まさか筋肉をつけるにはささみなんて思ってないよね?【2つの注意点】

筋トレささみ

「筋トレと言えばささみ」みたいなイメージがあるけど、やっぱり筋肉をつけるには食べた方が良いんやろか?
胸肉とか他の部位やと効果ないんかな…。

などと思ってませんか?

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

僕も筋トレを始めたころは、もちろん「筋肉=ささみ」と思い込んでたがゆえよく食べてました。

ですが体づくりに関する知識が増えていく中で、ささみを食べる機会は自然と減っていくことに…。

そこで今回は、「筋肉をつけるにはささみは効果的なのかどうか」について解説。

筋肥大にはささみがベスト、などと思い込んでると意外と逆効果かも!?

では詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

まさか筋肉をつけるにはささみなんて思ってないよね?【2つの注意点】

結論として、筋トレ効果を高めるために特別ささみが優れているとは考えにくいのが現実です。

その理由は栄養面にあります。

ささみの基本的な栄養バランスは以下のとおり↓

✔エネルギー
⇒105kcal

✔タンパク質
⇒23g

✔炭水化物
⇒0g

✔脂質
⇒0.8g

(100gあたり)

確かに見てのとおり炭水化物と脂質がほぼゼロで、言い換えるとタンパク質の塊。
(⇒参考:【基礎】筋トレするならタンパク質が多く必要なわけ【筋肥大に直結】

なのでダイエット中などで、どうしても余分な炭水化物や脂質の摂取を抑えたい場合は使える便利な食べものではあります。

ですがこと筋肉をデカクすることがメインの時期(バルクアップ時)において「カロリーが低くてヘルシーだから」と言って、ささみばかり食べているとやや非効率なことも考えられます。

具体的には以下の2点↓

✅ささみは脂質が極端に少ない

✅ささみはほぼタンパク質オンリー

順にサクッとみていきます。

ささみは脂質が極端に少ない

筋肉の材料となるタンパク質を補うためと言えど、ささみばかり食べていたら肉類に含まれる脂質が極端に少ない食事メニューになってしまいます。

確かに牛肉や豚肉には部位によっては多くの脂質(飽和脂肪酸)が含まれている場合があり、脂質を過剰に摂取しやすく、結果として体脂肪として蓄えられやすいことも。
(⇒参考:筋肉つけたいなら豚肉も食べよう【部位を選べばヘルシー/ビタミンも豊富】

なので魚類やナッツ類に含まれる脂質(多価不飽和脂肪酸)が、筋肉にも健康にもベターとされています。

それらに含まれる脂質には、体内で作ることのできない必須脂肪酸が多く含まれているので。
(⇒参考:筋トレしてるなら魚も食べよう!【タンパク質&必須脂肪酸が豊富】

カイ
カイ

とは言え、肉類に含まれる脂質と言えど完全にゼロにする必要はないと思われます。

肉類に含まれる脂質(飽和脂肪酸)だって体には必要な栄養素の1つですので。

もちろんすでに触れたように摂取する量には注意が必要ですが、ささみばかり食べて全く飽和脂肪酸を摂取しないようにするなどの必要はありません。

脂質も体の中のホルモンを作る材料になるので、不足しては回り回って筋肉の合成が遅れる場合があります。

またダイエット中に関しても肉類をささみに頼りきった食事をしていると、脂質が極端に抑えられて腹持ちが悪く空腹感が訪れる可能性が高くなったりすることも考えられます。

※参考:結局のところ筋トレ民は何肉を食べれば良いのかについて↓

【保存版】筋トレ民は何肉を食べるのが効果的か【3つのポイントを意識】
筋トレ始めて「食事(栄養管理)も大事」って気づいたけど、肉を食べるとしたら何肉が効果的なんやろ?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレ効果を高めるための肉の選び方について徹底解説。こうして選べば問題なし!

ささみはほぼタンパク質オンリー

すでにご存じのとおり、筋肉をつけるにはその材料となるタンパク質の摂取が欠かせません。

ですがタンパク質だけ補っていても、筋肉はなかなかデカクならないのが現実。
炭水化物もはたまた脂質も必要です。

何が言いたいかと言うと、タンパク源をささみ一択にして体づくりを進めていると低カロリーな面でダイエットには向いていても、筋肉をデカクすることにはそこまで向いてないと考えられます。

加えて単に低カロリーにタンパク質を補いたいなら、正直プロテインの方が効率的ですし。
(⇒参考:【安心】全くまずくないプロテイン7選【筋トレ歴10年の筆者がおススメ】

仮に牛モモなどを食べるなら、タンパク質だけでなく多少の脂質やビタミンB群にクレアチンなど筋肉が喜ぶ成分をとりいれることができます。

ですが、ささみは脂質がゼロかつビタミンB群も少ないのが実際のところ。

そういった意味で、ささみばかり食べていると栄養が偏ることも1つ考えられます。

【まとめ】筋肉をつけるにあたり、ささみにこだわる必要はない

上記の内容が、筋肥大のための食事にささみがさほど効果的と言えない理由になります。

筋トレを始めて筋肉をつけようと思うと、誰しも「ヘルシーなものが効果的」と思いがち。

ですが、実際のところ筋肉は体脂肪が少しついてしまうほど、余分な量の栄養素を補う方が効率よく肥大します。
(⇒参考:【保存版】筋トレは食事に効果を大きく左右される【重要度別5ステップ】

カイ
カイ

なので、その際にささみはややヘルシーすぎるというのが本記事のカギに。

ですから仮に鶏肉を食べるなら、ささみより胸肉の方が筋肉に嬉しい栄養素が多く効果的と思われます↓

筋トレしてる人が鶏胸肉ばかり食べる2つの理由【低カロリーだけじゃない】
筋トレしてる人はなんで鶏の胸肉ばっかり食べてるん?なんか筋肉にとって良い事でもあるん?という素朴な疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では胸肉が筋肉に与えるメリットを解説。胸肉でなくてもモモ肉でもオッケー!?

(余談ですが、ささみを食べる時は火をきちんと通したり状態には注意してください笑↓)

※参考:その他、筋肉が喜ぶ食材を以下の記事で解説してます↓

筋肉に良い9つの食べ物と悪い2つの食べ物【筋肥大に欠かせない】
筋肉をつけるのに適した食べ物は何がある?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋肉をつけるために食べると良い食材を解説。筋肉をつけるには食べ物を変える方が早いかも。

では、終わり😉

以上まさか筋肉をつけるにはささみなんて思ってないよね?【2つの注意点】でした。

コメント