効果的な筋トレのやり方を探す際に意識すること【基本あってのその効果】

筋トレ効果的なやり方

効果的な筋トレのやり方が知りたい!

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

そんなわけで、長きに渡って筋トレ界隈を見てきました。
中でもここ数年はYouTube含め筋トレメディアの発展が凄まじく、様々な筋トレ情報が手軽に手に入る時代となってます。

 

ですがそれゆえ、僕のTwitterのDMにも「YouTuberのマネをして筋トレしてますが、デカクならないんですけど、どうすれば良いですか?」などといった内容のメッセージが届いたり。

 

✔そこで今回は、こんな筋トレ情報に触れやすい時代だからこそ言える「効果的なやり方を探せば探すほど逆効果かも」といったテーマについて解説していきます。

 

以下の内容を意識しておかないと、いつまで経っても体は変わらないかも!?

 

では、詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク

効果的な筋トレのやり方を探す際に意識すること【基本あってのその効果】

結論として、効果的な筋トレのやり方を調べれば調べるほど、効果的な筋トレ方法から遠回りになる可能性があります。

 

というのも人間の体は基本的な部分の一致はあれど、人によってホルモンレベルや運動神経に性格にストレス耐性にあらゆる部分で個体差があります。
(その個体差が筋肥大に与える影響は計り知れない)

 

そんな中、世の効果的な筋トレ情報として紹介されているやり方ばかりに目を光らせていてはどうでしょう?

 

カイ
カイ

その効果的なやり方として紹介されている情報が、紹介している本人にとってのみ効果的なだけの可能性もあります。

 

例えば「この種目が効くからやり込んでます(効果的!)」みたいなものだとか。

 

✔もちろんそこに解剖学的なものなど、言い換えると多くの人間にとって共通するであろう部分の見解が含まれているのであれば、多くの人がその効果を体感できるかもしれません。

 

ですが、ただ紹介している本人の感覚のみからの話である場合もあります。
(解剖学や物理学を無視した完全に思い込みと言えるような内容もあったり汗っ)

 

加えて「効果的なやり方!これが効く!」といったYouTubeなどは、たいてい再生回数などを稼ぐために奇をてらった内容のものが多かったりします。
(⇒筋トレをYouTuberから学ぶ際に注意したい3つのこと【受け身NG】

 

カイ
カイ

言い換えると、不適切な内容ではないものの体づくりへの影響力の小さいやり方と言いますか。

 

例えば「この栄養素が痩せる!」と言えば多くの方が注目しますが、実際はその栄養素を取ろうがダイエットの根底にあるアンダーカロリー(摂取カロリー<消費カロリー)の方が圧倒的に影響力が高く重要です。

 

そういった意味で、効果的なやり方を探せば探すほど、体づくりにとって「影響力の小さい部分」にばかり目が行き、結局は時間ばかりかかり遠回りになることが考えられます。

(即効的な効果を期待してサプリメントばかりに力を入れ、より影響力の大きい部分である普段の食事が疎かになるパターンも多かったり)

 

じゃあどうすれば効果的な筋トレのやり方を見つけられるのか?

 

効果的な筋トレのやり方を探す方法

結論として、効果的な筋トレのやり方を探す前に「基本的な筋トレ方法」を押さえることが、結果として効果的な筋トレのやり方につながります。

 

例えば、冒頭で触れたように僕のTwitterに届くDMに関しても、そもそもYouTuberが言っていることを適切に理解できていると何の問題もなく、むしろ自身のやり方にプラスになる気づきになることも。

 

カイ
カイ

ですが基本的な部分を知らないがゆえ「この種目が効く」「この引き方をすれば効果的」とった部分のみを信じマネしケガしたり。

 

そしてまた他のYouTuberが言うやり方を行いうまくいかず、また他の…。

 

といったように、筋トレの本質を理解してないがゆえ、その効果を生かすことができません。

 

(↓加えて以下ツイートのように、適切な筋トレ動作は思ってるほどすぐに習得できるものではありません。ですからYouTubeの更新と同じようなスピード感で自身の取り組みをコロコロと変えていては、動作を上達させることは困難)

 

例えば「この種目が効く」ではなく、「この種目をこういったフォームでするから効く」「この筋肉はこう位置していて、動作や負荷の方向がこうやから効く」といったように、重要なのは種目ではなくフォームやその種目を選択する目的だったりします。

 

別に懸垂をやろうがラットプルダウンをしようがどっちでも効果的なんです、そこに意図があるなら。
(逆に意図がなければどちらを選択しても効果的に行うことは難しかったり)

 

じゃあその筋トレの基本的な部分とは何なのか?

個人的に筋トレにおける基本的な部分は、シュワちゃんの時代から今でも特に大きな変化はないかと思います。

 

具体的には以下のように。
(トレーニング面に関して)

・可動域が極端に狭い動作はNG
⇒対象筋への負荷が減少する可能性が

・様々な種目を行う
⇒筋肉が刺激に慣れるのを防ぐ

・高重量より高刺激
⇒対象筋が適切に働くことがまず重要

・漸進性が必要
⇒扱う重量や回数を伸ばし負荷を増加

・フォームが重要
⇒対象筋を適切に働かせ強く刺激するため

・whatよりhow
⇒どの種目をやるかよりどうその種目を行うかがカギ

 

最近なら日本だと、筋肥大にはボリューム(重量×回数)を管理するやり方が話題になってたりしますが、それだって結局は「漸進性を引き出すため」です。

 

とは言え、そのボリュームを増やしていくにせよフォームや柔軟性を改善して、「そもそも狙った筋肉に対して強い負荷をかけるスキル」があっての話です。

 

ですからYouTubeで見る「このメニューを何回何セット」とかに注目するのではなく、上記で挙げたようなポイントを意識し参考にする方が効果的。

 

そういった本質の部分を知ることがまず重要になります。

 

※参考:そんな体づくりの基本は、以下の筋トレ本で学べます↓

【保存版】おすすめの筋トレ本15冊【初心者から上級者まで納得の書籍】
おすすめの筋トレ本が知りたい!というあなたへの記事になります。本記事でおすすめの筋トレ本を紹介。本を読んで知識をつけることで筋肥大はより進みます。

 

【まとめ】効果的な筋トレ方法は基本あって成り立つ話

上記の内容が、「効果的な筋トレのやり方を探せば探すほど見つからない」といったテーマに関する解説になります。

 

✔今の時代は簡単にあらゆる筋トレ情報にアクセスできるがゆえ、その本質を捉えておかないと、情報に左右され結局は身になりにくい筋トレを継続してしまうパターンが少なくありません。

 

もちろん以下ツイートのように、やりたいようにやればOKですが、真面目に体を変えたいと思うなら、筋トレについて知識をつけつつ実践していく必要はあります。

 

「なぜその種目を、そのフォームで行うのか」などと考えてみることが必要。

 

そんなわけで、ひとまず以下のような筋トレの原理原則から理解していってみては!

筋トレの基本法則3原理5原則は知ってる?【筋肥大に欠かせない】
筋肉をつける法則は?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋肉をつけるための3原理5原則を解説。基本を押さえることが後の成長を左右します。

 

では、終わり😉

 

以上効果的な筋トレのやり方を探す際に意識すること【基本あってのその効果】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました