寝る前の筋トレがNGな2つの理由【筋肥大を妨げる原因になるかも!?】

筋トレ寝る前

筋トレは寝る前にしても問題ないよね?疲れてすぐ寝れるし。それとも朝にした方が効果的やったりする?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

僕自身も筋トレを始めた頃は、何となく「筋トレは寝る前の方が良い」と思い込み、よくやっていました。
ですが後になって筋トレ知識や経験が増えていく内に、全くもってそんなことはないという結論に至りました。

 

✔そこで今回は、筋トレを寝る前にするのがあまりおススメできない理由について解説。
以下の内容を理解しておくことで、より一層に筋トレ効果を高めることが可能になります。

 

では、詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク

寝る前の筋トレがNGな2つの理由【筋肥大を妨げる原因になるかも!?】

結論として、繰り返しになりますが寝る前の筋トレはできれば控えるのが吉。

 

その理由は以下のとおり。

 

寝る前の筋トレにより体が覚醒

筋トレで筋肉をつけようと思うと、筋トレするだけではその効果を最大化することはできません。

 

筋トレで筋肉を疲労させると、適切な栄養を与え適切に休養を取ることで筋肉は発達していきます。
(⇒参考:筋肉をつけたいそこのあなたへ【筋肥大への3ステップとそのための思考法】

 

✔その「休養」といった要素に大きな影響を与えるのが「睡眠」といった行為。

 

基本的には、最低でも1日に6時間は「質の高い睡眠」を取ることで、筋肉だけでなく脳をはじめ体全体の疲労を回復させることができます。

 

カイ
カイ

その「質の高い睡眠」に悪影響を与えるかもしれないのが寝る前の筋トレ。

 

人間の体は、自律神経といったいわば脳と体全体をつなぐ道が正常に機能し情報を伝え合っているから問題なく活動できています。

 

加えて、自律神経は以下の2つに分類化↓

・交感神経
⇒体をアクティブ状態に

・副交感神経
⇒体をリラックス状態に

(※参考:自律神経を整える3つの方法【なんかしんどいを解決するために必要なこと】

 

そんな自律神経は筋トレをするとなると、もちろん体は交感神経を優位にし運動しやすい状態を保とうとします。
ですが睡眠時は逆に副交感神経を優位にし体をリラックスさせ、きちんと疲労を回復させるようにするのが吉。

 

そこで寝る前に筋トレするとどうでしょう?

 

交感神経が高ぶり副交感神経の働きが抑えられます。言い換えると、深い睡眠の妨げになる可能性がでてきます。

 

夜遊びして疲れいつもより遅い時間にベッドに入るも、あまり寝付けないなんて経験はありませんか?
これは神経が高ぶり体がリラックス状態ではないのがその原因だったりします。

 

そんなわけで、基本的には寝る前に筋トレをしてすぐに寝ることはおススメできません。

 

✔質の低い睡眠を取ることになり疲労の回復が遅れ、次の日の仕事や筋トレのパフォーマンス低下につながる可能性が考えられますので。
(仮に寝る前の筋トレで疲れて、すぐに寝付けてる感覚があれど実際は体はリラックスできてないことも考えられますので注意が必要です)

 

※参考:そんな睡眠が筋トレに与える影響については、以下で丁寧に解説してます↓

【基礎】睡眠が筋トレに与える2つの影響【質を高める4つの方法】
筋トレ効果を高めるには睡眠も大事って聞いたけど、なんで?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では睡眠が筋トレに与える影響について解説。寝る子は育つって話です笑。

 

※参考:質の高い睡眠には「CBD」↓

【レビュー】ブロードスペクトラムのCBDオイルを試すならネイチャーカン 
ブロードスペクトラム?のCBDオイルを試そうと思うけど、そもそもブロードスペクトラムとは?あと、そのおススメのCBDオイルは?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではCBDオイルの効果や使い方を解説するとともに、良質なCBDオイルを提供するネイチャーカンの製品についてレビュー。

 

寝る前の筋トレが栄養補給を妨げる

先ほど触れたように、筋肥大を起こすには筋肉に適切な「栄養」を与えることも重要な要素。

 

カイ
カイ

特に筋トレ前の栄養補給は筋トレのパフォーマンスを高め、筋トレ後の栄養補給は筋疲労の速やかな回復を促すといった意味でも。(次回の筋トレのためにも)

 

(以下ツイートは、筋トレ前後の効果的な栄養補給メニューの一例)

 

※参考:筋トレ前後に意識することについて↓

筋トレ前後に意識したい3つのこと【影響の大きいところを押さえるべし】
筋トレ前後の食事は?ウォームアップは必要?という疑問を持つあなたへの記事になります。そこで本記事では個人的に体づくりへの影響が最も大きいと考えている「筋トレ前後の過ごし方」について解説。ひとまずここだけ押さえておけば問題なし!

 

ですが寝る前に筋トレをすると、筋トレ前の栄養補給は可能ですが、筋トレ後の栄養補給が行えないor行うとこれまた睡眠に悪影響を与える可能性が出てきます。
(睡眠時間が削られたり、食事によりこれまた交感神経が高ぶることも)

 

そういった観点からも、寝る前に筋トレするのではなく、夜に筋トレしてその後に食事をしそこから最低でも1.2時間おいてから睡眠に入れるような流れを作るのがベター。

 

【まとめ】とは言え、寝る前しか筋トレできないならするべし

上記の内容が、寝る前の筋トレはおススメできない理由になります。

 

カイ
カイ

ですから仮に寝る前ではなく、朝や夜に筋トレ時間を確保できるのであれば、そちらのタイミングで行うのが吉。

 

とは言え、どうしても寝る前にしか時間が取れないのであれば、筋トレ後の食事は見逃して筋トレ前だけは栄養を適切に補ったりする他ありません。

 

加えて寝る前に筋トレしたから筋肉が全くつかないなんてこともありません。
✔むしろ寝る前の筋トレはNGだからといって、筋トレ自体をしなければもちろん筋肉は発達しません。

 

ですからまずは、何時であれ筋トレが継続できる時に行えばOK。

 

そして筋トレが習慣化できているのであれば、より時間の使い方を工夫し寝る前の筋トレから少しずつ早い時間帯に行えるようにしていくだけです。

 

(以下ツイートのように、平日は筋トレを諦めて休日に全力を注ぐのもあり↓)

 

そうして、よりあなた自身が効果的な筋トレに取り組みやすいライフスタイルを築いていってください。

 

では、終わり😉

 

※関連:寝る前のプロテインの必要性は、プロテインの本質を理解してると自然と見えてきます↓

【悲報】プロテインを飲んでも筋肉はつかない!【本質を理解しよう】
プロテインを飲んだら筋肉がつくってホント?プロテイン飲んでも筋肉つかないけどナンデ?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではプロテインを飲むそもそもの目的から解説。プロテインは飲むだけでは筋肉はつきません!

 

※参考:効果的な筋トレの時間帯について↓

筋トレ時間の目安は1時間!【効果的な時間帯についても解説】
筋トレするのに適した時間帯はいつ?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事で筋トレに適した時間帯や筋トレの時間について解説。あくまで目安ですが、夕方に1時間以下の筋トレをする方がベター!?

 

以上寝る前の筋トレがNGな2つの理由【筋肥大を妨げる原因になるかも!?】でした。

コメント