体づくりに必要なことはたった3つ!【筋トレ効果を引き上げるコツ】

体づくりに必要なこと

筋肉万太郎
筋肉万太郎

体づくりで成果を出すためにすることは?

体づくりには何が必要?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどでコンテストでの優勝経験あり。

 

そこで今回は長期にわたって体づくりをしてきた中で「効果的な体づくりに必要な3ステップ」を解説していきます。

 

結論としては以下のツイートの内容。

 

✅成果の出る体づくりのポイント

・真似してみる
・継続してみる
・改善してみる

何でもそやけどよく言われること。もちろん筋トレも例外やない。
やってるつもりでも成果が出えへんのは「徹底的」に真似してないから。何かと理由つけて手を抜くからかも。(まあ誰を真似するかも大事やろけど)😎

 

こちらを深堀する形で進めていきます。

 

手順を追って体づくりをしていくことで今より早く理想の体に近づいていきましょう!

 

体づくりに必要なことはたった3つ!【筋トレ効果を引き上げるコツ】

冒頭で書いたように成果の出る体づくりのステップは以下の3つ。

・真似してみる

・継続してみる

・改善してみる

では順にみていきます。

 

真似してみる

体づくりを始める時にまず何をしますか?

 

おそらくネットで「体づくり」と検索スペースに入れてやり方を調べることをしたのではないでしょうか?
またネット上で体づくりにおいて有名な人のやり方を探したかもしれません。

 

いずれにせよ体づくりで成果を出すためには「マネする」ことから始めるかと思います。

 

筋トレの種目やフォーム、食事内容などいろいろな面において調べたり見たりした情報をマネしますよね。

 

カイ
カイ

当たり前ですが誰だってマネからスタートします。いきなり独自のやり方なんで思いつきませんよね汗っ。それにマネることが大事なのです。

 

ジムに行くとよくいますよね「謎のフォームおじさん」。もちろん彼らがどういったフォームでやろうが自由。

 

ですがそういう人に限ってその謎のフォームを教えてきます汗っ。彼らの頭の中の勝手なイメージで、何の根拠もないやり方を。

 

はっきり言ってそのやり方だと成果は出ません!

 

ここで大事なのは最初は「とことん」マネすること。

 

カイ
カイ

テキトーにマネするから途中で自分の勝手なイメージでアレンジして、それが正しいと思い込み成果の出ないやり方を何年も継続する頑固ジジイになってしまうのです汗っ。

 

そうならないためにもまずは「この人!」と決めた人を徹底的にマネするのがベター。

 

(こちらのツイートも参考にどうぞ↓)

 

継続してみる

カイ
カイ

体づくりに限らず物事で成果を出すために必要なことは「継続」ともう耳に穴が開くほど聞きますよね笑。

 

体づくりに継続が必要なわけは以下のとおり。

・体は今日明日で変化しないから

・今のやり方が適切か判断するため

 

体に大きく変化が出てくるのは約3ヶ月後と言われたりします。今日の筋トレは明日に成果が出るのではなくやや先に出ます。

 

カイ
カイ

なので成果が出ないからと今やめてしまうと、3ヶ月後に成果が出てたかもなのにその機会を失うことに汗っ。

 

そういうわけで継続しないと成果が見えてきません。

 

加えて仮に今の取り組みが効果的なのかそうでないのかを判断するのも後になってみないとわからないので継続が必要になります。

 

カイ
カイ

適切なアプローチをしていたのに「成果が出ない」と早々に判断してアプローチを変えてしまうとこれまたもったいない。

 

そんなわけで体づくりで成果を出すにも継続は欠かせません。ひとまず1ヶ月ほどの単位で様子を見ていくのが良いかと。

 

筋トレを継続するための4つのポイント【成果が出るやり方を試そう】
筋トレ継続のコツが知りたい!と思っているあなたへの記事になります。本記事では筋トレ継続のポイントをいくつか解説。いかに筋トレが楽しいと思えるようにするかが継続のカギ。

 

改善してみる

最後に改善。

 

体づくりのお手本の人を決めてマネして継続してたら何かしらの変化が体に出てきます。

 

✔そうなった時に必要なのが「改善」です。

 

お手本と決めた人のやり方があなたに合わない、そもそもお手本としていた人のやり方が効果的なものでなかったなんてことがあるかもしれません。

 

その時に気にせずそのまま継続していても成果は出にくいです。

 

より成果の出るやり方に改善していく必要があります。変なプライドは捨てて他のやり方を模索していきましょう!

