ワンハンドダンベルロウは後ろ肘を上に引こう【スライドNG】

ダンベルロウ

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※現在の体はTwitterでチェックできます😉)

さっそくですが、先日このようなツイートをしました↓

そこで今回は、そちらのツイートを補足する形で「ダンベルロウのよくあるミス」についてサクッと解説。以下のポイントを意識すると、より背中(広背筋や僧帽筋)に刺激を感じることができます。

スポンサーリンク
【参考】効くフォームとは
下記noteでは「効くフォーム」を部位別に徹底解説してます。note限定の動画やイラストも用い、丁寧に「こうだからこうすると効く(解剖学等にも基づき)」といった内容をまとめてます。いわば筋トレフォームの教科書。わけもわからずYouTuberのマネをして筋肉はついてますか?そうでないならやはり筋トレフォームを見直すことが必要です。根拠ないトレーニングではやはりケガや停滞に至り、なかなか体が変わらずモチベも下がることに。ぜひ以下noteでパンパンにパンプするフォームを習得してください。

ワンハンドダンベルロウは後ろ肘を上に引こう

結論として、最近ジムでよく見かけるダンベルロウのミスとしてツイートにもあるように、上腕筋を狙ったハンマーカールのような形になってしまっているパターンに注意するのが吉。

YouTuberを見てインクラインベンチに体を預ける形でダンベルロウをしていることと思いますが、ダンベルを挙げることに必死になり肝心の背中の筋肉があまり働いていないように感じます。

そもそも背中の筋肉は大きく以下の2つが存在↓

  • 広背筋⇒上腕を体に近づける際に働く
  • 僧帽筋⇒肩甲骨を動かす際に働く

ですから仮にダンベルロウで広背筋を狙うなら肘を引き上げる必要があるし、僧帽筋を狙うなら肩甲骨を寄せていくことが必要に。

ですが以下図のように、肘ではなくダンベルを挙げようとし肘の角度が小さくなり、上腕二頭筋(上腕筋)に負荷が逃げてしまっているパターンが多いように思います↓

ダンベルロウ

これでは広背筋も僧帽筋もどちらも狙いにくくなります。加えてインクラインベンチで行う際はその角度が急なのもあり、上腕の可動域が狭くこれまた背中の筋肉への刺激は弱くなるかと。

ですから仮にインクラインベンチを使ってダンベルロウをするのであれば、高くても45°ほどにして肘の真下にダンベルが位置するようにロウしていくのが吉↓

ダンベルロウ

こうすることで、きちんと上腕の可動域が取れかつ二頭筋に負荷がかかることを防げます。(仮に僧帽筋を狙いたいなら肘を引き上げることもそうですが、肩甲骨の開閉をよりメインに動作すればOK)

加えて前からダンベルを引いてくるパターンも見かけたりしますが、ダンベルはあくまで真下にしか重力はかからないので、スライドさせても基本的に広背筋などに負荷はかかりません。

ダンベルロウ

仮にこのパターンのロウイングをするのであれば、前方に引っ張られる負荷が必要になります。(ローローやケーブルプルオーバーのような)

そういった意味で、こちらのやり方に関しては筋肥大を目的とした筋トレであれば行う必要はないと考えられます。

といったように以下ツイートにもありますが、YouTuberがやってることを思考停止でマネしていると、実はあまり効果的ではなかったなんてことにも↓

そんなわけで筋トレがうまくなりたいのであれば、以下ツイートにもあるように筋トレ本などを数冊ほど読み受け身ではなく能動的に知識や理論を学んでいくことが必要と思われます↓

受け身のまま自身の頭で「なぜ?」を考えないことを続けていると、やはり筋肉の発達は遅れてくると考えられます。そんなわけで本記事をきっかけに、より自身に合った筋トレ方法を模索してみてください。

※参考:背中トレの極意について↓

背中トレが効かない時の4つの打開策【バチバチに効かせるには、】
背中のトレーニングって腕とかと違ってどこに効いてるかよくわからへんなあ。なんなら腕ばっかりしんどいし。なんでこうも効いてる感が掴めへんのやら。本記事では背中トレが効きに効くようになる改善策を解説。

以上ワンハンドダンベルロウは後ろ肘を上に引こう【スライドNG】でした。

鬼の背中が欲しいあなたへ
背中トレがバチバチに効いたら気持ちいいですよね?あまりにパンプして脇が閉まらない状態でジムを出たときの達成感ほど心躍るモノはないですよね?そんな最高の背中トレを行い筋肥大を最大化するために必要な背中トレの効果的なフォームを徹底解説してます。
背中トレ
スポンサーリンク
↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
FITNESS-FREAK