?本記事ではダイエットする際の食事方法で優先すべきポイントを解説。土台がないと痩せません汗っ。

 

では今日はここらで😉

 

以上夜食が太るとされる3つの原因【遅くに食べようがダイエットは可能】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました