【レビュー】森永のインプロテインは出先でタンパク質を補うには便利

インプロテイン

最近コンビニとかでよく見かける「森永のinプロテイン」の効果とか味はどうなんやろ?体のためには飲むべきなんかな?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

そんなわけで、今までプロテインと名の付くものはたいてい口にしてきました笑。

 

✔そこで今回は、「森永のインプロテイン」をレビュー!
以下の内容を理解した上で、インプロテインを活用するとよりその効果を活かすことができます。

 

では、詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク

【レビュー】森永のインプロテインは出先でタンパク質を補うには便利

結論として、森永のインプロテインは普段から筋トレを積極的に行っている方はもちろんそうでない方まで幅広くおススメできる商品になります。

 

(以下ツイートのようにも↓)

 

✔というのもそもそもプロテインとは簡単に言うと、「よりヘルシーにタンパク質を補うためのサプリメント」

 

タンパク質と言うと、筋肉の材料となることで知られていますが肌や髪などの主成分でもあり人体の約20%ほどを構成しています。

 

カイ
カイ

言い換えると、筋肉をつけるどうこう以前に健康的な体を保つ上で欠かせない栄養素の1つ。

 

そういった意味で、冒頭で「インプロテインは万人に使える食品」と言いました。

 

そんなタンパク質ですが、筋トレの有無(筋肉をつけたいかどうか)でその必要量に以下のような違いがあります。

・一般の方
⇒1日あたり体重1キロにつき「約1g」のタンパク質が必要

・筋トレ民
⇒1日あたり体重1キロにつき「約2g」のタンパク質が必要

 

そう、普段から筋肉をつけたいがために筋トレをしてる場合は、筋肉の成長(回復)を促すためにより多くのタンパク質が必要になります。

(⇒参考:【基礎】筋トレするならタンパク質が多く必要なわけ【筋肥大に直結】

 

ですがその量を食事のみで補うのは困難だったり。
そこでインプロテインなどいわゆるサプリメントで、不足分のタンパク質を補っていくことに。

 

✔ですから「インプロテインの効果はどうなの?」といった質問は、ややズレているとも考えられます。

 

というのもプロテインは肉や魚などに含まれる脂身などはもちろん含まれないため、いわば低カロリーでタンパク質を補うためのもの。

 

なのでインプロテインに含まれるプロテインだからより筋肉の成長を特別に促すといったことはありません。
プロテインはプロテインです。

 

※参考:そんなプロテインの本質について↓

【悲報】プロテインを飲んでも筋肉はつかない!【本質を理解しよう】
プロテイン飲んで筋トレしてるから筋肉なんて簡単につくはずやのに、なんであんまりデカクならへんのやろか?プロテインって筋肉つけるためのモノなはずやけど...。なんて思ってませんか?本記事ではプロテインを飲むそもそもの目的から解説。プロテインは飲むだけでは筋肉はつきません!

 

ですがそんなプロテインにもいくつかの種類があるので、あなたの目的に合わせて適切なプロテインをチョイスしていくことは必要です。
(⇒参考:【注意】プロテインは5種類ある【違いを理解し筋トレ効果アップ】

 

といった前提を踏まえて、森永のインプロテインに関しては以下2つの特徴があげられます。

 

・乳タンパク質を含む

⇒一般的なホエイプロテインは牛の乳から乳清タンパク質(ヨーグルトの上澄み部分)だけを取り出したもの。

 

✔対して乳タンパク質はそんなホエイだけを取り出す前の段階のものになるため、ホエイの割合よりカゼインの割合が大きく、言い換えるとやや消化吸収がゆっくりなタンパク質と考えられます。

 

ですから仮に筋トレ前後など早く体に栄養素を送りたい時はインプロテインではなくホエイプロテインを活用する方が良いかとは思います。

 

※参考:おススメのホエイプロテインをまとめてます↓

【安心】全くまずくないプロテイン7選【筋トレ歴10年の筆者がおススメ】
筋トレにも慣れてきたしそろそろプロテインも試してみようかな。 でもプロテインってなんかまずいイメージあるし、飲むのが苦になるのは嫌やなあ。とは言え筋肉は少しでもつけたい...。なんかまずくないむしろうまいプロテインとかあるんかな?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではボディビルダーな筆者が決してまずくないむしろうまいプロテインについてまとめてます。