 

そしたら次にまた初めの「真似してみる」に戻り同じ手順を繰り返していくことになります。

 

(やや具体的な流れは以下のツイートを参考にどうぞ↓)

 

というのが成果の出る体づくりに必要なステップになります。

 

何も考えずにあなたの頭の中のイメージだけに頼っていては効果が出にくいかも汗っ。そんなわけで上記のステップを踏んで取り組んでいってみてください!

 

では最後に上記の3ステップの具体的な取り組み方について解説していきます。

 

体づくりに必要なことの具体例【筋トレ、食事、休養】

体づくりに必要なこと

結論としては以下のとおり。

・筋トレのレベルアップ

・食事への気配り

・体のケア

では順にサクッとみていきます。

 

筋トレのレベルアップ

体づくりと言えばそうです「筋トレ」です。筋トレをせずとも体の形を変えることはまあ不可能でしょう。

 

そんな筋トレですがまず誰かをマネすることから始めたかと思います。

 

もちろんそのマネした方のフォームややり方が効果的であなた自身にも効果的なら問題はありません。

 

ですがマネするにしてもすぐに出来るものではないので練習は必要。

 

また少し腕の角度をあなたの感覚に従って変えた方が刺激を感じることが出来るかもしれません。

 

そういった意味で体づくりに筋トレはもちろん欠かせない要素ですが、ただやれば良いってものでもありません。

 

より狙った筋肉を刺激できるように工夫していくことも大事です。

 

(✔具体的な動きに関しては以下のnoteや他ブログ記事を参考にどうぞ)

ずっと使える部位別ガイドブック|カイ@筋トレ|note
こちらのマガジンでは「胸、肩、背中、腕、脚、腹」のトレーニングでの効果的な動きをそれぞれ解説したものになります。やや筋トレに慣れてきた方やもう一歩先を行くテクニックなどが知りたい方にはもってこいのマガジン。

 

食事への気配り

カイ
カイ

体づくりではいくら筋トレを頑張っても食事内容をやや工夫しないと成果は出にくいです汗っ。

 

というのも体は普段あなたが食べているもので出来ています。

 

なのでハンバーガーやピザばっかり食べてたら太るし、サラダばかり食べてたらやつれて細くなるでしょう。

 

そんなわけで体づくりでは食事の内容がかなり影響してきます。

 

食事管理に関して書き出すと長くなるのでひとまず以下の2つの記事を参考にどうぞ↓

筋肉をつけるのに効果的な食べ物9選【これらを食べればデカクなる!】
筋肉をつけるのに適した食べ物は何がある?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋肉をつけるために食べると良い食材を解説。筋肉をつけるには食べ物を変える方が早いかも。
【保存版】ダイエットのやり方【押さえておくべきたった2つのこと】
ダイエットのやり方教えて!ダイエット効果的な進め方が知りたい!というあなたへの記事になります。本記事では成功するダイエットの基本的な取り組み方を解説。ダイエットの根本はこれ!

 

体のケア

筋トレをすればするほど筋肉がつくと思っているかもしれません。もちろん間違ってはいません。

 

カイ
カイ

ですが筋肉が大きくなる仕組みに疲労してダメージを受けた状態が回復した際に成長するというのがあります。

 

なのでダメージを負った状態の体にさらにダメージを与えてしまうと回復が追いつかず、成長が遅れることに汗っ。

 

ですから筋トレしたら休ませて体を回復されることもお忘れなく。トレーニングと休養はセットと思っておきましょう!

 

体のケアに関しては以下の記事を参考にどうぞ↓

筋トレの回復を早めるためにする5つのこと「休ませないと成長しない」
筋肉の回復を早める方法は?筋トレで傷ついた筋肉を早める方法は?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋肉の回復を早める方法をいくつか解説。筋肉は回復させて初めてデカクなるのですよ。

 

といった内容が体づくりを進めていく上で欠かせないことです。

 

よく「筋トレ、食事管理、休養」の内どれかに特化しようとする方がおられますがあくまで3つ揃っての体づくりということを忘れないでください。

 

体づくりには3つとも全て必要なことなのです!

 

出来ることから取り組んでいって3つの要素を底上げしていきましょう。

 

筋肉は裏切らない?【3つのポイントを押さえないと努力は報われません】
筋肉は裏切らないってよく聞くけどほんま?もし筋肉が裏切るならそれはどんな時?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋肉に裏切られる3つのパターンを解説。この記事を読んであなたの努力が報われるようにしましょ。

 

以上体づくりに必要なことはたった3つ!【筋トレ効果を引き上げるコツ】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました