【注意点】筋トレで確実に効果を得るために早めに知っておきたい4点

筋トレ注意点

最近になって筋トレを始めたけど、筋トレするにあたって注意しておいた方が良いこととかある?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

そんなわけで、今まで失敗もたくさんしてきました汗っ。

 

✔そこで今回は、「筋トレをしていくにあたってここは注意しておいた方が良いという点」を解説。
本記事を読むと、僕みたいに多くの失敗をせず効率よく筋トレ効果を体感していくことが可能に!

 

では詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク

【注意点】筋トレで確実に効果を得るために早めに知っておきたい4点

結論として、筋トレを進めていく上で注意(意識)しておいた方が良い点は以下のとおり。

✅筋トレの原理原則を知っておく

✅筋トレの頻度について理解しておく

✅筋トレフォームの重要性を早めに認識しておく

✅筋トレだけでは筋肥大しにくいことを知っておく

では順に解説していきます。

 

注意1「筋トレの原理原則を知っておく」

サッカーでパスやドリブルにシュートのそれぞれの練習をすればサッカーのスキルがアップするように、筋トレにも筋肉をつけるために必要な基本的な部分はもちろん存在します。

 

✔それが筋トレ3原理5原則。

 

簡単に言うと以下のとおり。

・過負荷の原理
→日常では感じることのない負荷をかける必要あり

・可逆性の原理
→筋トレをやめると体は元通りに

・特異性の原理
→筋トレの仕方でその効果は変わる(筋肥大には筋肥大のための筋トレ)

・全面性の原則
→筋肉は全身を鍛える方がその効果は高まる

・個別性の原則
→人間の体は個体差があるので筋トレ効果は一律ではない

・漸進性の原則
→筋トレの負荷は徐々に上げていく必要あり

・反復性の原則
→筋トレは1日では効果はなく繰り返しが必要

・意識性の原則
→その筋肉を動かしてると意識するのが効果的

 

ひとまずこういった基本の筋トレルールに従って実践することで、筋トレ効果はグッと上がります。

 

中でも筋トレの負荷を徐々に上げていく点が、意外と見落とされてるように感じることも。

 

カイ
カイ

簡単に言い換えると、「前回よりも1回でも1キロでも1センチでも多く挙げるようなトレーニング」をしていくことが筋肥大につながることを忘れないのが吉!

 

※参考:そんな筋トレ3原理5原則について、詳しくは以下の記事をどうぞ↓

筋トレの基本法則3原理5原則は知ってる?【筋肥大に欠かせない】
筋肉をつける法則は?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋肉をつけるための3原理5原則を解説。基本を押さえることが後の成長を左右します。

 

注意2「筋トレの頻度について理解しておく」

筋トレを始めると「毎日やらないと意味がない」「休んだら筋肉が小さくなる」などと思いがち。

 

もちろん僕もそう思って、謎の強迫観念にかられていた時があります笑。

 

確かに先ほどの「反復性の原則」のように、繰り返し継続していくことは必須。
✔とは言え、毎日のように筋トレしないといけないわけではありません。

 

仮に週に1回の筋トレでも何かしらの筋トレ効果はあり筋肉はつきます!

 

ここで大事なのは、筋肉にきちんと負荷(刺激)を与えられているかどうか。

 

「毎日やらないといけない」などと思って、体の疲労を無視していると力を出し切れずに筋肉に強い負荷をかけることが出来ずなかなか成長しないことも汗っ。

 

カイ
カイ

そういった意味で「筋肉は休ませないと大きくならない」といったことに1つ注意しておいてください。

 

※参考:筋トレの頻度を決める際のポイントは、以下の記事で解説してます↓

筋トレの頻度を決める時の3つのポイント【初心者と中級者の違い】
筋トレの頻度はどれぐらいが効果的?やり過ぎは良くない?といった疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレ頻度を決める際のポイントを解説。筋トレ初心者と筋トレ中級者でやや異なる点もあったり。

 