 

・ルチンを含む

⇒ルチンに関しては、インプロテインの製造元である森永が以下のように解説しています。

 

「プロテインを摂取すると体内で分解されてアミノ酸になりますが、筋トレで生じた活性酸素によりアミノ酸がダメージを受け、筋合成の働きが弱まります。しかしEルチンを同時に摂取すると、Eルチンがアミノ酸の代わりに活性酸素を除去するため、アミノ酸が筋修復・筋合成に効果的に使われることが考えられています」
(引用元:https://melos.media/training/61820/)

 

✔簡単に言うと、プロテインにルチンを組み合わせることで、筋肉の合成を促すだけでなく様々な働きのあるタンパク質が、より筋肉の合成に焦点を当てて働きかけてくれるということ。

 

といった特徴のある森永のインプロテインですが、冒頭のツイートにもあるようにカフェオレ風味がまじでカフェオレで、無駄な甘味より適切な苦味を表現しておりプロテイン感はなく飲みやすい。
(のちにココア風味も飲みましたが、こちらは完全にココア。カフェオレ風味より甘味も強く甘党の僕でも満足でした)

 

かつ以下の成分のとおり1本あたり115kcalで15gのタンパク質が補えるので、手軽と言えば手軽ですね。
(値段も1本162円と、他の市販されてるプロテイン食品と比べてもコスパ良しと言えますし)

・エネルギー
⇒115kcal

・タンパク質
⇒15g

・炭水化物
⇒9.6g

・脂質
⇒1.6g

インプロテイン

(公式サイトによると、上記の成分に加えて微量ながら牛乳とほぼ同程度の「カリウム」も含まれてるそうな)

 

ザバスのミルクプロテインライザップ等の市販のプロテイン系の食品だと、脂質と炭水化物を中途半端に含みタンパク質が10gほどしか含まれてないパターンも少なくないですし。
(本来タンパク質を補うために作られたプロテインとしての機能を果たしにくい)

 

そういった意味で、インプロテインは割と体づくりに向いてはいるかと思います。

 

(もちろん【Myprotein】などでホエイプロテインを購入し、自身でシェイクする方がコスパもタンパク質の含有量もずいぶんと優れているのは事実ですが)

 

※参考:そんなマイプロテインについてもレビューしてます↓

【定番】マイプロテインのインパクトホエイをレビュー【結論、味による】
筋トレしてるしそろそろマイプロテインのインパクトホエイでも飲んでみようと思うけど、成分とかはどうなんやろか。筋肥大にとって効果的?味も多くてよくわからん。というあなたへの記事になります。本記事ではインパクトホエイの成分やその飲み方からプロテインを選ぶ時のポイントまで解説。損しないようにチョイス。

 

【まとめ】インプロテインは外でサッとタンパク質を補うには便利

上記の内容が、森永のインプロテインの特徴やその適切な使い方になります。

 

ここ数年はプロテイン産業も発展しており、コンビ二など外出時でもタンパク質を手軽に補える食品が増えつつあります。

 

とは言え、そのほとんどが筋トレ民からしたら「割高&タンパク質が少ない」と感じるものだったり。
✔その点インプロテインは他のそういった食品と比べて、筋トレ民に寄り添ってきてる感はありますね笑。

 

カイ
カイ

そんなわけで、手元にインプロテインしかなければ活用しても良いかなといった商品がインプロテイン。

 

では、終わり😉

 

※参考:国産でコスパ重視のプロテインならアルプロン↓

【レビュー】アルプロンのホエイプロテインは泡立ち以外は問題なし
アルプロンのホエイプロテインってどうなの?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではプロテイン歴10年の筆者がアルプロンのホエイプロテインを正直レビュー。特にネガティブな要素なないが1つ気になった所が!?

 

以上【レビュー】森永のインプロテインは出先でタンパク質を補うには便利でした。

コメント