筋トレするだけではダイエットは進まない!?【覚えておきたい3つのこと】

筋トレダイエット

筋トレすれば筋トレした部位は自然とダイエットできるよね?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

そんなわけで、毎年のように期間を決めてダイエットしてます。

 

✔そこで今回は、筋トレとダイエットの関連性について解説!
筋トレするだけでダイエットできると思っていると、思わぬ落とし穴にハマることも!?

 

では詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク

筋トレするだけではダイエットは進まない!?【覚えておきたい3つのこと】

結論として、筋トレする「だけ」ではダイエットが進む保証はできません。
いくら筋トレしても、ダイエットつまり体脂肪が減らないことも普通にあり得るのが現実です。

 

体脂肪は緊急時のエネルギー源

そもそも我々の体についている体脂肪は、緊急時のために備えられたエネルギー源。
食事ができない状況でも、体脂肪を燃焼することで体を正常に働かせるために必要なエネルギーとなるものです。

 

✔なので体脂肪を減らすという行為は、いわばエネルギーが不足している状態を自ら作りだす必要があります。

 

そうすることで体はエネルギーが不足するので、その不足分を体脂肪を燃やして生み出すことに。

 

またその際は全身から体脂肪が落ちていくので、筋トレした部位のみの体脂肪が落ちるということは基本的にはありません。

 

ダイエットはシーソー

カイ
カイ

そんなエネルギーが体内で不足する状態とは、言い換えれば1日を「摂取カロリー<消費カロリー」で終えること。

 

1日に口にしたエネルギー(カロリー)の量より多くのエネルギーを、1日で使い切ることになります。

 

仮に1日に1500kcalを食べたのなら、1600kcal消費すると不足した100kcal分を体脂肪を燃やすことで補う形になります。
(⇒参考:【保存版】ダイエットのやり方【押さえておくべきたった2つのこと】

 

言い換えると、消費カロリーの方が摂取カロリーより高い位置にあるシーソー。

 

(このシーソーの傾き具合でダイエットの進行具合を調整できることに。仮に傾きが急であれば消費カロリーと摂取カロリーの差が大きく過度な制限をし代謝や筋肉が落ちる可能性があります。でも傾きがほぼない状態だと、エネルギー不足な状態を作れずダイエットは進まないことも)

 

筋トレは消費カロリーを上げるが

✔ここが重要で、上記のように摂取カロリーと消費カロリーのシーソーをイメージすると、「筋トレすれば消費カロリー上がるからダイエットできるやん」と思いますよね?

 

確かにその通りです。

 

ですが仮に消費カロリーが上がろうが、摂取カロリーがそれを下回ってないとダイエットは進みません汗っ。
「筋トレしてるのに痩せない」という方はここを見落としていることがほとんど。

 

ですから消費カロリーを上げてシーソーを傾けるようにするのはもちろん効果的ですが、かと言って摂取カロリーを調整しなかったらシーソーの傾きは作れない(ダイエットできない)ことは覚えておいてください。
(⇒参考:【勘違い】筋トレしても痩せない2つの理由【ダイエットに食事管理は必須】

 

筋トレとダイエットは別物として捉えるのが吉

上記のように、筋トレを始めたからと言ってダイエットが進むとは限らないのが実際のところ。

 

カイ
カイ

ですから基本的には、筋トレの有無に限らずダイエットは「食事制限」をすることが必須になります。

 

逆に言えば、食事制限さえすれば別に筋トレをしなくてもダイエットを成功させることは可能です。

 

ただ筋トレをすることで消費カロリーが上がるのは事実なので、しない場合に比べてそれだけ摂取カロリーを高く保ってダイエットを進めていくことはできます。

 

ですから筋トレしつつダイエットする方が成功の確率が上がるとされるのです↓

ダイエットに筋トレが必要な3つの理由【痩せやすい体を作ろう!】
ダイエットに筋トレは必要?筋トレしなくてもダイエットは可能?といった疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレがダイエットにもたらすメリットを解説。食べる量が多いダイエットの方が良いと思いませんか?

 

仮に筋トレなしで1300kcalでダイエットしているなら、筋トレすれば1500kcalでもダイエットが進むことも。
(⇒参考:筋トレの消費カロリーは数百kcal【確かなカロリー計算で確かな成果を】

 

(補足:筋肉をつけることと体脂肪を落とすことは基本的には両立できません汗っ。というのも筋肉は「摂取カロリー>消費カロリー」でないとつきにくいのに対して、ダイエットでは「摂取カロリー<消費カロリー」の状態にすることが必須なので。言い換えると筋肉がつく際には少なからず体脂肪もつくということです。とは言え、全くの初心者からのスタートであれば1年目2年目は年間でつけれる筋肉の量が最も多い時期なので例外として成立することも。そんなわけでダイエット中はむしろ今ある筋肉を維持するための筋トレといったイメージにはなりますね。筋肉が落ちては代謝も下がり消費カロリーが落ちダイエットしにくくなるので)

 

【まとめ】筋トレに過度なダイエット効果は期待しないのが吉

筋トレダイエット

上記の内容が、筋トレとダイエットの関連性になります。

 

カイ
カイ

僕自身、長いこと筋トレしてますがお菓子やアルコールを連日に渡ってとってると1週間もしないうちに普通にお腹周りに体脂肪がつきます笑。

 

逆にいくらヘルシーな食品であろうが、大量に食べればこれまた太ります。

 

✔筋トレは確かに消費カロリーを上げますが、だからといって食事がダイエットに適したものでなければ、ダイエットできないことはお忘れなく。

 

では、終わり😉

 

※参考:まずはカロリー密度を意識した食事をしてみては↓

ダイエットに良い食べ物とは?【結論:カロリー密度に注目しよう】
ダイエットに効果的な食べ物はどんなもの?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではダイエットに効果的な食べ物に共通するたった1つの特徴について解説。この食べ物を食べれば痩せる!?

 

以上筋トレするだけではダイエットは進まない!?【覚えておきたい3つのこと】でした。

コメント