注意3「筋トレフォームの重要性を早めに認識しておく」

筋トレを始めると、その種目をやれば狙った筋肉が自動的に働き成長すると思いがち。

 

✔ですが筋トレも他のスポーツと同じで、もちろん上手い下手が分かれます。

 

筋トレが上手いとは狙った筋肉にきちんと負荷をかけることができていて、筋トレが下手とは関節や腱はたまた狙った筋肉ではない所にばかり負荷が乗ってひどい場合だとケガにつながるような動きをさします。

 

後者だと筋肉に負荷がかかってないので、もちろん発達は遅れることに汗っ。

 

そこで大事になってくるのが筋トレフォーム!

 

カイ
カイ

筋トレフォームが適切だと、狙った筋肉に強い負荷をかけることができより効果的に筋トレを進めていくことが可能なのです。

 

※参考:そんな筋トレフォームの重要性は、以下で詳しく解説してます↓

筋トレでフォームが大事と言われる2つの理由【改善するとデカクなる】
筋トレのフォームは大事?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレのフォームの重要性を解説。フォームを改善することでグッと筋肥大は進みますよ。

 

※参考:筋肉をほぐしより動かしやすい状態を作ることも1つ重要に↓

骨盤職人で腰周りの違和感を改善【筋トレの効きも良くなるかも】
普段から筋トレしてるけど、なんか最近は腰周りに違和感や痛みがあるなあ。疲労がたまってる感じというか。この感覚を解消するなんか良い方法はないかな?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではそんな腰のケアにおススメな骨盤職人の効果と使い方を解説。これで腰の痛みとはおさらば!

 

注意4「筋トレだけでは筋肥大しにくいことを知っておく」

カイ
カイ

筋肉をつけるにはもちろん筋トレは欠かせない要素ですが、それと同じぐらい、またそれ以上に大事なのが「食事」です。

 

筋肉をつけるためには、「筋肉をつけるための食事」をする必要があります。

 

トレーニングで傷つけた筋肉を修復したり、はたまたトレーニングするためのエネルギーを補給したり。

 

筋トレを頑張ってるのになかなか体が変わらないって人の多くは、この食事面がおろそかになっています。

 

そんなわけで筋トレで筋肉をつけるにあたって、食事がその効果を左右することに注意しておいてください。

 

※参考:筋肉をつけるための食事については、以下の記事をチェック!

【断言】筋トレの成果が出る食事メニューはこれ【気をつけたい2つのこと】
筋トレ始めて「筋肉つけるには食事が大事」らしいけど実際なにを食べたら良いんやろ?筋トレしてる人が食べるべき食事メニューは?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋肉をつけるための食事メニューを解説。ひとまずこれ食べとけばオッケー。

 

【まとめ】筋トレも他のスポーツ同様に適切な方法が存在

上記の内容が、筋トレをするにあたって注意しておいた方が良いポイントになります。

 

✔筋トレも他のスポーツ同様に、適切なアプローチは存在します。
ですから本記事の内容を押さえて、効果の出る体づくりをしていくのが吉。

 

上記の内容をテキトーに済ませていると、ケガにつながったり体の変化が遅れモチベーションが下がることにもなったりするので、できることから改善していってみてください!

 

とは言え、体づくりは時間がかかるものなのであまり焦らず、ゆっくりでも着実に進めていくのがおススメです。
(⇒参考:【悲報】筋トレによる体の変化【半年じゃ変わりません/1年は継続】

 

では、終わり😉

 

※参考:僕が今になって過去の筋トレに対して思うこと↓

筋トレ初心者の頃の自分へ伝えたい6つのこと【拝啓17歳のキミへ】
本記事では筋トレ歴10年の筆者が今思うと「筋トレ初心者の頃にこうしておけば良かった」と思うことをテーマに効果的な筋トレ方法について解説。筋トレ初心者にありがちなミスかと思うので、ひとまずこれだけは意識しておくのが吉。遠回りせずに済みます。

 

以上【注意点】筋トレで確実に効果を得るために早めに知っておきたい4点でした。

コメント